Ireland(アイルランド)

【ヨーロッパ】アイルランド:年に1度の街中がアートなイベントで盛り上がる”Dublin Culture Night”に参加してきました!

スポンサーリンク

YOSHI@
YOSHI@

んにちは。YOSHI@です!
この記事は「アイルランド情報を知りたい方」「アイルランドで毎年開催されるCulture Nightについて知りたい方」への記事となっています。

 

今回は”アイルランド情報”ということで、アイルランドで毎年開催されているイベント「Culture Night」と呼ばれるイベントに参加してきたので、皆さんに共有していきたいと思います。

このイベントは、年に1度行われているイベントらしいのですが...
アイルランド内の色々な都市で開催されていて、その日1日街中がいろいろな芸術的なイベントが盛り上がる面白いイベントでしたので、ぜひ最後までお付き合いください。

 

YOSHI@
YOSHI@

そんなCulture Nightの様子を出来る限りご紹介していきたいと思いますので、ぜひ最後までお付き合いください。

 

▼ブログ本文に行く前に、是非☟のボタンをクリックお願いします(ランキングに参加中)△
ブログランキング・にほんブログ村へ

1:年に1度の街中がアートなイベントで盛り上がる”Dublin Culture Night”に参加してきました!

はさっそくですが、今回ご紹介させて頂くアイルランドで年に1度行われるイベント”Culture Night"についてお話をしていきたいと思います。

このイベントなのですが、アイルランドで毎年開催されているイベントで…

文化・創造性・芸術を祝うという理由のもとで毎年アイルランドの全島で開催されているイベントだそうで、元々は2006年に首都のダブリンのみで行われた小規模な文化イベントから派生し現在のアイルランド全島で開催されるほどの大きなイベントへと成長したようです。2019年の今年で15年目を迎えるイベントとなっていて、その日のみ博物館や美術館などの施設を始め、カフェやPubなどの場所、大学、スポーツクラブなど様々な場所で開館時間が延長されたり、ユニークなワークショップやイベントが無料で開催されています。
 
通常なら入場料を支払って見学することの出来る施設も、なんとこのCulture Nightの日のみは無料で入れたりします。
 
Culture Nightの当日の夕方からは街のいたるところで、音楽を演奏していたり、路上でパフォーマンスする人が居たり、またそれを見学する多くの方で賑わっていました。
 
 
YOSHI@
YOSHI@

せっかくアイルランドの大きなイベントの日に居合わせたなら…と思い僕もいくつか芸術鑑賞を行ってきました!

※また今年(Culture Night 2019)の公式ホームページをご参考にどうぞ。
 

海外行くなら!イモトのWiFi

2:街のいたる所が芸術イベントで盛り上がる

っくりとですが、”Culture Night”についてお話させて頂いたので、次に「実際のイベントの様子など」をご紹介していきたいと思います。

この”Culture Night”というイベントなのですが、場所にもよるかと思いますが、多くの場所でイベントがスタートするのが夕方(5:30頃から)からで、アイルランド(僕はダブリン)の美術館・博物館・カフェやレストランなど、街のいたるところで催しものが開催されます。

 

YOSHI@
YOSHI@

一つの場所でイベントが行われるわけではなく、いろいろな施設でいろいろな催し物が行われるため、あらかじめ公式のホームページや、街で配られているパンフレットでどこの場所で何時からイベントをやっているという事を調べて、それを見自分の興味のある場所へ行ってイベント参加する感じのイベントです。

 

<こういった☝パンフレットを街中でゲットできます>

 

YOSHI@
YOSHI@

特定の場所(公園など)でイベントが行われているという感じでは無く、街全体がイベント広場になっているというイメージを持っていただけると良いと思います。

 

YOSHI@
YOSHI@

ただ、☝のような情報についてほとんど何も知らなかった僕(友達も同行)...
※結構大きなイベントであるにも関わらずほとんど宣伝などがされていなかったアイルランド。なので当日までこのイベントがある事も知らなかった僕でした。

 

YOSHI@
YOSHI@

ノープランで「どこに行けばいいかも分からず」街をぶらぶらと散策しまくりました。

 

ノープランでとりあえず街中で行われているイベントを散策することとなったのですがその中で...

 

 

普段開いているのか?開いていないのか?分からないようなギャラリーに入って作品を鑑賞してみたり、銅板で作る版画の様なワークショップを見学したり(写真撮り忘れました。)

 

 

YOSHI@
YOSHI@

現代アートのギャラリーで謎の作品を見て???になったりしながら芸術鑑賞を楽しみました(笑)

 

 

見学に行ったギャラリーの階段(らせん)が綺麗だったので思わず写真を撮りました。またグランフトンストリートと呼ばれる有名な通りにある有名なカフェでは…

 

 

劇という名の、一人でスプリプト(台本)を読むイベントや歌のリサイタルなども開かれていました。

 

YOSHI@
YOSHI@

カフェでこんな体験が出来るとは思っていなかったので凄く良い経験になりました。(因みにスクリプトの9割何言ってるか分かりませんでした(笑))

 

その後は... トリニティー大学構内にある化学博物館的な所を見学に行ってみると…

 

 

色々な形をしたパプリカが展示されていたり(おそらく農薬や遺伝子操作をしなかったら形がいびつな野菜も生まれてくるよ)という事が説明したかったんだと思います。

 

 

顔のパーツを全て均等にされた「美しい顔」というテーマで展示されていたロボットの顔。(小顔で顔は整っていましたが美しいのかどうかは不明?)

 

YOSHI@
YOSHI@

☝こういった感じで、音楽・芸術・科学・スポーツなども含め色々文化的なイベントが楽しめるイベントでした。夕方から開催されるこのイベントですが、遅いところだと12時ごろまでイベントを開いている場所もあったりしました。(大体は10時頃まで)

 

また場所によっては(特に普段有料で見学できる施設)、入場するのに長蛇の列を作っている場所もあったり、この日だけ限定で入れる場所もあらかじめインターネットで予約が必要であったりと、事前に情報を仕入れておくともっと楽しくイベントを回ることが出来るかと思いますので…

 

YOSHI@
YOSHI@

来年のこの時期アイルランドに滞在予定のある方は是非事前にインターネット等でチェックすることをオススメします!

 

何の情報が無くて行ったとしても凄く楽しめたイベントでした。日本では町・国が同時期に芸術イベントを開催するなんてない事だと思ったし、さすがヨーロッパ凄く人々と芸術が身近にある結び付いているなと感じた日でした。

 

YOSHI@
YOSHI@

また機会があれば参加したいアイルランドのイベントの一つになりました。

 

今回は”アイルランド情報”ということで、年に1度アイルランド全島で毎年開催される「Culture Night」と呼ばれる芸術などをメインに街中が盛り上がるイベントについてお話をさせて頂きました。この記事が少しでも読んで頂いた方のお役に立てていれば幸いです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が『面白かったな』『役に立ったな』と思った方は是非SNSでのシェアお願いします。

 

△アイルランドへの旅行・滞在がより充実する本を片手に旅に出かけてみませんか?▼

それでは
YOSHI@

 

世界には僕らが知らない世界が広がっています。
ちょっと日本から出てみて新しい景色や雰囲気を味わってみませんか?
海外格安航空券の最安値検索なら スカイチケット! 』 ならあなたの行きたい場所・見たい景色へと繋げてくれます。さぁ旅に出かけてみよう!

スポンサーリンク

-Ireland(アイルランド)

© 2021 EVERY DAY IS A NEW DAY Powered by AFFINGER5