Ireland(アイルランド) Trip Trip -旅行の話- ヨーロッパ旅行

【アイルランド】元ワーホリ経験者が選ぶ、古き良きアイリッシュPubの雰囲気が味わえるPub⑧店

スポンサーリンク

YOSHI@
YOSHI@

こんにちは。YOSHI@です!
この記事は「アイルランド情報をお探しの方」「ダブリンで昔ながらの雰囲気のPubに行かれたい方」にピッタリの記事となっています。

 

 

今回は”アイルランド情報”という事で、「昔ながらのアイリッシュPubの雰囲気が味わえるお店」についてお話します。

 

 

【僕の情報】
2014年3月に びわこ成蹊スポーツ大学を卒業。新卒で沖縄県内で教員を2年間務める。その後「自分の視野を広げたい」という理由から青年海外協力隊(JICAボランティア)に参加し、エチオピアとカンボジアで水泳指導を行う。帰国後はアイルランドへワーキングホリデーを行った。自由奔放な沖縄県民。海外生活中に自分の経験をブログにとEVERY DAY IS A NEW DAYブログを開始。
 
 
 
アイルランドと言えばPubといってもいいほど、アイルランドの生活に無くてはならない場所であり、国民の娯楽の場ともいえるPubですが、元ワーホリ経験者の僕がオススメする「ダブリン内にある昔ながら・歴史の感じるPub」を⑧店ご紹介していきます。
 
 
 
YOSHI@
YOSHI@

僕がアイルランドに滞在中、何度も通ったPubもご紹介します。

 

 

▼ブログ本文に行く前に、是非☟のボタンをクリックお願いします(ランキングに参加中)△
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

 

1:元ワーホリ経験者が選ぶ、古き良きアイリッシュPubの雰囲気が味わえるPub⑧店

がオススメする、「ダブリンにある昔ながらのアイリッシュPubの雰囲気が味わえるお店」を以下にご紹介させて頂きます。

 

アイルランドのPubでのお酒の注文の仕方は別記事『【ヨーロッパ】アイルランド:アイルランドのPubでのお酒の注文の仕方をご紹介します!』をご覧ください。
 
 

〇 ダブリンで最も古いPubの1つ”The Long Hall”

ブリン、シティーセンター中心部のPubやレストランなどの多いGeorge's Street(ジョージ通り)沿いにあるお店。

 

 

<お店の外観の様子:出典 https://citylanguageschool.com/three-on-a-thursday-ideas-weekend/long-hall-top-dublin-pub/

 

 

<店内の様子:画像が荒くてごめんなさい>

 

 

1766年から許可されたこのThe Long Hallは、ダブリンで「最も古く」「最も美しく」「最も愛されている」Pubの1つだと言われていて、アイルランドの伝統性・独創性にあふれたPubと呼ばれています。※元記事はコチラ
 
 
 
YOSHI@
YOSHI@

歴史のあるPubと呼ばれるだけあり、お店の雰囲気・インテリアなども含め、過去の世界にタイムスリップしたような気分になります。

 

 

<歴史を感じる素敵なインテリア>

 

 

イベント等(ラグビー・サッカーの試合等)がある日にはもちろん沢山のお客さんで賑わいますが、そうでは無い通常の平日ですら多くのお客さんが訪れるダブリンでも大人気のPubの1つです。また店内にはBGMが一切なくお客さんの話声と笑い声だけが響き凄く居心地が良いです。

 

 

 

 

 

ダブリンで「美味しいギネスが飲めるお店としても有名」なこのお店。実際僕がお店を訪れた際にもギネスビールを注文。しっかりとした泡と苦みの少ないスッキリとした味のギネスで、「美味しいギネスが飲めるお店」と呼ばれているだけあると感じた味でした。

 

 

 

YOSHI@
YOSHI@

アイルランドの歴史を感じながら飲む美味しいギネスビールは最高です。

 

 

 

 

 

-The Long Hall-

アドレス:51 South Great George's Street, Dublin 2, D02 CP38 アイルランド
電話番号:+35314751590
営業時間:12:00-11:30(月~木)/ 12:00-0:30(金・土)/ 12:30-11:00(日)
ホームページ:https://www.facebook.com/longhallpub/

