Ireland [ワーホリ]

アイルランドワーホリ|ワーホリVISAの申請方法とは?

スポンサーリンク

悩んでいる人
アイルランドへのワーキングホリデーに興味があります。
ワーホリVISAの申請方法について詳しく知りたいです。

 

そんな疑問を解消します!

 

 

本記事の内容

・ワーキングホリデー制度についての基礎知識
・アイルランドへのワーホリVISAの申請方法について

 

 

本記事の信頼性

本記事を書いている僕はブログ暦5年。青年海外協力隊への参加をきっかけにブログを始め、現在では約300記事ほど作成しました。僕の経験が誰かのお役に立つことを目標にこのブログを運営しています。

 

 

 

今回はアイルランドのワーホリVISAの申請方法に興味を持っているあなたに、以下のような項目をわかりやすくご紹介していきます。

  1. ワーキングホリデー制度とは?
  2. アイルランドのワーホリの申請が可能な資格とは?
  3. ワーホリVISAの申請方法とは?

 

この記事を読めば、アイルランドワーホリVISAの申請方法に関する疑問が解消される。そんな記事となっています。

 

 

実際に、筆者がアイルランドで生活していた際の経験談なども含めつつ、リアルなアイルランドをご紹介します。

 

 

すでに、「ワーホリ先がアイルランドに決定している方」はもちろん、「留学・ワーホリ先をお探し中の方」という方にも対応できる内容となっています。本記事を読みつつ、アイルランドに関する知識を深めていきましょう。

 

 

YOSHI@
この記事を読んでワーホリVISAの申請方法ついて理解しましょう。

 

 

▼ブログ本文に行く前に、是非☟のボタンをクリックお願いします(ランキングに参加中)△
ブログランキング・にほんブログ村へ   

 

 

ザックリ解説。ワーキングホリデー制度とは?

ワーキングホリデー制度について全くわからない。という方でもザックリと「ワーキングホリデー制度とは何か?」が理解できるように解説していきます。

 

 

海外で1年間、仕事をしながら生活ができる制度

ワーキングホリデー制度とは、日本と協定を結ぶ国との間で、青年(18歳~30歳までが主流)が他国の異なった文化を体験しつつ、滞在資金を補うために一定の労働が認められた制度の事です。

 

 

1年間海外で働きながら、生活を体験できる制度

海外で仕事を行いその滞在資金を補いながら、最長1年間の海外生活体験ができる制度で国際交流が主な目的となる制度です。※イギリスのみ滞在期間が2年間です。
滞在国ごとのルールが存在していますが、基本的に滞在先で仕事(アルバイト等)も行いながら、語学学校などに通うことも可能であり語学力を向上を目指すこともできます。そのため、滞在期間中のアレンジの幅が凄く広いことが特徴です。

 

 

1か国1度のみ利用でき、対象国は29か国

1年間、海外で働きながら生活のできるワーキングホリデーですが、1つの国に対し1度しか行うことが出来ないのも特徴の1つでもあります。しかし、他の国へ行くことは可能であるので年齢制限内であれば、国を変えれば何度でもワーキングホリデー制度を使って海外へ行くことが出来ます。

 

 

現在、ワーキングホリデーの協定国は29か国

1980年にオーストラリアとの間で初めてワーキングホリデー制度が開始され、約30年。
現在では、オーストラリア、カナダ、イギリスをはじめとする英語圏の国からアイルランドやフランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国・韓国、香港などのアジア圏を含む世界29か国の協定国があります。

 

 

アイルランドのワーホリVISAの申請方法について

アイルランドのワーホリVISAの申請方法について詳しく解説していきます。

 

アイルランドのワーホリVISAの申請可能な条件

アイルランドへのワーキングホリデー制度の申請が可能な方は、18歳から30歳までの日本人が対象となり、それ以外にも以下の条件を全て満たしている方に対しVISAの申請及び、発行が可能となります。

 

 

YOSHI@
アイルランドのワーホリの申請可能条件は以下の通りです。


①:ワーホリ申請時に日本に住居していること
②:一定期間アイルランドで休暇を過ごすことを目的としている事
③:年齢が18歳~30歳以下であること(申請時)
④:扶養家族の同伴をしない
⑤:有効なパスポート、帰国用の航空券またはそれが購入できる充分な資金を持っている
⑥:アイルランドに滞在中、生活必要資金として50万円以上の預金がある
⑦:これまでにワーキングホリデー制度を利用し、アイルランドに渡航歴がないこと
⑧:健康かつ犯罪歴がないこと
⑨:滞在期間をカバーする保険に加入している

