Ireland [ワーホリ]

アイルランドワーホリ|外国人登録 (IRP登録) とは?

悩んでいる人
アイルランドに長期滞在する予定なのですが…
その際に必要な外国人登録(IRP登録)について詳しく知りたいです。

 

そんな疑問を解消します!

 

 

本記事の内容

・外国人登録(IRP登録)について
・IRP登録を行う際に必要なもの
・IRP登録の申請方法

 

 

本記事の信頼性

本記事を書いている僕はブログ暦5年。青年海外協力隊への参加をきっかけにブログを始め、現在では約300記事ほど作成しました。僕の経験が誰かのお役に立つことを目標にこのブログを運営しています。

 

 

今回はアイルランドの外国人登録(IRP登録)についての情報をお探しのあなたに、以下のような項目をわかりやすくご紹介していきます。

  1. 外国人登録(IRP登録)とは一体?
  2. IRP登録を行うのに必要なものとは?
  3. IRP登録の申請方法とは?

 

この記事を読めば、アイルランドの外国人登録(IRP登録)について理解できる。そんな記事となっています。

 

 

ワーキングホリデー制度を利用し、アイルランドで長期滞在(1年3か月)していた筆者の経験なども含めお話していきます。

 

 

これから「アイルランドに長期滞在を予定されている」方はもちろん、「アイルランドに興味がある」という方にでも対応できる内容となっています。本記事を読みつつアイルランドの外国人登録についての知識を深めていきましょう。

 

 

YOSHI@
この記事を読んで外国人登録(IRP登録)を理解しましょう。

 

 

▼ブログ本文に行く前に、是非☟のボタンをクリックお願いします(ランキングに参加中)△
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

アイルランドの外国人登録(IRP登録)とは?

アイルランドの外国人登録(IRP登録)について詳しく解説していきます。

 

 

アイルランドに長期滞在を行う際に必要な手続き

アイルランドでは3か月以上の長期滞在を行う外国人に対しIRP(Irish Residence Permit)と呼ばれる、アイルランド国立警察(Garda)傘下である移民登録事務所にて、外国人登録を行うことが義務付けられています。

 

この外国人登録(IRP登録)は、EU圏のパスポートを持つ方に対しては適応されませんが、基本的にEU圏以外からアイルランドへ長期滞在する方すべてに適応されます。
また以前は、GNIB(Garda National Immigration Bureau)と呼ばれており、現在でもその呼び名が使われていることが多くあります。

 

 

外国人登録(IRP登録)は現地での登録が必須

この外国人登録(IRP登録)はアイルランドに到着後に現地での登録を行うことが必須の手続きで、現地での登録が完了後、正式にアイルランド政府より3か月以上の長期滞在が認められます。

 

学生ビザ・ワーホリビザなどを取得してアイルランドに渡航したとしても、現地に到着後に外国人登録(IRP登録)を行わなければ、それらのビザが正式にアイルランド政府に公認されません。

 

 

YOSHI@
アイルランドに3か月以上滞在予定の方は必ず、登録しましょう。

 

 

外国人登録(IRP登録)の際に用意が必要なものとは?

アイルランドの外国人登録(IRP登録)の際に用意が必要なものをご紹介します。

 

ワーキングホリデービザで長期滞在予定の方

アイルランドにワーキングホリデービザで長期滞在予定の方の場合、外国人登録(IRP登録)の際には以下の5点の用意が必要となります。

①:パスポート

②:ワーキングホリデーの許可書

③:アポイントメント(予約)確定のメール

④:現地での滞在先の住所

⑤:登録申請料300ユーロ(クレジットカードのみ)

 

 

学生ビザで長期滞在予定の方

アイルランドに学生ビザで長期滞在予定の方の場合、外国人登録(IRP登録)の際には以下の7点の用意が必要となります。

①:パスポート

②:アイルランド現地学校の入学許可書(スクールレター)

