青年海外協力隊の話

【青年海外協力隊】カンボジア水泳連盟として初となる水泳合宿が行われました。【協力隊経験談】

スポンサーリンク

YOSHI@
YOSHI@

こんにちは。YOSHI@です!
この記事は「青年海外協力隊の活動について気になる方」「カンボジアで初めて行われた水泳合宿の様子を知りたい方」にぜひ読んでいただきたい記事となっています。

 

 

今回は”青年海外協力隊の話”ということで、「カンボジアの水泳連盟が初めて開催することになった水泳合宿」についてお話したいと思います。

 

 

 

【僕の情報】

Twitter(@yoshiswim05

大学(びわこ成蹊スポーツ大学)卒業後 ▷ 教員として勤務 ▷ 青年海外協力隊、アイルランドへワーキングホリデーなど計3年半の海外生活を経験した後、地元沖縄にて水泳のインストラクターとして働きながらブログを運営しています。
 
 
 
元々この合宿は2015年から2年間、首都プノンペンの水泳隊員として活動を行っていた協力隊員の方が、提案をし続けたことにより開催されることになった合宿で、カンボジア水泳連盟として初開催の水泳合宿でした。今回は、合宿が行われた経緯や感想などをご紹介したいと思います。
 
 
 
-関連記事-
 
 
▼ブログ本文に行く前に、是非☟のボタンをクリックお願いします(ランキングに参加中)△
にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ  

カンボジア水泳連盟として初となる水泳合宿が行われました。

ンボジア水泳連盟として初となる水泳合宿の経緯や・様子などを以下にご紹介させて頂きます。

 

1:合宿が行われることになった経緯とは?

の合宿が行われた経緯:

2015年からカンボジアの首都プノンペンで活動を行っていた水泳隊員の方が、赴任当初から水泳連盟に強く要望を行った事で開催されることが決定した合宿。

しかし2015年当時、水泳連盟側としては予算の問題等の理由からなかなか要望に応じてくれることはありませんでしたが、その後も何度もアプローチを続けた結果。2018年にようやく合宿の初開催れることとなりました。

 

※2015年から2018年という約3年の月日が合宿が行われるまでに経過してしたため、残念なことにずっと水泳連盟に合宿の開催を要望していた隊員さんはすでに任期を終え、結果的に合宿の参加はできませんでした。

 

 
 
YOSHI@
YOSHI@

そのため、僕は協力隊としてこの合宿の提案などは一切しておらず、「通りかかった船に乗った」という言葉がピッタリな状態で、「ただ合宿のお手伝いをする」というポジションでした。

 

 
 
カンボジア水泳連盟として初開催の水泳合宿に参加できたことは凄く嬉しい事には変わりなく、ずっと提案・計画をしてくれた水泳隊員さんに凄く感謝しています。
 

<合宿開催時の写真>

 

 

2:合宿の詳細

宿の詳細:

カンボジアナショナルチームと呼ばれる国の代表選手たちとユース世代の代表選手が対象の合宿。

合宿開催地が僕が活動の拠点としていKampong Chamのプールであったため、僕が指導を行っていた水泳選手たちも参加が許可され、総勢30名ほどの選手たち3泊4日の期間でで行われました。

 

 


<Kampong Chamのプールの地図>

 

 

3:合宿の様子

は実際に行われた合宿の様子を以下の画像なども踏まえご紹介します。

 

 


<水中練習の様子>

朝練・午後練の2回練習のトレーニングで、1日トータル1万メートル程度を泳ぎしっかり水中でのトレーニングを行う事が出来ました。

 

 

<陸上トレーニングの様子>

水中練習に加え、陸上でのトレーニング(補強トレーニングが主)も行いました。炎天下のカンボジアの気候の中で選手もコーチも汗を大量にかきながら頑張りました。

 

 

<夜の様子>

1日の終了後には、ミーティング+ちょっとした勉強会なども行い、選手同士でペアストレッチなども行いました。

 

 

選手同士での衣食住を共にする生活や、首都プノンペンとコンポンチャムの選手たちとの交流など、普段あまりできない経験が多くできた合宿であったのではないかと感じます。

 

 

4:選手たちの反応

ンボジア水泳連盟として初開催となる水泳合宿でしたが、「成功」であったのではないのかな?と僕は感じます。

 

 

【理由】:

合宿の内容もそうですが、選手たちの反応が「凄く楽しそうにしているな」という印象を強く感じたため。

多くの選手と衣食住を共にする経験・水泳の練習がメインとなる生活をあまり送ったことのない選手も多かったためか、少し修学旅行の様な気分で参加している選手もいましたが、笑顔が沢山みられたことに選手・コーチ共に満足できるものとなりました。