 

以上の9項目の条件を満たしている方に対し、ワーキングホリデー制度の利用が可能となります。また年間のワーキングホリデー可能人数は800人とされており、それ以上の応募者がいた場合抽選でのVISA申請・発行となるようです。

 

 

YOSHI@
年々、アイルランドへのワーホリ希望者の数は増えてきているそうなので、これからもっと渡航先としてメジャーな国になっていくかもしれません。

 

 

ワーホリVISAの申請時期について

アイルランドのワーキングホリデーVISAの申請は年2回可能で、在日本アイルランド大使館のホームページにて申請受付期間が発表されますので、その期間に合わせて申請手続きを行います。

 

2022年の申請時期

第1回申請受付期間 <2019年9月30日以前に渡航予定の方対象>
2022年 1 月 31 日(月)~ 3 月 31 日(木)

第 2 回申請受付期間 <2022 年10月1日以降 2023年3月20日以前の渡航予定の方対象>
2022 年 7 月 15 日(金)~ 8 月 31 日(水)

※コロナウイルスの感染拡大の状況などで、申請の一時停止などが行われる可能性もありますので、在日本アイルランド大使館のホームページをご確認ください。

 

 

ワーホリ申請用紙の記入方法について

アイルランドのワーキングホリデーを申請する際には3枚の申請書を記入し、ワーホリVISA専用のE-mailアドレス宛にメールの送信を行うことで申請が出来ます。

 

ワーホリVISAの申請用紙は ⇒ 在日本アイルランド大使館のホームページからダウンロード

メールの送付先 ⇒ workingholiday.ie.jp@vfshelpline.com

 

 

YOSHI@
ワーホリVISAの申請用紙について詳しく解説します!

 

 

【提出書類:1枚目】

1: Last name 苗字
2: First name 名前
3: Gender 性別(Male:男/Female:女性)
4: Marital status 結婚歴(未婚:Unmarried/既婚:Married)
5: Date of birth 生年月日
6: Age 年齢
7: Place of birth 出生地
8: Present address 現住所
9: Phone number 電話番号
10: E-mail E-mailアドレス
11: Japanese passport number 日本のパスポート番号
12: Passport valid until(date) パスポートの有効期限
13: Educational records

 

Name of university or, college or High school

学歴

 

最終学歴の学校の名前(例:〇〇大学)

Dates attended 卒業年月日
Name of Degree or Certificate received 学位の名前 もしくは 受け取った証明書名

 

 

【提出書類:2枚目】

 

14: date you wish to commence your visit to lreland アイルランドへの入国予定日(※あくまで希望日)
15: Proposed lenght of stay (Maximum 1 year) 滞在予定期間
16: Please give a short explanation (max.100 words) of how you plan to spend your Working Holiday programme in Ireland. ワーキング・ホリデーでの滞在計画案

 

英語100文字以内で、自分のやりたいことを簡単に説明してください。(例:I  want to go to English schoo for improve of my english skill.....など)

17: If you have previously lived abroad, please state country and year. 過去、外国に住んだことのある方は、国名(年)と時期、期間の記載

 

(僕の場合:Ethiopia/Cambodia for 1 year each)

18: Employment records

 

Please give details of recent employment, if any Name & address of employer

会社名、住所 について該当者のみ記入が必要。アルバイトでもOKです。※無い場合はN/Aと記入する

 Date of employment 雇用期間 ※無い場合N/Aと記入
 Dutis & responsibilities(max 50 words) 業務内容を簡単に(50語)説明する
Will your present job (if any) be available to you on your return? 現職の会社にワーキング・ホリデー終了後、戻る予定がありますか?という質問

 

あればYes I will / 無ければ No I will not

19: Employment in Ireland

 

What type of employment do you intend to seek in Ireland

アイルランドではどのような仕事を探す予定ですか?という質問。アイルランドで就きたい仕事について記入。
 Details of any employment which you have already arranged in Ireland. すでに仕事が決まっている方は詳細を記載。

 

