Ireland [ワーホリ]

アイルランドの 住まい事情 についてご紹介♬

スポンサーリンク

ヨーロッパの島国であるアイルランドで1年間ワーキングホリデー制度を利用し生活を行っていた僕の経験・体験談をご紹介します♬

今回は「アイルランドの住まい情報」についてお話します!

 

 

 

本記事の内容

  • アイルランドの住まい情報について。
  • 自分に合った滞在先・方法を選ぶことが充実へのカギ。

 

 

 

 

✔ この記事を書いている人

Twitterはコチラから⇒

大学(びわこ成蹊スポーツ大学)卒業後 ▷ 教員として勤務 ▷ 青年海外協力隊、アイルランドへワーキングホリデーなど計3年半の海外生活を経験した後、地元沖縄にて水泳のインストラクターとして働きながらブログを運営しています。

 

 

 

☑ ワーキングホリデー制度とは?

2国間の協定に基づいて、青年(18歳~25歳、26歳、29歳または30歳)が異なった文化(相手国)の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために一定の就労をすることを認める査証及び出入国管理上の特別な制度である。
※原則として、各相手国ごとに一生に一度しか利用できない。(Wikipedia引用

決められた国・年齢内なら、その国で滞在はもちろんの事・働くことも許可されるビザが取得できる制度です。※1つに国に対し1度だけ使用が可能。

 

 

 

ワーホリに関わらず、留学をはじめとする海外での生活を送る際にすごく重要となる「現地での住まい」。現地に出発するまでに、情報収集や手配の準備を進めておくことが大事なるものの1つなのですが…

 

 

YOSHI@
アイルランドでの住まい探しはなかなか大変。

 

 

と言われていて、僕自身アイルランドの家探しに苦労しました。そこで今回は自分自身の経験を踏まえながら、「アイルランドでの住まい情報」についてお話します!ぜひご参考にしていただけたら嬉しいです。

 

 

 

 

▼ブログ本文に行く前に、是非☟のボタンをクリックお願いします(ランキングに参加中)△
ブログランキング・にほんブログ村へ  

 

1:アイルランドの 住まい事情 について。

☑ アイルランドへの留学生の主な住まい方法は3つ

  1. 学生寮
  2. ホームステイ
  3. アパート(フラットシェア)住まい

※アイルランドでは、上記で紹介した住まい方法を途中で変更したりしながら生活をされる方がすごく多いです。
【例】:3か月ホームステイ+6か月アパート住まい=9カ月など

 

 

 

YOSHI@
この記事では3つの住まい方法を詳しくご紹介していきます♬

 

 

1:学生寮

学生寮:レジデンスと呼ばれる施設

語学学校や大学が提携している施設。1つの大きな建物の中に各学生の部屋が集合していることが多く、キッチンやトイレ・シャワーなどは共同で利用しているのが一般的。それ以外にも勉強に集中できる共同施設などが設けられていることもあり、生活・勉強共に充実できる。

※レジデンスは基本的に学校へ徒歩圏内に位置していることが多い。

 

 

 

☑ 学生寮(レジデンス)のメリット

・世界各国から留学に来た学生さんたちと共同生活ができる。

・学校などが提携している施設の為、サポート面が充実している。

・セキュリティー面も確保されていることが多い。

 

 

☑ 学生寮(レジデンス)のデメリット

・共同で使用するスペースが多いため、プライバシーの確保が難しいことがある。

・費用が高額である。
※週200ユーロ程度~が相場出るため、他の住まい形態に比べ費用が掛かる。

・学校に滞在中のみしか利用できない。(学校卒業後は引っ越しが必要となる)

 

 

学生寮(レジデンス)におすすめの方

短期間の留学で、学生さんとワイワイと生活をしたい方

学生寮(レジデンス)は宿泊費用が高額であるという部分と学校に通っている間のみしか利用できないことが一般的なため、「短期間の留学」であったり、「費用面は気にしなくてもサポート面がしっかりしている場所で生活をしたい」という方にオススメできます。

 

 

2:ホームステイ

ホームステイ:現地の家庭に滞在し、文化・生活に触れることが出来る

現地人のお家で生活を行いながら、現地の文化や生活様式、習慣などに触れながら生活を行うことが出来ます。
ホームステイは通常、市の中心地から離れた場所に位置していることが多く、宿泊形態も「シングル」「ルームシェア」などや、食事も3食・2食付きなど様々な選択肢から選ぶことが可能。

 

 

 