 

 

 

〇 昔ながらのアットホームなPub ”Reilly's Bar”

ブリンの南エリア、観光地としても有名なSt.Stphen’s Greenから徒歩ですぐの場所にあるお店。

 

 

<お店の外観の様子>

 

<店内の様子>

 

 

 

凄く小さな店内で、お客さんのほとんどはアイリッシュの方ばかりの凄くローカル感のあるPubです。またお店の店員さんも、「長年ビールを入れ続けてます」という雰囲気を醸し出した方がカウンターでビールを注いでくれ”凄く絵になる風景”が広がっています。

 

 

 

 

 

このPubもまたダブリン内で歴史のある場所の1つのようで、お店の壁面にはこれまでに載ったお店に関する新聞記事や、著名人が訪れた際の写真などが飾られていました。

 

 

 

 

サッカーやラグビーなのどの試合がある際や、週末の夜は多くのお客さんで賑わっており、店内でお酒を飲むことは不可能ではないかと思うぐらいお客さんであふれることも少なくありません。「落ち着いてビールが飲みたい」という方はイベントなどのタイミングを避けてお店に行かれるとゆったりお酒が楽しめます。(僕が実際にお店に行った時間は夕方6時ごろ)

 

 

 

ギネスビール €5.2
凄く丁寧に注がれたビールで泡はしっかり、苦みは少しありますが嫌な苦みではなく美味しい苦みのあるギネスビールでした。

 

 

 

YOSHI@
YOSHI@

このPubでは食事も楽しめることもできますので、美味しいギネスビールとPub飯を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

-Reilly's Bar-

アドレス:17 Merrion St Upper, Dublin, D02 WV59 アイルランド
電話番号:+35316610115
営業時間:12:00-0:00
ホームページ:https://www.foleys.ie/reillys-bar

 

 

〇 The ローカル感がたまらないお店”McNeill’s Pub”

ブリンシティーセンター、Capel Street(カーペル通り)沿いにあるお店。(ダブリンの象徴ともいえるSpireからも徒歩で10分ほどの距離)

 

 

<お店の外観の様子>

 

<店内の様子>

 

 

 

このお店を知ったきっかけは、アイルランド人から「このお店は美味しいギネスが飲めるよ!」とおススメされたことがきっかけでした。外観からはお店の中の様子を見ることが出来ず若干入りにくい感のあるお店ではありますが、店の扉を開けると「これぞアイルランドのPub」と言いたくなるような、昔ながらのアイリッシュPubが広がる店内です。

 

 

 

YOSHI@
YOSHI@

お店自体はダブリンの超中心地にあるにも関わらず、お客さんは地元のアイリッシュの方たちばかりでした。きっと観光で来られた方には入りにくい?のかもしれません。

 

 

 

ギネスビール €5.4(日本円:約640円)
凄く泡がクリーミーで苦みもそこまでないビールでアイルランド人がおススメするだけあるな感じる味でした。

 

 

 

グラスを傾けたときに、写真のように泡が固まりになって動くのですが、グラスからこぼれることはありません。これぐらいクリーミーな泡のギネスビールでした。

補足:グラス傾けて泡が固まって動くギネスは美味しいギネスの証拠だそうです。(アイリッシュから教わりました)

 

 

 

お店のホームページには「おいしいギネスが飲める」という事を記載するほど、自他共にギネスの味に誇りを持っているお店です。

 

 

 

YOSHI@
YOSHI@

ローカル感は強めなので少しお店に入るのに勇気がいるかもしれませんが、昔ならのアイリッシュPubの雰囲気の中で飲む美味しいギネスビールを試してみては?