 

 

また練習の方も通常の練習よりも、距離も内容も厳しいものが多かった+カンボジアの強い日差しが照る中ではありましたが、集中力を切らすことなく頑張って取り組んでいたと思います。日本の合宿でもそうですが、合宿開始時と終了時では選手の肌の色が真っ黒に日焼けをしていました。

 

 

この合宿でまた一つ水泳選手としての自信をつけたのではないかと感じます。

 

 

 

YOSHI@
YOSHI@

合宿最終日には日本では絶対にありえないプールサイドBBQなのども開催され、日本のしっかりとした合宿と、カンボジアらしさが合わさったカンボジア流の水泳合宿が開催できたと僕個人的は感じています。

 

<プールサイドBBQの様子>

 

【番外編】合宿に参加したコンポンチャムの選手たちの反応は?

ンボジアの代表選手やユース代表チームの為に今回初開催されることとなった水泳合宿ですが、開催地が僕の拠点のコンポンチャムで行われるという事で、「僕が指導するコンポンチャムの選手たち」も合宿に参加をすることが出来ました。

 

 

【コンポンチャムの選手の様子】:

首都の代表チームとの練習という事もあり、もともとシャイな性格が多いコンポンチャムの選手たちですがより消極的になっている印象。また首都プノンペンの選手との圧倒的な経験不足や意識の低さが感じらました。(おそらくプノンペンの選手たちと練習するのが嫌だったのではないか?と感じられるほど)

 

 

普段の練習で「手を抜くことが当たり前」「努力することを嫌がる」選手が多いコンポンチャムの選手たちなので意識の違いが大きいことは当たり前です。

3泊4日間「誰1人として手を抜いたり、努力をしない選手のいないプノンペンの選手たち」の状況を目の前で見てもらい、何か感じて欲しいなと感じていたので、それを彼らに感じて欲しいと僕は思っていたため、今回コンポンチャムの選手たちを合宿に参加させることが出来て本当に良かったと感じています。

 

 

 

YOSHI@
YOSHI@

僕的にこの合宿に参加が許されてラッキーと思っていました(笑)

 

 

 

単純にプノンペンの選手に遠慮して積極的な行動が出来ない選手の姿も多くみられ、「自分たちの殻を破らせる」ことも今後の課題の1つになりました。

 

 

 

YOSHI@
YOSHI@

課題もたくさん見つかり、またコンポンチャムの選手たちをまた1つ知ることが出来たと感じる今回の水泳合宿の参加でした。
なかなか経験できないことだと思いますので、水泳だけでは無く彼らの人生の経験としても凄く価値のある時間であったのではないか?と僕は感じています。

 

 

 

-合宿後のエピソード-
合宿が終わって最初の練習(コンポンチャムの選手だけになった)の際、いつもだったら練習メニューを説明すると嫌そうな顔をすることが多いのですが、安堵感の表情や「これだけでいいの?」(合宿前の普段より少し多めのメニューでしたが)と質問を僕に投げかけ、「合宿はしんどかった。」と言葉を漏らしていました。

 

 

 

国として団結力・競技力を高める活動

回は、「カンボジアの水泳連盟が初めて開催することになった水泳合宿」についてお話させて頂きました。

 

 

YOSHI@
YOSHI@

いかがだったでしょうか?

 

 

元々青年海外協力隊の水泳隊員の方が提案・企画を水泳連盟に行ったことで、開催されることになった水泳合宿ですが、今回の結果から水泳連盟としても「これから先も継続的な開催を行いたい」と感じて頂いたみたいです。

 

 

何よりも選手たちが水泳に真剣に向き合いながら、1つのチームとして楽しそうに頑張る姿を多くみられたことはこの合宿を開催した大きな結果であり、選手たちのモチベショーンアップに大きく繋がったと感じます。

 

 
 
まだまだ国として水泳の競技力は凄く低いカンボジアではありますが、カンボジアらしさをしっかり残したまま、団結力・競技力を向上していけるよう選手たち・指導者たちのサポートを協力隊として頑張っていきたいなと改めて感じる機会となりました。
 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が『面白かったな』『役に立ったな』と思った方は是非SNSでのシェアお願いします。

 

それでは
YOSHI@

スポンサーリンク

-青年海外協力隊の話

© 2021 EVERY DAY IS A NEW DAY Powered by AFFINGER5