☑ ホームステイのメリット

・現地のリアルな生活が行える。

・費用面がそこまで高額でない。
※(週190ユーロ程度~:1人部屋)+食事が含まれていることを考えると安い場合もある

・ホストファミリーが作る食事を食べることが出来る。

・ホストファミリーと会話をすることで語学力アップができる。

 

 

☑ ホームステイのデメリット

・ホームステイ先のルールや生活様式に合わせなければならない

・ホストファミリーと相性が合わない場合もある。(ホストファミリーを選べない)

 

 

ホームステイにおすすめの方

ある程度の制限やルールがあるが、現地のリアルな生活を体験したい方

現地の方と共に生活ができる為、その土地のリアルな生活を体験できるのがホームステイ。そのため、ある程度のルールや制限を守る必要があるが、現地の方と共に生活をしてみたい方にオススメです。

 

 

 

YOSHI@
実際に僕はアイルランドで2か月間、ホームステイを体験しました。その時の様子は別記事にてご紹介させて頂いてます。気になる方はぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

3:アパート(フラットシェア)

アパート(フラットシェア): アパートや一軒家を借りて複数人で住む滞在方法

アイルランドに滞在する留学生の多くが、アパート(フラットシェア)で生活を行っています。
いわゆるシェアハウスに住むような形となっていて、自分で家探しや大家さんとの契約を行ったりする必要があるため、住むまでに手間がかかる。

 

 

 

☑ アパート(フラットシェア)のメリット

・いろんな国、職種の方などとの交流をしながら生活が行える。

・費用面がどの住居方法より安くできる
※月400ユーロ程度~(ダブリンの場合)

・自分の好みの家、場所を選んで住むことが出来る。

 

 

 

☑ アパート(フラットシェア)のデメリット

・入居の際の初期費用が掛かる(デポジットと呼ばれる保証金:通常家賃1か月分など)

・光熱費や共益費などの費用が別途で掛かる場合がある

・トラブルが発生の際、自分自身で対処する必要がある(サポート面の保証がない)

・ハウスメイトと相性が合わない場合がある(ストレスに繋がる)

・家を探すまでに時間と労力を使う(特にアイルランド)

 

 

アパート(フラットシェア)におすすめの方

費用を抑えつつ、色々な方と交流をしながら生活をしたい方

アパート(フラットシェア)は場所や住居形態(シングルルームなのかシェアルームなのか?)の選択次第で、すごく費用を抑えることが出来る住居方法。また留学生だけではなく、現地で仕事をしている方などと共同生活を行うため、語学力の習得に繋がったりすることもできます。その一方、トラブルが発生した際の対応などは基本自分自身で対処を行う必要があったり、ハウスメイトとの人間関係の問題も考えられます。

 

 

 

 

YOSHI@
僕はアイルランドで何度か引っ越しを行うことになりました。しかし、最終的には最高のハウスメイトに恵まれた家にたどり着くことが出来、アパート(フラットシェア)でよかったなと思っています。

 


<ハウスメイトたちとの生活>

 

 

 

YOSHI@
アイルランドでの家探し方法については別記事にて詳しくご紹介しています。気になる方はぜひご覧ください♬

 

 

 

 

 

2:自分に合った滞在先・方法を選ぶことが充実へのカギ。

アイルランド生活だけに関わらず、衣食住を安定させることはとても重要です。そのため、自分に合った、場所や住居形態の選択は海外生活での充実を図る重要なカギと言えます。

費用面や治安面(セキュリティー)など、海外での住まい選びは日本の家探しよりも慎重に選ぶ必要があると思いますので、多くの情報の収集や比較を行いながら自分の理想に会った家に巡り合える準備をすることが大切です。

 

 

アイルランドでの家探しは、なかなか理想の家が見つからなかったり、そもそもの住居数が少ないなどの問題などから、すごく難しいとされています。
また自分自身で大家さんなどとのやり取りを行うので、ある程度の語学力なども必要とする場合もあります。その反面、家探しを自分自身の力でできた時はすごく達成感を感じると思います。


 

 

YOSHI@
この記事が海外(アイルランド)での家探しのお役に立つことを願っています。

 

 

 

 

▽アイルランドの情報は「地球の歩き方」からゲットしよう!▲

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が『面白かったな』『役に立ったな』と思った方は是非SNSでのシェアお願いします。

 

それでは
YOSHI@

スポンサーリンク

-Ireland [ワーホリ]

© 2021 EVERY DAY IS A NEW DAY Powered by AFFINGER5