 

 

 

 

 

-McNeill's Pub-

アドレス:140 Capel St, North City, Dublin, D01 F9R2 アイルランド
電話番号:+35318728713
営業時間:10:30-23:30(月~木)/ 10:30-0:30(金・土)/ 12:30-23:00(日)
ホームページ:現在削除されているようです。

 

 

〇 歴史もある、アイルランドで一番長いPub?”Hole in the Wall"

ブリンの北側、アイルランドで凄く有名で大きな公園である Phoenix Park(フェニックス パーク)からすぐのところにあるお店。

 

 

<お店の外観の様子>

 

 

<店内の様子>

 

 

店内の様子は、さすが営業の歴史の長いPubなだけあり、凄くレトロな雰囲気とローカル感が凄く印象的でした。僕がお店を訪れた時間が午後4時ぐらいという事もあり、ゆったりと席に座ることができました。しかし週末などは多くのアイリッシュのお客さんで賑わう人気のお店です。

 

 

 

お店の名前”Hole in the Wall”(壁の穴)の由来
昔、このお店ではビールの受け渡しを「壁の穴を通して」行われていたことから”Hole in the Wall”という名前になったそうです。その理由としては、イギリス兵がまだアイルランドにいた頃、このPubのお隣にあるPhoenix Parkの敷地から離れることを禁じられていたそうで、その兵隊達がこのPubの壁の穴を通してビールの受け渡しを求めた事から始まったそうです。
1651年から営業を開始しているPubで、歴史のある場所であるという事もそうですが、時代の変化とともにお店自体も変化を繰り返しながら現在に至っているPubの1つでもあります。

 

 

 

YOSHI@
YOSHI@

約400年の歴史の中で変化を繰り返しながら現在まで営業を続けているこのお店ですが、現在では「ダブリンで1番長いPub」として凄く有名です。

 

 

 

写真を撮影してみましたが、1枚には収まらないほどの長さがありました。

 

 

 

YOSHI@
YOSHI@

動画でもこのお店の長さをご覧ください。

 

 

 

 

 

ギネスビール €5.1(日本円:約610円)
少し郊外にあるという事もあるのか、ギネスビールの値段が市内の中心部のPubに比べると安いです。またギビールの泡は緩めの泡でサラッとしたのど越しで、ごくごく飲める系で苦みも少ないギネスビールでした。

 

 

 

お店自体が現地の方ばかりの利用が多いのか?僕(アジア人)がお店に入店した際には、少し珍しい視線を感じましたが、特に問題なくビールを楽しむことができました。

 

 

 

YOSHI@
YOSHI@

約400年の歴史とダブリンで1番長いPubでの美味しいギネスビールはいい思い出になる事間違いないです。

 

 

 

 

 

-Hole in the Wall-

アドレス:345-347 Blackhorse Ave, Northside, Dublin, D07 V663 アイルランド
電話番号:+35318389491
営業時間:12:00-23:30(月~木)/ 10:00-0:30(金・土)/ 10:00-23:30(日)
ホームページ:https://holeinthewallpub.com/

 

 

 

〇 古き良きアイルランドの面影を残したPub”The Palace Bar”

ブリンシティーセンター、観光地としても有名なテンプルバーエリアにあるお店。

 

 

<お店の外観の様子>

 

<店内の様子>

 

 

週末やサッカーやラグビー等の試合がある日にはアイリッシュのお客さんがこのPubに集まります。その為、混雑時には中で落ち着いてビールを飲むことは不可能...外で立ち飲みする人が沢山いるほど多くの人で賑わう人気のPubです。

 

 

このThe palace Barは、創業1823年に建てられたPubで2世紀以上にわたって多くの作家・ジャーナリストや劇作家が訪れる「アイルランドの文学の伝統と強く結びついているPub」とも呼ばれているそうです。
 
 
 
 
YOSHI@
YOSHI@

お店の雰囲気(内装)も素敵でオススメ出来るポイントの1つです。天井のステンドグラスや壁のポスターや新聞など凄く味があります。

 


<ステンドグラス>

 

<壁のポスターや新聞>

 

 

 
お店の1番オススメの飲み物はギネスビールで「街で飲む最高のギネスビールが飲める場所」としてネットなどに掲載される程、ギネスビールをオススメしています。お店一押しという事もあり、多くのお客さんがギネスビールを片手に友達・家族と会話を楽しんでいる姿が印象的です。
 
 
 
 
 
 
 
YOSHI@
YOSHI@

シティーセンターで、歴史があり美味しいギネスビールと会話を楽しむのにこのお店はおススメです。

 

 

 

 

