Ireland [ワーホリ] 海外生活

【アイルランドワーキングホリデー】アイルランドの外国人登録"IRP(GNIB)"についてお話します。【アイルランド滞在予定の方必見!】

スポンサーリンク

YOSHI@
YOSHI@
んにちは。YOSHI@です!
この記事は「アイルランド留学をされる方で”IRP(GNIB)”と呼ばれる外国人登録について知りたい方」「IRP(GNIB)の登録の方法について知りたい方」への記事となっています。
 
 
今回は”アイルランド情報”ということで、アイルランドに3か月以上の長期滞在をされる方の登録が必須になっている「"IRP(GNIB)"と呼ばれる外国人登録」についてお話をさせていただきます。
 
 
 
【僕の情報】
Twitter(@yoshiswim05
大学(びわこ成蹊スポーツ大学)卒業後 ▷ 教員として勤務 ▷ 青年海外協力隊、アイルランドへワーキングホリデーなど計3年半の海外生活を経験した後、地元沖縄にて水泳のインストラクターとして働きながらブログを運営しています。

 

 
アイルランドで滞在期間が3か月以内であれば観光ビザでの滞在は問題ありません。しかし、3か月以上の滞在の場合、アイルランドに到着後、現地の行政機関にIRP(GNIB)と呼ばれる外国人登録が必須となっています。
 
そこで今回は皆さんに「IRP(GINB)登録の流れや様子など」をご紹介していきます。少しでもご参考になれば嬉しいです。
 
 
 
-関連記事-
 
 
▼ブログ本文に行く前に、是非☟のボタンをクリックお願いします(ランキングに参加中)△
ブログランキング・にほんブログ村へ

アイルランドの外国人登録"IRP(GNIB)"について分かりやすく説明します。

IRPとは:
Irish Residence Permitの頭文字をとったもので、アイルランドに入国後一ヶ月〜三ヶ月以内にアイランド国立警察庁(Garda)傘下の移民登録事務所で必ず手続きしなければならない外国人登録(EU圏の方は除く)
※以前はGNIB(Garda National Immigration Bureau)という名前で呼ばれていました。
 
 
 
YOSHI@
YOSHI@

アイルランドに入国する際は基本的に観光ビザでの入国となり、その後IRPの申請をすることにより、目的に合わせたビザ(学生ビザ・ワーキングホリデーなど)が承認されます。

 
 
 
IRP(GNIB)の登録が無事完了後、3ヶ月以上の滞在がアイルランドから許可されるというシステムになっています。
EU圏のパスポートをお持ちの方はIRPの登録を行う必要はありませんが、日本を含むEU圏以外の国からアイルランドに来ている外国人の方は全員このIRPを取得しなければなりません。

IRP(GNIB)を取得するまでの流れ

IRP(GNIB)を取得するまでの簡単な流れは以下の通りです。
 
 
 
移民登録事務所(ダブリン)HPから
登録のアポイントメント(予約)を取る
※ダブリン以外の町に住まわれる方はその地域の警察署本部で手続きをするそうです

必要な書類を用意する

予約時当日、必要な物を持って移民登録事務所へ行く

手続きを行う

GNIB登録が完了したスタンプをパスポートの押してもらう

後日、GNIBのカードが登録した住所に届く

 
 
以上のような流れでIRP(GNIB)の登録が行われます。
 
 
 
YOSHI@
YOSHI@

「移民登録事務所」や「外国人登録」などと聞くと凄く難しいそうな感じがしますが、不可能なことではありませんので、一項目ずつ紹介していきたいと思います。

IRP(GNIB)登録完了までを解説します。

IRP(GNIB)の登録を完了させるまでのプロセスを以下に1項目ずつご説明していきます。

 

1:一番苦労するアポイントメント(予約)

IRP(GNIB)登録のために始めに行う作業:

移民登録事務所から登録のアポイントメント(予約)をまず行います。

 
 
 
YOSHI@
YOSHI@

また、移民登録事務所から登録のアポイントメントを取ることがこのIRP登録を行う上で1番難易度の高い作業となっています。

 
 
 
その理由:
アポインメントを取る際にはオンラインで行っていくのですが、アイルランドには多くの国から留学生などがやってきている為(特に南米)、そのオンラインでアポイメント(予約)可能数がすぐに埋まってしまい、予約日が1か月も2か月も先という事が通常となっています。
 
 
 
YOSHI@
YOSHI@

予約を取るだけで一苦労な登録なんです

 

 
YOSHI@
YOSHI@

気になるIRPの取得の為の予約は『移民登録事務所の公式HP』から出来ますので、予約方法をご紹介していきます。

 
 
 
  • 「Book a registration appointment in Dublin」をクリック
    ※以下の画像赤丸で囲まれた項目

 
 
