YOSHI@のヒトリゴト

【アフリカ】タンザニア:アフリカ最高峰”キリマンジャロ”に、富士山も上ったことないのに挑戦するお話。パート①(準備編)

スポンサーリンク

YOSHI@
YOSHI@

んにちは。YOSHI@です!
この記事は「タンザニア旅行情報をお探しの方」「アフリカ最高峰の山キリマンジャロ登山に挑戦してみたい方」にぜひ読んで頂きたい記事となっています。

 

今回はエチオピア隊員時代のお話ではありますが...エチオピアの事では無く、任国外旅行で行ったタンザニアのお話についてご紹介していきます。

 

なぜタンザニアに旅行に行ったのか?どんな目的があったのか?などについては別記事『【青年海外協力隊】同じアフリカでも全く違う!?各国で頑張る同期と”久々の再開”東アフリカ、タンザニアに任国外旅行に行ってきました!』をぜひご覧ください。

 

前回お話させて頂いた記事では... 世界に散らばって活動をしている同期隊員で集合をするため、タンザニアにあるザンジバル島に行ってきました。というお話をさせて頂きましたが…

 

YOSHI@
YOSHI@

僕がタンザニアに旅行に行ったのには2つの目的がありました。

 

1つ目がザンジバル島へ行く事

 

YOSHI@
YOSHI@

そして2つ目が…
アフリカで一番高い山”キリマンジャロ”に登ることでした。

 

なんと!皆さん一度はTV等で聞いたことがあるかも知れないキリマンジャロという山、実は世界の名だたる高い山の中でも素人でも登ることが出来る山の一つなのです。因みに標高5,890mと言われていて、日本代表 富士山(3,776m)を余裕で超える高さとなっています。

 

そんな高い山 キリマンジェロ登山に挑戦することに・・・

YOSHI@
YOSHI@

ただ僕富士山すら登った無いんですが(笑)今までで登山で一番高い山は滋賀県にあります 武奈ヶ岳(1,214m)の登山のみ!そんな登山ど素人が挑戦した、登山をご紹介したいと思います。

 

ただキリマンジャロ登山は1泊2日などで登ることができず、上り降りの全てを含め約1週間程度かかる長旅でした。その為この「キリマンジャロ登山のお話」に関しては、(準備編)(登山開始編)などといくつかに記事を分けてお話をしていきたいと思っています。

 

YOSHI@
YOSHI@

そして今回は(準備編)という事で、キリマンジャロ登山までの準備・用意したことなどについて詳しくお話をしていきたいと思いますので、最後までぜひお付き合いください。

 

▼ブログ本文に行く前に、是非☟のボタンをクリックお願いします(ランキングに参加中)△
ブログランキング・にほんブログ村へ

1:アフリカ最高峰”キリマンジャロ”に、富士山も上ったことないのに挑戦するお話。

は始めに「なぜキリマンジャロに登ってみようと思ったのか?」という事をざっくりではありますがお話させて頂きたいと思います。

 

YOSHI@
YOSHI@

日本で一番高い山 富士山すら登ったことのない僕が「なぜキリマンジャロに挑戦」しようと思ったのか・・・

 

 

単純に”登ってみたかったから” 

 

という事と、当時青年海外協力隊として生活していたエチオピアで活動する隊員同士で...「 登ってみたくない?」となり登る事となりました。

 

YOSHI@
YOSHI@

登山をされている方からすると「山をなめるな!」と一喝されてもおかしくない薄ーい理由でしたが、日本に帰国した後はなかなかタンザニアにすら行く事も難しいので、距離が近い”今がチャンス”だという事で登る事を決意しました!

2:実際、登るにはどんな準備が必要なのか?