決まってない場合は:I have not arranged it yet. などと記入。

20: How did you hear about the Ireland Working Holiday Programme? Please give details in your answer. アイルランド・ワーキングホリデーをどのようにお知りになりましたか?という質問

 

友人/大学/教育フェア/インターネット/他の大使館/広告/その他 の該当するものに〇をつける。

21: Would you like to receive Embassy updates about Ireland-Japan news and events? 大使館からのニュースやイベント情報を希望しますか? YES か NO を選択。

 

 

【提出書類:3枚目】

22、Terms and Conditions: 規約

 

ワーキングホリデー・ビザ申請の規約になります。内容の確認後、問題が無ければ□にチェックをして下さい。

a) 滞在中の十分な資金保持、調達ができていること。

b) 滞在期間を完全にカバーする海外旅行保険に加入すること。

c) ワーキングホリデーでアイルランドに行ったことが無いこと。

d) 入国から 1 ヶ月以内にアイルランド警察入国管理局(地方の場合には所 轄の警察署)にて所定の手数料を支払い外国人登録を行うこと。

e) ワーキング・ホリデー許可証は申請者個人に対して発給されるものであ り、配偶者や扶養家族を同行させないこと。

f) ワーキング・ホリデー許可証を利用してアイルランドに入国する場合、 滞在期間は入国日から起算して最長 12 ヶ月であること。

g) いかなる場合にも滞在期間を延長したり、別のビザへの切り替えをした りしないこと。期間終了後は必ず出国すること。

h) ワーキング・ホリデー許可証を申請する要件を満たしていても、既にア イルランドに別の目的で入国している場合、アイルランド国内からワー
キング・ホリデー許可証への変更及び新たな申請をしないこと。

i) 肺結核などの深刻な病気を患ったことがないこと。

j) 有罪判決を受けたことがないこと。

k) 麻薬の常用または取引をしたことがないこと。

l) いかなる国でも入国拒否や出国命令を受けたことがないこと。
全ての質問に答え且つ、内容につき私の知る限り虚偽はありません。

□ I hereby agree to the above terms and conditions.: 私は、上記規約を厳守します。(□の空欄に必ずチェックをして下さい。)

 

 

以上がアイルランドワーキングホリデーVISAの申請用紙です。以上の3枚の用紙すべてを記入をワーホリVISA専用アドレスへ送信を行うことで、申請作業が完了します。
※書類はホームページから印刷を行い、手書きで記入後サイドスキャンでデータにする必要があります。

 

ワーホリ定員数の拡大

アイルランドのワーキングホリデー定員数は400名/年から、2020年より800名/年へと変更され、より多くの方のアイルランドワーキングホリデーへのチャンスが増えています。(外務省のホームページを参照

 

 

 

YOSHI@
申請後、1か月弱ほどで審査の結果がメールにて送られてきます。VISA申請の許可がされた方のみ、ワーホリVISAの発行作業へと進むことが可能です。

 

 

ワーホリVISAの申請許可後に行うこと

ワーキングホリデーVISAの申請を行い、無事VISA申請の許可が下りた方のみこちらの作業に進むことが出来ます。

 

 

ワーホリVISA発行に関する手続きを行う

ワーホリVISAの申請が許可された方は、VISA発行の手続きに必要な書類の準備や提出を行っていきます。必要書類は以下の通りです。

  1. 申請許可の E-mail
    申請許可の E-mailを出力したもの

  2. 申請書と写真 2 枚 (6 ヶ月以内に撮影したもの)
    ステップ 3で作成した申請書を出力し、写真 1枚は申請書に貼付しもう1 枚は郵送

  3. パスポート(原本)
    アイルランドを出国する時点で、有効期間は 6ヶ月以上必要。(6ヶ月+ 滞在期間)

  4. パスポートのコピー
    顔写真のページとスタンプが押印されているページのコピー

  5. 履歴書(英文)
    簡易なもので A4サイズ1枚程度 

  6. 卒業証明書(英文原本)
    最終学歴校の卒業証明書。現在就学中の方は、在籍証明書でも可

  7. 残高証明書(英文原本)
    個人資金として 50万円以上の金額を示す本人名義の残高証明書

  8. 医療保険証券又は付保証明(英文原本と A4コピー1枚)
    滞在期間をカバーする医療保険証券又は付保証明

  9. 航空券(原本と A4コピー1枚)
    片道航空券又は往復航空券。E-チケット、予約確認書可

  10. 補足申請フォーム、申請料振込控え
    申請許可の下りた方のみ、詳細は別途で案内があり

  11. 返信用レターパック 510
    宛先にご自身の住所、氏名記載のレターパック 510の封筒(郵便局にて購入)