 
  • 「Make Appointment」をクリック
    ※以下の画像赤丸、緑色の項目
 
 
 
 
 
  • 個人情報の入力
 
 
 
 
 
個人情報の入力の際には以下の項目を入力します。
 
  1. Category:
    ※Allを選択してください。
  2. I have a GNIB card or I have been registered before:
    GNIBカードを持っていますか?もしくは過去に持っていましたか?
  3. Given Name: 下の名前
  4. Surname: 苗字
  5. Date of Birth: 生年月日
  6. Nationality: 国籍
  7. Email: Email: アドレス
  8. Confirm email: Email: アドレス確認
  9. Is this a family application?:
    家族の代理登録ですか?
  10. Do you have a Passport or Travel Document?:
    パスポートもしくは旅行に関する書類を持っていますか?
 
 
 
  • 以上の10項目を入力後、「Look for Appointment」をクリック
 
 
 
 
その後は、「Specific day」及び「closest to today」の選択肢が表示されます。
 
  • Specific day:希望の日付
  • Closest to today:1番近い日付
 
 
以上のように自分の希望の日時を検索することができますので、希望に合わせて選択をし、時間等の指定を行っていきます。予約は基本的にはすべて埋まっていたり競争率が激しい為、検索した時点で空きがある場合はすぐに予約してしまう事をおススメします。
 
 
以上が「移民登録事務所のHP」からIRP取得の予約をする方法です。
 
 
 
冒頭でもお伝えしましたが、外国人登録が必須となっている方がアイルランドには多くいますので、登録を行うためのアポイントメントを取るのは凄く大変です。
 
 
 
YOSHI@
YOSHI@

また以上で紹介した移民登録事務所のHPから予約を取ることは至難の業です。(僕は無理でした。)

 
 
 
YOSHI@
YOSHI@

そこで次に、外国人登録の予約を管理できる携帯アプリについてご紹介します。

 
 
 
GNIB Notifications

 

GNIB Notifications
開発元:Ricardo Dantas Goncalves
¥120
posted withアプリーチ
 
 
有料(120円)の費用が掛かってしまうアプリなのですが...
ダウンロード後、事前に個人情報などを登録などを済ませておくことで、予約に空きが出来た瞬間に通知で教えてくれる
 
 
上記のメリットがあり、毎回インターネットを開き作業を行う必要がなくアプリからアポイントメントを即完了することができます。(アポイントメントを取るだけの為に有料のアプリをダウンロードするのは嫌でしたが、インターネットから予約を取ることに苦戦したため、アプリをダウンロードして僕は挑戦しました。)
 
 
 
YOSHI@
YOSHI@

その結果、1週間以内で、アポイントメントを取ることが出来ました。

 
 
 
YOSHI@
YOSHI@

以上がIRP(GNIB)の登録を行うための予約の方法でした。

 

2:必要な書類を用意する

IRP(GNIB)登録に必要な書類は以下の通りです。
※ワーキングホリデーVISA・学生VISAそれぞれ必要書類が少し異なります。

 

  • ワーキングホリデーVISAの場合:

    ✔ パスポート
    ✔ ワーキングホリデーの許可証
    ✔ アポイントメント確定のメール
    ✔ 住所※
    ✔ 申請料 300€(クレジットカード払いのみ)

 
 
以上の項目が、ワーキングホリデーVISAでIRP(GNIB)登録する方の必要書類です。
 
 
補足:
① 住所に関しては最終的にGNIBカードを郵送するために利用するのですが、住まいが確定していないなど(ホテル住まいなど)の場合事情を説明すれば、後日移民登録事務所で手渡しも出来るらしいです(100%確かではないのですが、試してみる価値はあり)
 
② 申請料に300ユーロの支払いはクレジットカード払いのみ
 
 

 
  • 学生VISAの場合:

    ✔ パスポート
    ✔ アイルランド現地学校の入学許可書(スクールレター)
    ✔ 住所
    ✔ アポイントメント確定のメール
    ✔ 残高証明(3000€以上)
    ✔ 保険加入証明(アイルランド滞在期間をカバーこと)
    ✔ 申請料 300€(クレジットカード払いのみ)

 
 
学生VISAの場合には以上の書類が必要となります。
 
 
 
 
YOSHI@
YOSHI@

必要書類の中には、日本であらかじめ用意しておくべき書類もありますので、あらかじめの準備+不備等に備え全ての書類を2部以上用意されることをおススメします。

 
 

3:必要な書類を持って移民登録事務所へ(予約日当日)

らかじめ予約した日に「必要書類全てを用意」し移民登録事務所へ行きます。

 


<移民登録事務所への地図は☝をご参考下さい>

 

 