いノリで登山を決意した僕を含むエチオピア隊員の6人でしたが、キリマンジャロ登山をするにあたって、いくつか準備が必要なのでそちらを共有していきたいと思います。

 

YOSHI@
YOSHI@

☝とはいったものの準備も凄く沢山あるわけでは無く、大きく2つの準備が必要です。

 

〇 VISA

ず最初に紹介するものはVISAについてです。キリマンジャロに登る時だけではなく...ザンジバル島などタンザニアに入国する際にはVISAが必要となります。

 

YOSHI@
YOSHI@

アライバルVISA(現地で調達)も出来るようですが、僕たち協力隊員は公用パスポート(オフィシャルパスポート)を利用している為、アライバルVISAが取得できないとか…というわけでエチオピアの在タンザニア大使館でVISAを前もって取得してタンザニアに入国しました。

 

因みに公用パスポートを持っているとVISA取得に関わる費用がかからない事がほとんどで、普通パスポートならVISA取得に$50程度かかるらしいのですが、無料でVISAを取得することが出来ました。(事前の申請とかは少しめんどくさかったですが)

 

もしもタンザニアへ旅行を考えていらしゃる方は、事前に日本の在タンザニア大使館などに問合せしてみると良いかと思います。

 

〇 キリマンジャロ登山のガイド予約

2つ目にご紹介する準備は...キリマンジャロ登山の際のガイドの予約です。キリマンジャロに登る際にはガイドの確保が必須となっていますので、ガイドの申請を行いました。まずなぜガイドが必要なのか?という事を簡単に説明させて頂くと、”どう登っていいか分からない” という事と...

 

ガイドを確保する= 
ポーター(荷物を運んでくれる人)やその他スタッフ(料理作る人など)を確保することとなります。

 

キリマンジャロ登山に掛かる日数は早いコースで4泊5日、つまり山で寝泊まりを数日しなければいけません。その間の食料を始めとするその他必要品を運んでくれたり、料理を作ってくれたりしてくれる人の確保も必須となります。

 

YOSHI@
YOSHI@

その為、素人でも登れる山だからと言って、散歩の様な感覚では登れません!

インターネットで「キリマンジャロ」「ガイド」などとキーワード検索して頂くと分かるのですが、ガイドをしている会社は凄い数あります。

 

そしてコース(日数、登山ルート)や値段の選択肢も沢山あります。おそらく日本からもツアー等を出しているかと思います。ただ、比較してみると日本の仲介会社を通すと凄く費用がかかります。ただ、日本語が通じるという面などの安心という面では心強いかと思います。

 

YOSHI@
YOSHI@

ただ、僕らの場合は数あるガイド会社を吟味し一つのタンザニアで経営している会社を選択しました。

因みに:☝の会社を利用してキリマンジャロ登山に行ってきました。ご参考にどうぞ!

 

ツアー会社のHPをいくつか見ているとわかるかと思いますが、「日数」「登山のルート」など行くとも選択肢があります。予約する際にどの日数・ルートを選べばいいか?と悩みましたが...

 

日程としては5泊6日で、マラングルートと呼ばれる比較的
初心者向けのルート(山小屋が各ポイントにある)を選択しました。

 

気になる費用ですが、一番安いプランが日本円で13万円程度でした。ただ、含まれる内容に不安があったため、2番目に安いプラン 日本円で15万円程度のプランを選ぶこととなりました。(2017年)

 

YOSHI@
YOSHI@

15万円というと凄く高いという印象を持たれるかもしれませんが、この15万円にはガイド料などは勿論のこと、キリマンジャロへの入山料を始め、6日間必要となる食費やその他掛かる経費なども含まれていました。(登山前後のホテル代なども込み)なので、妥当なのかな?という気がします。

 

ただ、探せばもう少し安い会社やプランもあるかと思います。また逆に言うともっと高いプラン(20万、30万円)をありました。高いプランについてはお金ということ以外特に問題はないと思いますが…

安すぎるものに対しては「本当に大丈夫なのか?」とか感じてしまいますし、せっかく登るなら安全に良い思い出を残したいという思いがあったため、出せる費用の限界を選択しました。

 

YOSHI@
YOSHI@

お金を出せば良いとも限らないのですが、その辺は自身で調べてもらい会社とやり取りをしながらガイド会社を決めて頂ければと思います。

 

〇 その他準備が必要なもの

VISAとガイド会社についてここまでお話をさせていただきましたが...正直なところVISAと登山ガイドの予約さえしてしまえばキリマンジャロ登山の準備はほぼOKです。

 

その他 ”登山用具とかどうするの?"

