青年海外協力隊の話

「青年海外協力隊の経験」を通して得たものとは一体?

スポンサーリンク

開発途上国と呼ばれる国で2年間生活をしながら、その国の発展のサポートを行う青年海外協力隊

そんな青年海外協力隊として、エチオピアとカンボジアで水泳指導を行っていた僕の体験・経験をご紹介♪
今回は「青年海外協力隊を通して得たもの」についてお話します!

 

 

 

本記事の内容

  • 青年海外協力隊を通して得たものとは?
  • 協力隊の経験は人生の財産となる!

 

 

 

✔ この記事を書いている人

Twitterはコチラから⇒

大学(びわこ成蹊スポーツ大学)卒業後 ▷ 教員として勤務 ▷ 青年海外協力隊、アイルランドへワーキングホリデーなど計3年半の海外生活を経験した後、地元沖縄にて水泳のインストラクターとして働きながらブログを運営しています。

 

 

 

開発途上国で生活、その国の発展のために活動を行う青年海外協力隊。

日本を飛び出し開発途上国で生活をするだけでも大きな経験となりますが、協力隊だからこそ得られる経験も存在します。そこで今回は、僕自身の協力隊の参加経験を振り返りながら、「協力隊を通して得られたこと」についてお話します!

 

 

 

 

 

▼ブログランキング参加中!是非☟のボタンをクリックお願いします△
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ  

 
 

1:青年海外協力隊の経験を通して得たものとは?

青年海外協力隊とは?

青年海外協力隊(せいねんかいがいきょうりょくたい、英: Japan Overseas Cooperation Volunteers, JOCV)とは、日本国政府が行う政府開発援助 (ODA) の一環として、外務省所管の独立行政法人国際協力機構 (JICA) が実施する海外ボランティア派遣制度である。募集分野には農林水産、人的資源、保険・医療などがあり、さらに120以上もの職種に分かれている。

2018年6月末現在までに91ヶ国、計43,864名の隊員が派遣されている。Wikipedia参照

 

YOSHI@
そんな青年海外協力隊を通して得られたことは沢山あります!

 

 

 

 

【得たもの①】: 全国各地から集まった個性豊かな仲間

青年海外協力隊に参加する方は、全国各地から「途上国への発展の貢献をしたい」「何か自分が力になれることは?」と熱い思いを持った方が集います。そんな協力隊参加者のバックグラウンド(これまでの経歴など)も全く異なり、中にはすごい経歴を持った方なども参加しています。

 

 

また様々な経歴を持った方がいる=「凄く個性を持った人たち」が集まっているという事も確かで、協力隊に参加していなければ「絶対に関わることは無かっただろうな」と感じる方も正直結構います。

しかし、協力隊というきっかけを通して、お互いに「考え方」の共有・理解ができたり、強い個性同士を合わせて大きな行動を起こすことが可能となります。

 

 

 

YOSHI@
経歴も年齢も性別も違う人たちばかりですが、協力隊という1つの共通点が”かけがえのない仲間”へと変化させてくれてくれると思います。

 

 

 

 

【得たもの②】:海外で生活・生きて行くための語学力

青年海外協力隊での活動は、現地で生活はもちろんの事、現地の方と関わりながら日々活動を行うため語学力の向上は大いに期待できます。そのため「語学力」も協力隊を通して得られるものだと思います。

 

協力隊の生活や活動の中で日本語を話せる方の存在は、ほぼありません。英語すら通じないなんてことも協力隊あるある。
そのため、その国で使われている言語の習得が必須となりますので、日々の生活の中で必然的に語学が使えるようになると思います。

 

 

 

YOSHI@
僕自身、協力隊の開始当初は挨拶すらままならない状況からのスタートでしたが、最終的には買い物をはじめ、日常生活に困らない程度の語学力を身に着けることが出来ました!