-The Palace Bar-

アドレス:21 Fleet St, Temple Bar, Dublin 2, アイルランド
電話番号:+35316717388
営業時間:10:30-23:30(月~木)/ 10:30-0:30(金・土)/ 12:30-23:30(日)
ホームページ:https://www.facebook.com/ThePalaceBar/

 
 

〇 創業200年以上、歴史上の人物も愛したPub “Mulligan’s”

ブリンシティーセンター、Dartと呼ばれる電車のTara Station(タラ駅)から歩いてすぐの場所にあるお店。

 

 

<お店の外観の様子>

 

<店内の様子>

 

 

シティーセンターの中でも比較的観光客があまり訪れないエリア+大通りから1本中通りに入った場所にお店がある為、基本的には現地のアイリッシュお客さんが多い印象があります。

 

 

 

このMulligan’sは1782年創業の既に200年以上も続いている凄く老舗のPubです。このPubは「ダブリンのPub以上のものでアイルランドの文化的象徴」だと語られることもあるそうです。
1950年代には、その当時まだ新聞のジャーナリストでマサチューセッツ州の上院議員になる直前だった、第35代アメリカ大統領のジョン・F・ケネディも訪れた事がある歴史・知名度共にあるPubです。
 
 
 
 
YOSHI@
YOSHI@

お店の凄く古い感じが味があり素敵で僕は好きです。

 

 

 

ギネスビール €5.4(日本円:約670円)
ギネスビールをここでも注文。若干苦みがあるものの、泡が凄くクリーミーで他のPubとはまた違った新しい味のギネスを感じることが出来ました。1杯をゆったりと飲み歴史を感じるお店の雰囲気に癒されながら、約1時間半程お店に滞在させて頂きました。

 

 

 

YOSHI@
YOSHI@

ジョン・F・ケネディさんもこのPubの雰囲気と美味しいギネスビールを飲んでたのかな?とイメージしながら飲むお酒は凄く贅沢で楽しい時間となる事間違いないです。

 

 

 

 

-Mulligan's-

アドレス:8 Poolbeg St, Dublin, DO2TK71 アイルランド
電話番号:+35316775582
営業時間:12:00-23:30(月~木)/ 11:00-0:30(金)/ 11:30-0:30(土)/ 12:30-23:00(日)
ホームページ:https://mulligans.ie/

 

 

〇 アイルランドで1番美味しいギネスビールが飲めるお店?"John Kavanagh The Gravediggers"

ブリン北部エリアにあるGlasnevin Cemetery(グラスネビン墓地)と呼ばれる有名な墓地や、National Botanic Gardensから徒歩10分程度で行くことの出来る距離にあるお店。

 

 

<お店の外観の様子:出典 https://www.facebook.com/JohnKavanaghTheGravediggers/

 

<店内の様子:出典 https://www.loveirishpubs.com/index.php/blog/63-irish-pub-style-gravediggers

 

 

 

お客さんの99%はアイリッシュのお客さんで、場所も少しダブリン市内中心から距離があるという事もあり、ほとんど観光客の方のいない超ローカルを味わえるPubです。

 

 

このお店の創業は1833年と言われていて、設立者のジョンさんは当時ホテルを経営していた義理の父からお店をプレゼントされたことをきっかけにお店をスタート。その後180年以上の経過した現在も当時の形をほとんど変えず、現在の7代目のオーナに引き継がれています
お店全体的には凄く古く歴史を感じることが出来ます。また、1900年代を舞台とした映画の撮影などにもこの”John Kavanagh”を撮影場所として利用されたことが何度もあるそうです。
 
 
 
YOSHI@
YOSHI@

過去には男女でお店への入り口が分かれていた時代もあったようで、現在でもその分かれた入り口が残されていたりとアイルランドの歴史を強く感じることの出来るお店です。(現在は男女入り口は同じです)

 

 

 

・ギネスビール €4.8(日本円:約560円)
このお店で出会ってお話をさせていただいた多くのアイルランド人から「このPubのギネスがダブリンで一番美味しい」とお墨付きをいただいている程、みんなに愛されるギネスビールを提供しているお店。(ビールの値段も凄く安いです)
言葉で表すが難しい、丁度いい泡の堅さ加減とビールの苦みで、「ゴクゴクと飲めるし」「話をしながらゆったりも飲める」味でした。