③: 現地での滞在先の住所

④:アポイントメント確定のメール

⑤:残高証明(3000€以上 / 発行から6か月以内)

⑥:保険加入証明(アイルランド滞在期間をカバーこと)

⑦:申請料 300€(クレジットカード払いのみ)

 

 

日本で準備が必要なものもあるので注意

同じ3か月以上の長期滞在ではありますが、ワーキングホリデービザと学生ビザの場合では、外国人登録(IRP登録)の際に必要となってくる書類等に違いがありますので、ご自身の滞在ビザに合わせて必要な書類を確認し必ずすべて用意しましょう。
※1つでも書類が無かったり、不備などがあれば登録が認められない可能性があります。

 

 

日本で事前に準備をしておくべきものもいくつかあります。

残高証明・保険加入証明書などアイルランドに渡航される前段階で、ご自身が利用される機関(銀行・保険会社)にて証明書の発行が必要となるものをあります。

また外国人登録(IRP登録)に必要なお金の支払いはクレジットカード払いのみとなっていますので、クレジットカードを持っていない方は、そちらの発行も必要となります。

 

 

YOSHI@
日本を離れた後では、用意が難しい書類等は確実に日本で用意してから、アイルランドへの渡航をオススメします。

 

 

外国人登録 (IRP登録)の申請方法とは?

アイルランドでの外国人登録(IRP登録)の申請方法について解説します。

 

 

外国人登録(IRP登録)の大まかな流れ

アイルランドでの外国人登録(IRP登録)完了までの大まかな流れを以下にご紹介します。

移民登録事務所のHPから
登録のアポイントメント(予約)
※ダブリン以外の町に住まわれる方はその地域の警察署本部で手続きをするそうです

予約当日、移民登録事務所へ行き手続き

外国人登録(IRP登録)完了のスタンプをパスポートに押印

後日、外国人登録(IRP)カードが自宅に郵送される

 

 

YOSHI@
めちゃくちゃ大まかですが、以上が外国人登録(IRP登録)の流れです。

 

 

外国人登録(IRP登録)のアポイントメント

アイルランドの移民事務局で行う外国人登録(IRP登録)ですが、登録を行うためには移民登録事務所のホームページより、アポイントメント(予約)が必須となります。
※移民登録事務所での登録が必要なのはダブリンの滞在予定の方で、それ以外の方は滞在予定の場所にある警察署で手続きを行います。

 

 

アポイントメント(予約)は必須であり難関

外国人登録(IRP登録)を行うにあたり、移民事務所のホームページよりアポイントメント(予約)が必須であり、予約を行わない限り外国人登録は一切できません。またこの外国人登録(IRP登録)は基本的にEU圏以外の地域からアイルランドに渡航するすべての方が対象となるため、予約を取ることが難しいことでも有名です。

 

YOSHI@
1、2か月後の予約しか取れないなんてことも良くあります。

 

 

アポイントメントの方法について

YOSHI@
移民事務所への外国人登録(IRP登録)の予約方法を解説していきます。

 

 

アイルランド移民登録事務所の公式ホームページに進む

 

 

公式ホームページに進んだ後、ページ右上「Get Started」から「Registering your immigration permission」をクリック

 

 

画面をスクロールさせ、「How to register for the first time」をクリック

 

 

画面左上部「I am living in Dublin」をクリック

 

 

画面では外国人登録の方法などが記載されており、文章の中に「You must make an appointment here」のリンクが添付されているので、そちらをクリック

 

 

 

INIS Registration Appointment Booking Systemに進みますので、そちらから外国人登録(IRP登録)の予約が可能です。

 

YOSHI@
上の画像のクリックで、INIS Registration Appointment Booking Systemまで一気に進むことが出来ます。ご利用ください。

 

 

 

2022年8月現在

以前までは「INIS Registration Appointment Booking System」を通して、オンライン上で外国人登録(IRP登録)の予約を行うことが出来ていましたが、現在では直接電話にての予約が必要となっています。(月曜日~金曜日の9時から17時までの間でオペレーターと繋がるようです。)※以下の画像を参考・ホームページをご確認して予約作業を行ってくだい。

