【海外生活】アイルランド:コロナウイルスの影響により仕事を失った人などに”給付金の支給”が開始されました!

Sponsor link
Ireland [ワーホリ]

 

YOSHI@
YOSHI@

んにちは。YOSHI@です!
この記事は「現在アイルランドでコロナウイルスの影響により仕事を失った方などに対し政府がサポートしている給付金制度について」お話していこうと思います。

 

今回は”アイルランドのコロナウイルスに関する情報”をお話していこうと思うのですが、世界中で感染拡大が深刻化されているコロナウイルスですが、アイルランドでも深刻な状況であり、2020/03/13日から学校などの施設を始め、多くのレストラン・Pubなども閉鎖がされています。

 

YOSHI@
YOSHI@

この記事を書いているのが4/2なのですが、いまだにコロナウイルスの被害を止めることはできず「いつまでこの状況が続いていくのだろうか?」と誰もが思っているかと思います。

 

コロナウイルスの感染拡大が深刻化されるにつれ、多くのお店なども政府から閉鎖することを求められ「自宅待機」をするしかない状況が続いています。なので仕事をすることが出来ず「お金(給料)が入ってこない」という方が多くいるという事を、容易に予想できると同時にアイルランド政府が支援対策として「給付金の配布を決定」することにし、今週から本格的に支給が開始されました。

 

この「給付金」なのですが、僕的に驚いたことが支給対象者が「国籍などを問わず、全てのアイルランドで失業等された方」になっていることで、例えば:僕のようなワーキングホリデーでアイルランドに留学などに来ている方でもコロナウイルスの影響で職を失っていれば給付金がもらえるのです。
 
 
YOSHI@
YOSHI@

日本でも「給付金」や「商品券の配布」などをするかしないかで日本政府が議論をしているようなのですが(ごめんなさい。日本のニュースに疎い僕です…)、アイルランドではさっそく市民をサポートするため政府が動き始めましたので、その様子を感じてもらえればと思います。また記事内では「給付金の申請方法」にも触れさせて頂きますので、ぜひ気になる方は最後までご覧ください。

Sponsor link

1:コロナウイルスの影響により仕事を失った人などに”給付金の支給”が開始されました!

回はコロナウイルスの影響によって仕事などを失った方に対して、アイルランド政府が配布を発表した「給付金」についてお話をさせていただくのですが、もう少し詳しい内容をここではお話していこうと思います。

「給付金」につい詳しい内容が記載されているgov.ieを参考にお話を進めていきたいと思います。

 

今回の「給付金」はCOVID-19(コロナウイルス)のパンデミックの影響に失業した方(従業員・自営業者)などを対象に配布されるものとなっていて…

・18歳から66歳の方
・アイルランドに在住している

・学生、非EEA国民、パートタイム労働者
学校(または育児)の休業のために自主的に仕事を休んで子供の世話をし、雇用主からの支払いがなくなった場合も申請が可能
☝の項目に当てはまる方なら基本的に誰でも申請が可能となっています。
 
 
また給付額が1人当たり350€(日本円:約41,000)/週が支給されます。
 
YOSHI@
YOSHI@

「アイルランドに住んでいてコロナウイルスの影響で失業した方なら誰でも」という部分と「週に350€(約41,000円)」って、凄くないですか?

 

以上がアイルランドでコロナウイルスの影響により失業された方に対し政府が行っている「給付金」の詳しい内容でした。次に「給付金の申請方法」についてもお話をさせていただきます。

2:「給付金」の申請方法をご説明します。

イルランドでコロナウイルスの影響により失業された方に対し政府が行っている「給付金」の詳しい内容についてお話をさせていただきましたので、次に「給付金の申請方法」についてもお話をさせていただきます。

 

この「給付金」の支給の発表をされた際には、給付金に関する情報が乗せられたホームページより専用の用紙をダウンロードを行い、その用紙を記入後、近くのポストへフリーポスト(切手がいらない)するだけでした。なので特に職場から失業に関する証明書等を得る必要はありませんでした。

 

<実際の申請用紙がこちら>
 
 
しかし現在では、オンラインでの申請が推奨されていて「失業給付金の支給を希望される方」はMyWelfareのホームページにお進み頂いて、もしMyWelfareのサイトを利用される際に必要なMyGovIDアカウントをお持ちでない方は、アカウントをまず作成してもらう事で、申請が可能になるようです。(MyGovIDアカウントはPPSナンバーをrevenueに登録する際におそらく作成していると思います。)
 
YOSHI@
YOSHI@

一応参考までに「途中までですが、ホームページに進んでみました!」

 
MyWelfareのホームページにお進み頂くと…
 
 
☝このような画面が表示されますので、一番上にある「COVLD-19 Services」をクリックします。
 
 
次の画面が表示されたら、同じく1番上にある「COVID-19 Pandemic Unemployment Payment」という選択肢をクリックします。
 
 
 