 

 

 

YOSHI@
YOSHI@

ほぼアイリッシュのお客さんしかいないお店でありますが、凄く親切でお話好きなお客さんが多く、これまで3回ほどお店を訪れましたが3回全てお店でビールを飲んでいるアイリッシュのお客さんと関わることが出来ました。そのため、アイルランド人の方と交流したい方にも凄くおススメなお店です。

 

 

 

 

 

-John Kavanagh The Gravediggers-

アドレス:1 Prospect Square, Glasnevin, Dublin, D09 CF72 アイルランド
電話番号:+353872963713
営業時間:10:30-23:00(月~木)/ 10:30-0:00(金・土)/ 12:30-23:00(日)
ホームページ:https://www.facebook.com/JohnKavanaghTheGravediggers/

 

 

〇 僕が何度も通った1番のお気に入りPub”The Bankers Bar”

ブリンシティーセンタ、観光でも人気のテンプルバーエリアから大通りを挟んだ向かい側のブロックにあるお店。

 

 

<お店の外観の様子>

 

<店内の様子>

 

 

お店は繁華街にありながらも凄く落ち着いた雰囲気が人気のPubで、週末は多くのお客さんで賑わっていますが、平日だとそこまで混んでいることも少ないので、落ち着いてお酒を飲みたい方はぜひ平日に行かれてみてください。

 

 

 

YOSHI@
YOSHI@

僕がダブリンで1,2を争うほど好きなPubで、アイルランドに滞在中には何度もお店に行かせて頂きました。

 

 

 

・アイリッシュコーヒー  €7(日本円:約870円)
僕の1番のオススメはアイリッシュコーヒーと呼ばれる「ウイスキーにコーヒー」を混ぜた飲み物です。アイルランドの定番なアルコールなのですが、このお店のものが僕は1番美味しいなと感じました。

 

 

 

 

YOSHI@
YOSHI@

アイリッシュコーヒーを注文すると、凄く味のあるお店のマスターが優しい顔で美味しいアイリッシュコーヒーを作ってくれる姿も凄く印象的です。

 

 

YOSHI@
YOSHI@

アイリッシュコーヒー以外にもギネスビールはもちろん、ホットウイスキーやグリーンビールと呼ばれる緑色のビールなど美味しくて個性豊かな飲み物も飲むことが出来ますので、落ち着いた素敵なお店の雰囲気と共に楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

-The Bankers Bar-

アドレス:Trinity St, Dublin, D02 A440 アイルランド
電話番号:+35316793697
営業時間:10:30-23:30(月~木)/ 10:30-1:30(金)/ 10:30-0:30(土)/ 12:30-23:00(日)
ホームページ:https://thebankersbar.ie/

 

2:古き良きアイリッシュPubを楽しみながら、もっとアイルランドを好きになろう

回は「昔ながらのアイリッシュPubの雰囲気が味わえるお店」についてお話させて頂きました。

 

 

YOSHI@
YOSHI@

いかがだったでしょうか?

 

 

アイルランドには星の数ほどのPubが存在し(大げさではないです笑)、それぞれのPubにそれぞれの個性があって凄く面白いです。その中でも今回ご紹介させて頂いたような歴史のあるPubではお店の雰囲気などからアイルランドの歴史を感じることが出来るような気がします。

 

 

YOSHI@
YOSHI@

古き良きという言葉が凄くぴったりなPubでその素敵な雰囲気と、美味しいビールを飲みながら過ごす時間は凄く贅沢で、僕のアイルランド生活の中でも凄く大切な思い出の1つです。

 

 

 

アイルランドにせっかく来たのなら、古き良きアイリッシュPubの雰囲気と美味しいビールをぜひ味わてみてはいかがでしょうか?楽しいアイルランドでの時間を過ごせる事間違いないです。

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が『面白かったな』『役に立ったな』と思った方は是非SNSでのシェアお願いします。

 

それでは
YOSHI@

 

スポンサーリンク

-Ireland(アイルランド), Trip Trip -旅行の話-, ヨーロッパ旅行

© 2021 EVERY DAY IS A NEW DAY Powered by AFFINGER5