 

 

 

アポイントメント当日について

YOSHI@
無事、外国人登録(IRP登録)の為のアポイントメント(予約)が出来たら、あとは必要書類の準備、当日を待つのみです。

 

 

アポイントメントの当日は遅刻厳禁

外国人登録(IRP登録)を行う際、アポイントメント時間に少しでも遅れてしまうと登録をしてもらえない可能性があるため、遅刻厳禁です。アポイントメント時間の15分前程度から移民事務所での受付が可能ですので、時間より早めに移民事務所へ行きましょう。
※受付終了後に簡単な書類に記入もあるため、筆記用具等も忘れずご持参ください。

 


- 移民登録事務所へのマップ -

 

 

 

アポイントメント当日の手続きとして…

受付

名前が呼ばれたら、指定された番号のデスクで登録作業
(必要書類・300ユーロの支払い)

別室で指紋を登録

IRP(GNIB)登録完了証として
スタンプが押印されたパスポートを受け取る

 

YOSHI@
全ての手続きが終わるまでに1~2時間ほど要することがほとんどです。
※それ以上かかる場合もありますので、前後の予定は余裕を持つことがオススメです。


 

 

移民事務所での外国人登録(IRP登録)完了後、カードがもらえる

移民事務所で外国人登録(IRP登録)が無事完了したら、1週間~10日前後で登録した住所へIRPカードが郵送されます。このカードが届いたら、外国人登録に関するすべての作業が完了です。

 

- 実際のIRPカード -

 

 

制度等の変更の可能性あり、常に最新の情報を入手

今回は、アイルランドに3か月以上の長期滞在を行う場合、アイルランド政府に対し登録が必須となる外国人登録(IRP登録)についてご紹介させていただきました。

 

 

常に最新の情報を入手を心がけよう

制度の更新等により外国人登録(IRP登録)の方法が変更になる可能性が十分にあります。特にこの3,4年はコロナウイルスの影響により大幅な制度の改正が行われています。そのため、数年前の情報が既に違うこともありますので、常に最新の情報の入手を心がけていただけたらと思います。

 

 

YOSHI@
最新の情報を得るには、アイルランド移民登録事務所公式のホームページをこまめにチェック

 

 

アイルランドに長期滞在予定の方にとって、外国人登録(IRP登録)は1番最初に行う重要手続きになるかと思います。外国での手続きであったりなど、不安なことも多くあるかと思いますが、この記事を読まれた方が少しでもスムーズな外国人登録(IRP登録)が行えますこと願ってます。

 

 

 

-----Please check it ------
僕のInstagramでは、これまでの旅先での写真を公開しています。ブログの記事には載せていない写真なども多く投稿されていますので、ご覧いただけたら嬉しいです!またフォローも大歓迎です!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

𝐘𝐎𝐒𝐇𝐈𝐘𝐀 𝐇𝐈𝐆𝐀 -うちなーんちゅの旅記録-(@yoshiya05)がシェアした投稿

 

YOSHI@
Instagramフォロワー【1000人】目指して頑張ってます。 ぜひよろしくお願いします!
 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が『面白かったな』『役に立ったな』と思っていただけたら嬉しいです。

 

それでは
YOSHI@

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YOSHI@

沖縄出身、30歳|現在、水泳インストラクターとして活動中。活動拠点は沖縄県になります。|【旅行】【カフェ】【筋トレ】が趣味。

~ 経歴 ~
びわこ成蹊スポーツ大学 ⇒ 沖縄県で臨時教員 ⇒ 青年海外協力隊 ⇒ アイルランドワーキングホリデー ⇒ 現在

◇ 世界10か国、3か国生活経験あり。
◇ Instagramの運営も頑張ってます。

-Ireland [ワーホリ]

© 2022 EVERY DAY IS A NEW DAY Powered by AFFINGER5