YOSHI@
YOSHI@

予約時間10~15分前ごろから受付が可能なため、時間より早めに到着しておくことをおすすめします。(また受付の手続きがされている間に、簡単な記入する紙を渡されますので、筆記用具もお忘れなく)

 

 

<移民登録事務所の様子>

 

4:手続きを行う

民登録事務所では手続きする時間よりも、待ち時間の方が長いです。

 

 

移民登録事務所での手続きの流れは以下の通りです。

 

 

受付を行い、待合室で待機
名前が呼ばれたら、指定された番号のデスクで登録を行う
必要な書類・300ユーロはここで提出

待合室で待機
名前が再度呼ばれ別室で指紋を登録を行う
再度待合室で待機
IRP(GNIB)登録が完了した証として
スタンプが押印されたパスポートを受け取り終了
 
 
 
以上が移民登録事務所でのIRP(GNIB)の登録の手続きの流れです。
 
 
 
YOSHI@
YOSHI@

僕の場合、全ての作業が終了するまで1時間半程度でしたが、人によっては2,3時間かかったという方もいるので、IRP登録に行く日当日は予定に余裕をもっておく方がベターです。

 
 
 
登録が完了すると、後日(1週間~10日程度)登録した
アイルランドの住所あてに郵送でIRP(GNIB)カードが届きます。

 

アイルランドに到着後”最初の難関”

回はアイルランドに留学等(長期滞在)をする際に登録が必須となる「IRP(GNIB)登録」についてお話をさせて頂きました。
 
 
YOSHI@
YOSHI@

いかがだったでしょうか?

 

 

今回IRPの登録をするまでを僕の体験談を踏まえつつ、可能な限り分かりやすくお話させて頂いたつもりです。

 

しかし、国の情勢・制度の変更によりIRP(GNIB)の制度も変わる可能性は十分にありますので、実際にアイルランドに長期滞在される予定のある方は必ずご自身で「移民事務所のHP」などを通して最新の情報を必ずチェックされてください。

 

 

YOSHI@
YOSHI@

始めて海外で生活される方などにとって、IRP(GNIB)の取得は最初の難関になるかと思いますが、「どうにかなる」と思いますので、1つずつやるべきことをクリアしていただければと思います。

 

【2020年最新情報】IRP登録のオンライン更新システムの開始

界中に感染が拡大しているコロナウイルスの影響で一時アイルランド入国管理局(Irish Naturalisation and Immigration Service:INIS)は営業・IRP(外国人登録)を含む全ての申請の手続きを停止していましたが、2020年6月23日より以下の項目に該当される全ての方はオンライン更新システムでの登録が可能となりました。

 

 

オンライン更新システム該当者は

 

  • ダブリンに居住する留学生。
  • EEA諸国以外の国からの留学生(日本人留学生は該当します)。
  • 外国人登録(Irish Residence Permit:IRP)を有し,これを更新する資格のある留学生。

 

以上に該当する方がオンライン更新システムの利用が可能です。

 
 
 
オンライン更新システム該当者の方:
これまでは事前に予約した上で外国人登録事務所を訪問しIRPの登録手続きを行う必要がありましたが,これが不要となりました。
 
 
滞在許可の更新を希望し且つ更新の資格を持つ留学生は :
指定のウェブサイト(https://inisonline.jahs.ie/user/login )にて
 
  • 申請書記入
  • 関連書類コピーのアップロード
  • 手数料の支払い

 

上記の手続きを行い、旅券(パスポート)と外国人登録カード(IRP カード)を指定の宛先に書留で郵送を行います。

その後、アイルランド入国管理局(INIS)が申請された書類を確認を行い申請の許可した場合、滞在許可印が押された旅券(パスポート)が書留で申請者に返却されます。また新たに発行された外国人登録カード(IRPカード)は速達郵送で送付されます。※INISは今後オンライン更新システムの利用対象者を拡大していく予定。

 

 

新しいオンライン更新システム利用に関する情報は入国管理局ウェブサイト(http://www.inis.gov.ie/en/INIS/Pages/Home)をご確認ください。

 
 
 
 
英語圏の8カ国を中心に一人ひとりにあった留学先を見つけることの出来るSchool Withでは
 
✔ 日本最大級の口コミ数
✔ お申込みまですべてオンラインで完結
✔ 診断機能で自分にあった留学先の発見
✔ 代理店手数料が無料
 
で留学のサポートを行っています。
 
 
 
【無料で留学相談】が可能ですので、ご希望に合った留学先を見つけるためぜひご活用ください。

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が『面白かったな』『役に立ったな』と思った方は是非SNSでのシェアお願いします。

 

それでは
YOSHI@

スポンサーリンク

-Ireland [ワーホリ], 海外生活

© 2021 EVERY DAY IS A NEW DAY Powered by AFFINGER5