Ireland(アイルランド)

【ヨーロッパ】アイルランド:アイルランドの西側にある湖のほとりに立つ修道院 "Kylemore Abbey"に行ってきました!

スポンサーリンク

YOSHI@
YOSHI@

んにちは。YOSHI@です!
この記事は「アイルランド情報を知りたい方」「Kylemore修道院について情報をゲットしたい方」にピッタリの記事となっています。

 

今回は”アイルランド情報”という事で、首都ダブリンからからバスもしくは車で3時間半ほど西側の場所にある「Kylemore Abbey」についてお話をしていきたいと思います。

 

YOSHI@
YOSHI@

このKylemore Abbeyですが、写真を切り取ったような感じになるほど綺麗な観光地で写真映えが凄くする場所となっていましたので、ぜひ今回皆さんに共有していきたいと思います。

 

YOSHI@
YOSHI@

ぜひ最後までお付き合いください。

 

▼ブログ本文に行く前に、是非☟のボタンをクリックお願いします(ランキングに参加中)△
ブログランキング・にほんブログ村へ

1:アイルランドの西側にある湖のほとりに立つ修道院 "Kylemore Abbey"に行ってきました!

はさっそくですが、今回ご紹介する湖のほとりに立つ修道院"Kylemore Abbey"の【基本情報】についてお話をしていきたいと思います。

僕がこの場所に行った際のメインはアイルランドにある離島のアラン諸島に行く事だったのですが...アラン諸島に行くためには1泊ゴールウェイと呼ばれる町で宿泊しなければならなかった為、どうせならその辺の観光地も回ってみたいと思い行ってきました。

 

 

今回僕らは首都ダブリンでレンタカーを借りてこの"Kylemore Abbey"まで行ってきましたが、首都ダブリンもしくはゴールウェイという町から観光ツアーの申し込みが可能だと思いますので、車を運転される予定の無い方はツアーに申し込んで行く形となるかと思います。

 


<"Kylemore Abbey"への地図は☝をご参考下さい>

 

実際ダブリンからこの場所までの所要時間としては...
首都ダブリンからだと3時間~4時間程度で辿り着くことが出来ます。またゴールウェイからだと1時間半程度で到着できるかと思います。

 

YOSHI@
YOSHI@

しかし僕らの場合はレンタカーという事もあり、途中寄り道等もしたのでもっと時間がかかってしまいました(笑)

 

またこの今回紹介している「"Kylemore Abbey"とは一体なんなのか?」という事なのですが、ここで少しご説明していきたいと思います。
 
Kylemore Abbeyはコマネラ国立公園の北側にある、大きくえぐられたU字状の谷の湖のほとりにあるお城の事で、19世紀にイギリスの下衆議院で大富豪であったミッシェル・ヘンリーという方が彼の妻の為に建設をさせたものであり、妻や娘が先に亡くなり彼はこのお城を売却。その後このお城は修道院として使われる様になったそうです。

 

YOSHI@
YOSHI@

凄くざっくりとした説明ですが、もっと簡単に言うと「湖のほとりにあるお城」という感じです笑

 

【開館時間】
毎日:9:00am - 6:00pm
【開館時間】は☝の様になっています。
Kylemore Abbeyの公式ホームページはコチラからご覧いただけます。
 

海外行くなら!イモトのWiFi

2:絵を切り取ったような綺麗な風景に出会える場所

単にではありましたが、"Kylemore Abbey"の【基本情報】についてお話をさせて頂きましたので、次に「この場所の魅力や実施に僕が行ってみての感想など」をお話していきたいと思います。

 

YOSHI@
YOSHI@

この修道院(お城)は本当に絵画の作品の一部を切り取って張り付けたかのような風景が広がっていて、凄く綺麗な場所でした。首都ダブリンから結構な時間をかけて来た甲斐があったなと僕は感じました。

 

だいぶ引っ張りましたが、絵に切り取ったような景色をご紹介させて頂きます



<Kylemore Abbey>

 

YOSHI@
YOSHI@

どうですか?少しお城からの距離があるのですが、山と湖とお城の風景が神秘的な感じがしませんか?(僕はしました(笑))この日あいにくの曇り空だったのですが、それが逆にいい風景に感じてしまうほど「美しい」という言葉が似あうお城でした。

 

この場所はしっかりと観光できるような施設が備わっていて、入場料チケットを購入すれば、お城の中にも入場ができるのとその周辺にある国立公園内を散策できるそうなのですが、天気があまり良くなかった事と、時間もそこまで余裕がなかった為今回は無料で入れるエリアのみ観光してきました。

 

