Ethiopia(エチオピア)

衝撃の エチオピアカレンダー についてご紹介♬

スポンサーリンク

東アフリカに位置する国、エチオピア
そんなエチオピアへ青年海外協力隊として約1年間滞在していた経験をご紹介♪

今回は「エチオピアのカレンダー事情についてお話します!

 

 

 

本記事の内容

  • 衝撃の エチオピアカレンダー とは一体?

 

 

 

 

✔ この記事を書いている人

Twitterはコチラから⇒

大学(びわこ成蹊スポーツ大学)卒業後 ▷ 教員として勤務 ▷ 青年海外協力隊、アイルランドへワーキングホリデーなど計3年半の海外生活を経験した後、地元沖縄にて水泳のインストラクターとして働きながらブログを運営しています。

 

 

アフリカ大陸に位置しながら「アフリカではない」と言われるほど、独特な歴史・文化を持つ国としても有名なエチオピア。そんな個性的な国の文化の中でもカレンダー事情が世界どこを探してもエチオピアだけではないか?と思われるほど独特です。

エチオピアを知る上でも知っておいた方が良いともいえますので、今回はエチオピアのカレンダー事情について詳しくお話します!

 

 

 

▼ブログ本文に行く前に、是非☟のボタンをクリックお願いします(ランキングに参加中)△
ブログランキング・にほんブログ村へ  

 

1:衝撃の エチオピアカレンダー とは一体?

エチオピア暦=エチオピア独自で使われている暦(コヨミ)

日本をはじめ世界で一般的に使われている暦(カレンダー)は、太陽暦(グレゴリオ暦)というものであるのに対し、エチオピアでは現在でもエチオピア独自で発展を遂げたエチオピア暦が使われています。

※もともとはエジプトで主に信仰されているコプト教と呼ばれるキリスト教の宗派で使われていた暦がエチオピアに渡り、エチオピアで信仰されるエチオピア正教会に伝わったとされています。

 

 

そんなエチオピア暦の大きな特徴としては、1年が365日という点は通常の暦と変わりはありませんが、1か月が全て30日区切りで設けられているという所に大きな特徴があり、その日数の区切り方を行うと12カ月+数日(5~6日)の余りが発生します。その余った数日は13月として設けられているため、エチオピア暦は1年が13月まである暦となっています。

※数日間(5~6日)余った日数は調整年(閏年)などで違いがあります。

 

エチオピア暦

30日×12カ月=360日。1年365日であるため、余った5~6日が13月として存在している

 

 

 

またエチオピア暦では、イエス・キリストの生誕についての解釈に違いがあり、一般的な暦(グレゴリオ暦)とは8年の差が発生していることも特徴の一つで、西暦2021年現在、エチオピア暦的には2013年という事になります。

キリスト教の宗派であるエチオピア正教会での儀礼などを軸として暦が設定されていることで、新年やクリスマスなどの祝日等も一般的な暦(グレゴリオ暦)とは異なり、エチオピア暦では新年は9月(9月11日)スタートとされています。

 

エチオピアのカレンダー

1月(マスカラム):西暦9月11日~10月10日
2月(タカミツ):西暦10月11日~11月9日
3月(へダル):西暦11月10日~12月9日
4月(タハサス):西暦12月10日~1月8日
5月(トゥル):西暦1月9日~2月7日
6月(イエカティトゥ):西暦2月8日~3月9日
7月(マガビットゥ):西暦3月10日~4月8日
8月(ミヤズィア):西暦4月9日~5月8日
9月(グンボット):西暦5月9日~6月7日
10月(セネ):西暦6月8日~7月7日
11月(ハレム):西暦7月8日~8月6日
12月(ナハセ):西暦8月7日~9月5日
13月(パグメ):西暦9月6日~9月10日

▽エチオピアの公用語アムハラ語で1年間を覚えられる記事はコチラから♬▲

 

 

 

エチオピアでは現在でもこのエチオピア暦が一般的に利用されており、世界的に一般的なグレゴリオ暦はほとんど使われることはありません。そのため、現地で生活をしていると世界とエチオピアでズレが生じているのが肌で感じることが出来ます。また僕ら外国人にとっては「いつがいつなのか?」わからなくなり混乱を招く原因にもなります。

 

YOSHI@
エチオピアで予定を作る際には「エチオピア暦」なのか「グレゴリア暦(一般的カレンダー」なのかの確認が必要な場合もあります。

 

 

 

言葉や食文化などが違うだけではなく、まさかのカレンダー文化までもが違うエチオピア。

はじめてカレンダー事情を聞いた際にはすごく驚きました。しかし、それほど独自の文化の発展を遂げた国であり唯一無二の国であることに間違いありません。知れば知るほど面白い国ですので、ぜひこの記事も参考にしながらエチオピアの事をもっと知っていただけたら幸いです♬

 

 

 

▲エチオピアに関する書籍も発売されています。ぜひご参考ください!▽

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が『面白かったな』『役に立ったな』と思った方は是非SNSでのシェアお願いします。

 

それでは
YOSHI@

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YOSHI@

沖縄出身、30歳|現在、水泳インストラクターとして活動中。活動拠点は沖縄県になります。|【旅行】【カフェ】【筋トレ】が趣味。

~ 経歴 ~
びわこ成蹊スポーツ大学 ⇒ 沖縄県で臨時教員 ⇒ 青年海外協力隊 ⇒ アイルランドワーキングホリデー ⇒ 現在

◇ 世界10か国、3か国生活経験あり。
◇ Instagramの運営も頑張ってます。

-Ethiopia(エチオピア)

© 2022 EVERY DAY IS A NEW DAY Powered by AFFINGER5