申請費用は1,3800円
2020年より、VISA申請費用の改定があり従来の60ユーロから1,3800円へと変更。

 

必要書類送付先

〒105-0021
東京都港区東新橋2-3-14 エディフィチオトーコー4F
合同会社 VFS サービシズ・ジャパン
アイルランドワーキング・ホリデープログラム係

 

 

以上の書類や準備物を全て揃え、上記の宛先に送付を行うことでVISA発行に関する手続きとなります。種類等に不備が無ければ1か月半程度で、ワーキングホリデ―許可書が発送されます。その許可書をもってワーキングホリデーVISAの発行作業は終了となります。

 

 

YOSHI@
おつかれさまでした。

 

 

余裕を持った準備・行動がすごく大事

今回は、アイルランドのワーキングホリデーVISAの申請方法について詳しくご紹介させていただきました。

 

 

申請の手続き・準備は余裕をもって行うことがオススメ

VISA発行に関わる種類の中には、銀行や母校などに作成のお願いをしなければならない書類なども含まれています。そのため「アイルランドへワーホリへ行こう!」と決意されたら、少しでも余裕をもっての準備・行動を行うことでスムーズにワーホリVISAの取得につながります。

 

 

筆者自身、ワーホリを行う際には結構ギリギリの準備・行動を行っていたこともあり「本当にVISAは発行されるのか?」「フライト日までに許可書をGETできるのか?」とすごくヒヤヒヤしながら過ごしたことを覚えています。(結果間に合ったのですが、ストレスでした。)

実際、VISA発行に関する書類を送付して許可書が手元に届くまで1カ月半程度要するなど、時間的な計算がある程度は可能なので、それも踏まえた上で航空券の購入やVISAの発行手続きを済ませておくなど、常に早めの行動を行う方が絶対にイイです!

 

 

YOSHI@
実際、VISAを発行することがゴールではなくそのあとのことが肝心。時間に余裕をもって行動しておけば、現地での予定や計画をより細かに立てることもできるかと思います。(筆者はそれが出来ず…)

 

 

VISAの申請や手続きなど、公的作業ならではな「不便」や「面倒う」を感じたりする部分もあるかと思います。しかし、この作業を無事終了できればアイルランドのワーホリ生活をスタートさせることが出来ます。

またこのような作業を人生でそう何度も行うことなど無いかと思いますので、「よい人生経験」と思えば、少しは楽に申請準備・作業に取り組めるかと感じます。その分、アイルランドで得られる新たな経験や体験はきっと価値あるものとなると思います。

 

 

YOSHI@
この記事が、少しでもワーホリVISA取得のお役に立てれば嬉しいです。

 

 

 

-----Please check it ------
僕のInstagramでは、これまでの旅先での写真を公開しています。ブログの記事には載せていない写真なども多く投稿されていますので、ご覧いただけたら嬉しいです!またフォローも大歓迎です!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

𝐘𝐎𝐒𝐇𝐈𝐘𝐀 𝐇𝐈𝐆𝐀 -うちなーんちゅの旅記録-(@yoshiya05)がシェアした投稿

 

YOSHI@
Instagramフォロワー【1000人】目指して頑張ってます。 ぜひよろしくお願いします!
 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が『面白かったな』『役に立ったな』と思っていただけたら嬉しいです。

 

それでは
YOSHI@

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YOSHI@

沖縄出身、30歳|現在、水泳インストラクターとして活動中。活動拠点は沖縄県になります。|【旅行】【カフェ】【筋トレ】が趣味。

~ 経歴 ~
びわこ成蹊スポーツ大学 ⇒ 沖縄県で臨時教員 ⇒ 青年海外協力隊 ⇒ アイルランドワーキングホリデー ⇒ 現在

◇ 世界10か国、3か国生活経験あり。
◇ Instagramの運営も頑張ってます。

-Ireland [ワーホリ]

© 2022 EVERY DAY IS A NEW DAY Powered by AFFINGER5