入場チケット:
大人:13.30ユーロ
学生:9.5ユーロ
※インターネットでチケット予約した場合の値段です。直接現地で買うともう少し割高になります。
 
 
 
 
YOSHI@
YOSHI@
無料で見学できるエリアだけでも十分お城を堪能することが出来ました。(写真はばっちり!)
ただ、お城内部から見える景色などはまた違った風景が楽しめるかと思いますので、観光でお越しの場合は試してみても損は無いかも
知れません。
 
 
 
☝動画での様子もお楽しみください。台風かなと思うぐらいの強風が吹き荒れていましたが、なんかそれも映画の世界にいるような感覚になりました。
 
 
YOSHI@
YOSHI@

また少し話は変わりますが、敷地内にはカフェやギフトショップなども(トイレもちゃんとありました)ちゃんと併設されていたので、ゆっくり観光が楽しめるスポットだと思います。

3:【番外編】Kylemore Abbey到着までの寄り道

回はKylemore Abbeyについてお話をさせて頂いたのですが、僕らの出発地であった首都のダブリンから目的地Kylemore Abbeyまでの途中でいくつか寄り道もしてきたので、そちらの方も紹介していきたいと思います。

〇 お昼ご飯に立ち寄った”The Forge and Venue”

Kylemore Abbeyに向かう最中にお昼ご飯を食べるために立ち寄った「Moycullen(モイカレン)」という小さな町で見つけたお店の”The Forge and Venue”をご紹介します。

 

YOSHI@
YOSHI@

凄くお店の外観がオシャレなお店で、中の方も凄く綺麗なお店でした。

 

<外観の様子>

 
<お店の中の様子:Pub兼レストランといった感じです>
 
<椅子がカラフルで可愛かったです>
 
 
モーニングメニュー・ランチ・ディナーとそれぞれ違う様で、ディナーメニューの方は少し値段高めな感じでしたが、モーニング・ランチメニューに関しては凄くお手頃な値段で提供されていました。
 
 
チキンラップ 8.5ユーロ(日本円:約1000円)
 
 
僕はこのチキンラップを注文しましたが、ポテトもサラダも付いて量もまあまぁあったので満足でした。味もアジア系の味のラップでピリ辛の感じが美味しかったです。
その他のメニューも凄く美味しそうでしたので、もしこの「Moycullen(モイカレン)」という町にお立ちよりの際にはオススメのレストランです。
 

-The Forge and Venue-
Adress:County Galway, Moycullen, バリーカーク・ウェスト
TEL:(091) 868 944

営業時間:
月曜日~土曜日:10:00am - 0:00am
日曜日のみ:12:00pm - 0:00am

〇 Kylemore Abbeyへの道中の大自然

Kylemore Abbeyの美しいお城の風景も凄く良かったのですが、それに向かうまでの景色も凄く良かったので紹介していきたいと思います。

Kylemore Abbeyまでの道中は基本まっすぐな一本道と緩やかなカーブがずっと続いていきます。

 

<こんな感じの道>

 

YOSHI@
YOSHI@

周りの景色は見渡す限り山か湖のみという場所が結構あり、その中でも僕らが途中 休憩がてらに車を止めたポイントが凄く景色が良かったです。

 

 

YOSHI@
YOSHI@

どうですかこの景色?凄く静かで何にも自然を邪魔するものが無く綺麗でした。

 

 

YOSHI@
YOSHI@

「これぞアイルランドの自然」と感じるような、景色が広がっていて凄く自然を満喫することが出来ました。

 

YOSHI@
YOSHI@

ぜひアイルランドにお越しの際には、「アイルランドの素敵な景色」を沢山の方に見て感じて欲しいなと思います。

 

今回は”アイルランド情報”ということで、アイルランドの西側の方角へ3時間ほど行った先にある、湖のほとりにあるお城としてとても有名な「Kylemore Abbey」をご紹介させて頂きました。この記事が少しでも読んで頂いた方のお役に立てていれば幸いです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が『面白かったな』『役に立ったな』と思った方は是非SNSでのシェアお願いします。

 

▼アイルランドへの旅行・滞在がより充実する本を片手に旅に出かけてみませんか?△

それでは
YOSHI@

 

世界には僕らが知らない世界が広がっています。
ちょっと日本から出てみて新しい景色や雰囲気を味わってみませんか?
海外格安航空券の最安値検索なら スカイチケット! 』 ならあなたの行きたい場所・見たい景色へと繋げてくれます。さぁ旅に出かけてみよう!

スポンサーリンク

-Ireland(アイルランド)

© 2021 EVERY DAY IS A NEW DAY Powered by AFFINGER5