 

と疑問に思った方もいらっしゃるかと思いますが、実はほとんどのガイド会社でレンタルが可能です。もしくは選択したプランによっては登山用具のすべてが含まれていることもあり、基本的には登山の為に用品等を購入などしなくても大丈夫です。

 

YOSHI@
YOSHI@

本当に自分自身の物を使いたいものだけを持っていけばいいのです。

 

その為、僕もトレッキングシューズや簡単な防寒着やレインコートだけは持っていきましたが、その他必要な用品は現地でレンタルしました。費用としては15アイテム程度レンタルしましたが、登山全日程で1万円もしない程度の費用で済みました。(レンタル会社による)

 

<必要な道具をガイド会社にて調達中>

 

それ以外で準備してて頂きたいのが、最後にガイドさんなどスタッフに渡すチップです。日本にはチップ文化がないのでややこしく感じてしまうのですが、15万円のプランを選んだからと言ってチップは別だったりします(チップも最初から含まれているプランもあるようです)

なので、役職(ガイド・ポーター・コック)によって相場があるのですが、それを渡してあげる必要がありました。ただ、あくまでチップなので必ずしも相場相当を上げる必要は無いかと思いますが(揉める可能性あり)、スタッフさんの頑張りを見てあげてそれ相当のチップを渡せるようにお金を用意しておくことをお勧めします。

 

YOSHI@
YOSHI@

最後の最後にお金のことでもめるのは凄く嫌なので、かといってあくまで僕らの満足度に対してのチップでもある為、そこは実際に登山をすべて終えられてから考えればいいかと思います。

 

ざっくりではありますが、以上のものがキリマンジャロ登山に挑戦する際に僕が実際に準備した事・物でした!

 

3:登山開始までの流れをざっくりと紹介!

リマンジャロ登山に挑戦するために必要なことなどについてお話をさせていただいたので、ざっくりとした登山開始までの流れをお話していきたいと思います。

 

事前に準備するもの:VISA / ガイドの予約

登山前日にタンザニア(モシ空港)に到着し、1泊を過ごす

登山当日は(朝)ツアー会社で登山の説明・持ち物のレンタルなどを行う / (午後)登山開始

☝のような流れになっていました。
 
 
YOSHI@
YOSHI@

僕らが予約したツアーの内容には、「最寄りの空港からの送迎」「登山前後のホテルの宿泊費」なども含まれていました!

 

 
<空港で出迎えてくれたおじさんと記念撮影>
 
<登山前後に宿泊したホテルの部屋。久しぶりにちゃんとしたホテルに泊りました>
 
 
また登山当日は、朝からガイドさんがホテルまで迎えに来てくれ一緒にガイド会社に行き、簡単なオリエンテーションを受けた後に持ち物の確認(レンタル)などの作業を行いました(約2時間ほど...)
 
 
その後は実際にキリマンジャロの登山口に車で移動し...
 
<登山前という事で、みんなテンション高め笑>
 
<僕らの荷物などを運んでくれるスタッフの皆さんも一緒に登山口に出発>
 
登山口に到着後は、用意されたお昼ご飯をみんなで食べ少し休憩をして、これから始まる長い登山に向けて準備をしました。
 
 
<お昼の様子>
 
<キリマンジャロの模型の頂上に登る為の気合を注入>
 
以上のような流れで、僕らはキリマンジャロ登山を開始することとなりました。果たして富士山すら上ったことのない僕が、アフリカ最高峰のキリマンジャロに無事登頂することができたのかどうか?というお話はまた今後更新する予定の記事をぜひご覧いただければと思います。
 
今回は、「アフリカ最高峰キリマンジャロ登山(準備編)」ということでキリマンジャロ登山をする前に必要な準備などについてお話をさせていただきました。この記事が少しでも読んで頂いた方のお役に立てていれば幸いです。
 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が『面白ったな』『役に立ったな』と思った方は是非SNSでのシェアお願いします。

 

△タンザニアの旅行をより充実させる本を片手に旅に出かけませんか?▼

それでは
YOSHI@

 

世界には僕らが知らない世界が広がっています。
ちょっと日本から出てみて新しい景色や雰囲気を味わってみませんか?
海外格安航空券の最安値検索なら スカイチケット! 』 ならあなたの行きたい場所・見たい景色へと繋げてくれます。さぁ旅に出かけてみよう!

 

スポンサーリンク

-YOSHI@のヒトリゴト

© 2021 EVERY DAY IS A NEW DAY Powered by AFFINGER5