 

 

 

 

【得たもの③】 世界各地で得た経験・思い出

単純に「日本では体験・経験できないこと」を青年海外協力隊で得ることが出来ました♪

国が違えば言語はもちろん文化・歴史なども全く異なります。日本で当たり前だったことが当たり前でなかったり、これまで想像もしてこなかったような出来事が起きたりと、開発途上国での生活は毎日が超刺激的でした。

 

もちろん楽しい・素敵な思い出も沢山ありますが、時にはそうでない出来事も沢山ありました。しかしどちらの経験・思い出も「忘れることのできない記憶」であることは間違いなく、僕自身を成長させてくれた出来事であったと感じています。

 

 

YOSHI@
協力隊を終了した現在でも、昨日のことのように思い出す記憶も… これからも大切にしていきたい思い出です。

 

 

 

▲僕のInstagramでは青年海外協力隊での思い出写真も多くアップ中!ぜひご覧ください▽

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

𝐘𝐎𝐒𝐇𝐈𝐘𝐀 𝐇𝐈𝐆𝐀(@yoshiya05)がシェアした投稿

 

 

 

 

【得たもの④】 :価値観「日本との違い」や「日本という国の素晴らしさ」

日本を離れ青年海外協力隊として生活を行う中で、「日本との比較」ができる機会がすごく多いです。
自分の生活する国と日本との違いを感じながら生活をすることで、改めて日本という国の素晴らしさなどを再発見することがでます。

 

 

「日本と異なる」の多い途上国での生活は不便であったり、時には強いストレスを感じることもあります。しかし、自分の母国である日本を離れて生活してみて・現地の方と交流を重ねることで感じることや理解できることも沢山あります。

そんな違いを感じつつ、日を追うごとに途上国に染まっていく自分の姿を実感する中で見える日本の姿というものは、今までに感じてこなかった新しい見え方があるかもしれません。

 

 

 

YOSHI@
マイナスなポイント・プラスなポイント両方が見えますが「それが日本という国」であり、青年海外協力隊を通して僕自身、日本という国がこれまでよりも好きになったと実感しています。

 

 

 

青年海外協力隊に参加し、日本を離れてみて初めて「日本という国の素晴らしさ」そして「日本という国ももっと知りたい」と強く思えるようになりました。途上国と自分の生まれた国(日本)を比較できたことはすごく有難い経験であり、日本人として日本の事を誇りに思い、日本の事をもっと好きなりたいと感じます。

 

 

 

2:協力隊の経験は人生の財産となる!

協力隊経験を通して得たもの

  • かけがえのない仲間
  • 語学力
  • 経験・思い出
  • 価値観

以上の4つが「僕が協力隊を通して得たもの」と感じています。

 

 

 

元協力隊経験者として、「協力隊に参加することが良い」とか「協力隊に参加すべきだ」などは一切思ってはいません。
しかし、僕にとって協力隊の経験を通して得たものは沢山あり、そのすべての経験が僕にとって大きな財産となっていることは確かです。

 

 

 

YOSHI@
僕は「協力隊に参加してよかった」と胸を張って言えます。
協力隊を通して得たものをこれからも「大事にしていきたい」と思っていると共に、これからの「人生に活かしていきたい」と強く感じています。

 

 

 

青年海外協力隊の経験だけがすべてではありません。人生の中で沢山の経験ができる機会はいくつも転がっています。その中で、「自分を変える」「成長させる」ような経験の機会を自分自身でしっかりとつかみ取りながら、人生を歩んでいきたいと協力隊の経験で得たものから感じます。

 

どんなことでも「自分を大きく変える機会になる」と考えながら人生を送ることで「より楽しい人生」になるのかもしれません。そんな考え方も青年海外協力隊を通して僕が得たものと言えるでしょう…

 

 

 

 

▽青年海外協力隊に関する書籍の販売もされています。気になる方はチェックを▲

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が『面白かったな』『役に立ったな』と思った方は是非SNSでのシェアお願いします。

 

それでは
YOSHI@

スポンサーリンク

-青年海外協力隊の話

© 2021 EVERY DAY IS A NEW DAY Powered by AFFINGER5