すると今回の「給付金に関する文章」が表示されますので、目を通していただき一番下にある「Continue」というボタンをクリックします。
 
 
次に表示される画面もいつ前と同じような内容が記載されていますので、一応簡単に確認をされたら「Apply now」というボタンをクリックします。
 
 
そのあとは「MyGodID」のログイン画面が表示されますので、「すでにお持ちの方はログイン」を行って申請手続きを、「まだアカウントをお持ちでない方は、アカウント作成」を先にしていただくことで、「給付金の申請」が出来るようです。
 
YOSHI@
YOSHI@

これ以上先に進むと、2重登録とかになりそうな予感がしたので、ここまでのご説明をさせていただきます。

 

また今回の「給付金の申請」に必要になってくるものは…

 

コロナウイルスの影響により仕事を失業された方で、

・18歳から66歳の方
・アイルランドに在住している
・学生、非EEA国民、パートタイム労働者
※学校(または育児)の休業のために自主的に仕事を休んで子供の世話をし、雇用主からの支払いがなくなった場合も申請が可能
☝の項目に該当する方というのが第1条件で、「申請に必要」となるものは…
 
・個人情報:氏名・住所・電話番号・メールアドレス・PPSナンバー等
・銀行の情報:銀行名・口座名義・BICコード・IBANコード
以上の2項目となっているので、特に職場等から失業証明書等の発行をしてもらう必要はありません。
 
 
申請の際の注意点としては:
・PPSナンバーや銀行口座番号を間違いなく記入すること
・振込可能な銀行はアイルランドの金融機関のみ(RevolutとN26といったオンラインバンクへの振り込みは不可)であること
☝の2点を踏ま得たうえで申請されて下さい。(僕の知り合いで何人か、「ネットバンキングのアカウントしかもっていなかったため、給付金が受け手れていない方」がいました。)
 
またこの「給付金」への申請の数は、政府の発表によると総数で389,000件の申請があったとされていて、そのうち66,000件等の重複した申請が確認されたそうですが、申請件数の約88%の申請者の方に「給付金」支払われることを発表しています。先日3月31日より本格的にお金の給付がスタートされており、毎週火曜日に350€が支払われるそうです。
 
以上がコロナウイルス影響により失業された方への「給付金の申請方法」でした。

3:政府の素早い決断が素晴らしい!

回はコロナウイルスの影響により仕事等を失業した方へ政府が発表した「給付金」についてお話をさせているのですが、僕自身これまで日本を含め4か国で生活した経験がありますが、今回のコロナウイルスのような状況は初めてあると同時に、こんなにも早く政府が市民へのサポートを開始させたアイルランドに対して、正直驚いています。

 

YOSHI@
YOSHI@

今回の政府が「給付金」について発表をしたのは、学校やPubの閉鎖を求めてからすぐの事で(おそらく1週間以内)、実際に発表から2週間ほどで「市民にお金が支給」されています。います。この「決定から行動までのスピードは凄く早くて」僕個人的には「日本なら絶対にありえないな」と感じています。

 

もちろん、各国のやり方・ルールがあるかと思うので、批判等は僕にはできません(そもそも日本の状況を詳しく把握できていない部分もある)が、コロナウイルスの影響により失業に追い込まれた方をすぐにサポートしようと考えたアイルランド政府の考え方は凄く素晴らしいなと感じます。

 

YOSHI@
YOSHI@

結局この状況の中(コロナウイルにより失業)で市民が思うことは、「ウイルスに感染」についてももちろんですが、「お金のこと」もあるかと思いますので、そういった面で市民の不安をアイルランド政府は少し緩和することができたのではないかと僕は感じています。

 

またこの「給付金」がアイルランド国籍の方だけではなく、「全ての国籍の方」に適応されるという面も、アイルランドには多くの学生や移住者の方がいるという事を、政府がしっかり把握している証拠なのではないか?と感じました。こういった問題が起こったときに「どう政府が対応するか?」というのは国によって全く違うんだな。と身をもって感じたので、今回の記事を書かせて頂きました。

 

今後、日本でもコロナウイルスの影響が拡大する可能性がある為、もしそうなったときに、日本の政府の的確で素早い判断というものは凄く重要になってくることはもちろんのこと、これ以上感染拡大が深刻化されないことを強く願います。
 
 
今回は、”アイルランドのコロナウイルスに関するお話”という事で、アイルランド政府が発表したコロナウイルスの影響で失業された方に配布を決定した「失業者給付金」についてお話をさせていただきました。この記事が少しでも読んで頂いた方のお役に立てていれば幸いです。
 
 
それでは
YOSHI@

コメント

タイトルとURLをコピーしました