【協力隊生活】カンボジア水泳隊員の日常の様子とは?

青年海外協力隊の話

んにちは。YOSHI@です!

 

今回はカンボジアの活動について、「僕の普段の生活」についてお話していきたいと思います! 僕の場合、水泳を教える事に特化した協力隊員なので、話の中に他の職種の方の例も入れながらお話していければと思います。

 

1:人によって全然違う協力隊の生活

力隊と言っても、沢山の職種の協力隊員の方がいます。(教育系・医療系・スポーツ等:興味のある方は「協力隊 職種」で検索してみてください。)

また派遣される国もアフリカ・アジア・南米・太平洋州など様々な場所がある為、その土地の文化などでも結構生活が異なってきたりします。

 

僕の場合:「水泳を教える」という事に特化された隊員なので、水泳の練習時間に活動が出来れば、特に問題がありません。つまり、水泳の練習時間外は基本フリーな時間。ゆっくり休むのも良し、事務作業するのも良し、勉強するのも良し的な感じです。

 

学校で働く隊員さんの場合:全員が全員そうでは無いですが、例えば、朝の朝礼から、夕方の下校時刻まで配属先で授業するなり、事務作業するなりと1日をフルに活動に充てている方が多い気がします。(人・場所によっては、自分の授業だけ活動をするという隊員さんもいます)

 

つまり、協力隊員の生活って日本の社会の様に朝何時から夕方何時までという感じで隊員全員が共通した時間で働いてるわけではなく、配属される場所・配属される国・配属先の人によってもだいぶ異なってきます。

 

2:僕の具体的な1日のスケジュール

に、僕の基本的な1日のスケージュールをご紹介したいと思います。

-午前-

04:30         起床

05:15~6:30    Youth チーム 朝練

06:30~7:00    朝ごはん

07:00~11:00    自由時間①(事務作業・勉強)

11:00~12:00    お昼ご飯

-午後-

12:00~16:30   自由時間②(事務作業・勉強)

16:45~17:30   Kids チーム練習

17:45~19:30   Youthチーム練習

19:45~20:15   夕食

21:00頃       就寝

 

という感じが普段の僕の生活です。特に変わってるところと言えば、

”朝が早い”という事ですかね。。。

 

その理由としては、僕の選手達が基本的には学生であり、カンボジアの学校の殆どが朝7時から始まるそうで、6時半までには練習を終わらさないといけない!という事から、朝練が朝5時半には始めるという感じになっています。

 

僕が思うにこんなにも朝早くから活動している協力隊員は世界中で僕一人じゃないかな。と思います(笑)

あと、合間の”自由時間の長さ”も特徴的かもしれないです。僕は基本配属先にずっといるのですが、この時間帯は、家で休憩したりなど基本的に自由に使っていい時間となっています。(なので、僕はクメール語を習いに行ったりしています)

こんな凄く健康的な生活を月曜から土曜日の午前中まで行っています。

<Kidsチームの子供達:わんぱく多め 笑>

※基本的には日曜日はお休みの日ですが、大会などがあればまたスケジュールが変わってきます。

 

3:他とは違うと思う僕の生活

れ以外にも、他の隊員さんと少し違うと思われる僕の生活の特徴を紹介したいと思います。

ほとんど家にいない

自宅にいる時間がものすごく短いです。(寝るために帰ってる状況)先ほども話しましたが、朝5時には配属先に行き、帰るのが夜8時過ぎで、日中は基本配属先にいますので、ほとんど家にいない。(土曜の午後と日曜日は基本家にずっといます笑)

 

食事も配属先で3食食べる

っと配属先にいて、家にも帰らない。「ごはんどうしてるの?」と思う方もいらっしゃると思います。そこもまた僕が思う他の隊員さんと違う部分です。

 

僕は基本的に3食(朝・昼・晩)を配属先で、同僚たちと一緒に食べています。というか3食食べさせてもらっています。

 

どういうことかというと、僕の配属先は水泳連盟なのか国からなのか分からないですが、選手達に対して色々サポートが手厚くされています。なので、僕の選手達は、基本的にプール内にある施設で寝泊まりをし、食事をし、そこから学校へ通ったりしています。(凄い贅沢な環境)

その為、ご飯を作ってくれる方なども常に施設内にいてくれるので、僕はそこでその食事をタダで食べさせてもらっています。(ラッキー笑)

3食配属先で食べさせてもらっているので、ほとんどお金を使う事が無い僕の生活。1週間0円で生活していることもしばしばあります。

 

ただ、3食配属先で食べるという事は、常にカンボジア料理を食べているので、たまに「飽きたなー」「今日は気分じゃないな。」という時にも食べないといけなかったりするのですが、幸運なことに僕の配属先のごはんに殆どハズレが無いので、毎日美味しくご飯を食べています!(ほんとご飯を恵んでもらって感謝です。)

<選手たちが食べているのと同じものを食べています>

 

4:カンボジア人が常にいる生活

れまでご紹介してきた僕の生活ですが、「寝てる時間以外は現地人と共に生活」しています。3食一緒に食べ、その他の時間も常に誰かが傍にいたり他愛もないカンボジア人トークが聞こえたりする生活です。

 

なので、週に1日ぐらいは一人が良いな。とか思ったりして日曜日は基本家に引きこもっています(笑)

 

ストレスを感じるときもありますが、こんなに短時間で彼らの生活を感じる事が出来たのも、この生活のおかげだし、なかなか日本では体験できない事を常に体験させてもらっているので、凄く面白い経験だな。と僕は思っています。

また、クメール語も上手になりました。(というより上手になるしかない状況。。。)

 

あと、3か月程のこの生活ですが、最後まで彼らと共に生活していけたらな。と感じています。

 

 

今回は、「僕の普段の生活」についてご紹介させて頂きました。少し特殊な部分もあり、協力隊に興味がある!などと感じて貰っている方の参考になるかはわかりませんが、こんな生活もあるんだなー。程度で感じて貰えるといいかと思っていただければ幸いです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

それでは。

YOSHI@

 


コメント