洋楽で英語学習

【英語学習】洋楽で英語を学んでみよう『All in it -Justin Bieber-』

スポンサーリンク

YOSHI@
YOSHI@

んにちは。YOSHI@です!
この記事は「英語を学習したい方(初心者)」「洋楽が好きな方」に読んでいただきたい記事となっています。

 

今回は”英語学習”の記事なのですが、最近僕が良くやっている洋楽で英語を勉強するという方法をご紹介すると共に、「Justin BieberのAll it in」という曲で皆さんと一緒に英語学習をしていきたいなと思います。

 

1:洋楽で英語学習とは?

は始めに簡単に「洋楽で英語学習とは?」について少しお話してから、実際に「Justin BieberのAll it in」という曲を使って勉強していきたいと思います。

 

簡単に言うと...

洋楽の歌詞を使って英語を学習していく方法なのですが、洋楽の歌詞の中で自分の分からない「単語」「文法」「言い回し」などを見つけて、それは理解していくという勉強法です。
また洋楽=音楽なので、発音の練習(歌えば)にもなるし、そもそも楽しいという特徴があり、最近僕が良くやっている勉強法です。

 

僕の中で100曲分の歌の歌詞を理解して、スラスラと歌えるようになったら、結構「英語力」としては上達するのではないかな?と勝手に想像しています。(なので取り合えずやってみます!)

 

そしてこれから「Justin BieberのAll it in」という曲を使い、英語を学習していくのですが...

僕が分からない「単語」= 赤いマーカー
僕が分からない「文法や言い回し」= 青いマーカー

をまず洋楽の歌詞で見つけ、後で日本語訳と共に分からなかった単語等の意味を確認していきたいと思います。

2:-All it in- Justin Bieber 

「洋楽で英語学習」をやっていきたいと思います。

今回紹介する「All in it」という曲は、カナダのポップミュージシャンで世界的にも有名な歌手Justin Bieber(ジャスティン ビーバー)が2015年に発売したアルバム Purposeの中に収録されている曲です。

 

-歌詞(英語)-

Don't do nothin' 'less your heart's in it, heart's in it, heart's in it
Don't do nothin' 'less you're all in it, all in it, all in it.

If you got a twenty for all of your tries
Twenty for all of the times
The times you got back up,
woah
Could be a billionaire in a year
That's how you gotta think 'till you're there
On the regular

If you got a diamond for all of your passion, diamond for your dedication
You could be icy like caking and icy for every occasion,
gotta go hard, yeah

That's all I'm condoning
love is a component
You're the only opponent
Gotta seize the moment

And don't do nothin' 'less your heart's in it
heart's in it, heart's in it
Don't do nothin' 'less you're all in it
all in it, all in it

Come again each time
Till the water runs dry

Oh, don't do nothin' 'less you're all in it, all in it, all in it
All in it, all in it

Ever had a guitar missing 5 strings?
A guitar with only one string
I could only play one song, ooh

A simple melody
simple enough to make the world sing

Strong enough to make your mood swing
You know what I mean

See, growing up I
I always felt like I had to be the best at everything
'Cause I, I just didn't think I wasn't good enough
And maybe if I was good at something, that, that I'd get recognition from that but
I quickly found out that
I wasn't going to get the recognition that I wanted or that I needed because
Because, because people aren't perfect and
By not being perfect you, you sometimes can disappoint people
And with God, it's like He's perfect and He never disappoints
So I, I just get my recognition from Him
And give Him recognition

オリジナルの歌詞は☝の通りになっています。では次に僕が分からなかった「単語」「文法」「言いまわし」などを一緒に勉強していきましょう!

3:歌詞内で分からなかった箇所を解説

リジナルの歌詞を読んで、分からなかった箇所にマーカーをひかせて頂きました。

僕が分からない:
「単語」= 赤いマーカー
「文法や言い回し」= 青いマーカー

が引かれていますので、さっそくそれぞれを解説していきたいと思います。

 
「単語」:
・Dedication = 献身、専心(名)
・Icy = 氷で覆われた、キラキラした(形)
・Caking = かたまり、存在(名)
・Condoning = ~を許可する、認める(他動)
・Component = 部分、成分(名)
・Opponent = 敵、対戦相手(名)
・Seize = ~をつかむ、握る(他動)
・Strings = ひも、鎖、弦(名)
・Recognition = 認知、認められる事(名)
 
「文法や言い回し」:
・Gotta = Have to の短縮させた形で、フォーマルな言い方では無く口語的な感じのいい方

・Gotta(Have to) go hard = 頑張らなくちゃ

・Come again = やりなおす

・Till the water runs dry = 直訳すると「水が渇くまで」という事なのですが、ここでは「何も術が無くなるまで」(あきらめるな)的な表現として使われています。

・You know what I mean = どういうことか分かるでしょう?というような意味。日常会話でも同意などを求める際に良くこの言葉が使われています。

マーカーを引いた箇所について意味等を調べてみましたので、最後に日本語訳の歌詞をご紹介していきたいと思います。

4:-All it in- Justin Bieber (和訳)

本気では無いなら、何もするな
本気で、本気で
自分のすべてでは無いなら、何もするな
全てを、全てを

もしあなたが、1回で20ドルをの価値があるのなら
1回20ドルの価値
あなたが立ち上がった回数に
それならあなたは1年以内に億万長者になるだろう
あなたはそこにたどり着くまで、そういう風に考えるのさ
常に

もしあなたの情熱にダイアモンドの価値があれば
その献身さにダイアモンドの価値があれば
あなたはきっとキラキラした存在になれるだろう
どんな時でも光る存在に
頑張らなくちゃ
それだけしか僕は認めない
必要な成分は愛なんだ
あなたの敵はあなた自身なんだ
その時をしっかりつかまなきゃ(楽しまなくちゃ)

本気では無いなら、何もするな
本気で、本気で
自分のすべてでは無いなら、何もするな
全てを、全てを
何度でもやりなおせばいいんだ
なることがなくなるまで
だけど、自分のすべてでは無いなら、何もするな
全てを、全てを

もし5本の弦が無いギターがあったとする
そのギターにはたった1本の弦だけ
僕は一つの曲しか弾けない
すごくシンプルなメロディー
誰もが歌える程、、シンプルで
気分を変える事ができる程、力強い曲
どういう意味か分かるでしょう?

見て、成長して
私は常にすべてがベストでないといけないと感じてた
なぜなら、私はただ私自身を良いと思っていなかったから
そしてたぶん、もし私が全てを良く出来るのならば、私は認められる事が出来るだろうけど、
僕はすぐに、僕が欲しいこと、僕の必要としていることが認識できない事を知った。
なぜなら、人は完璧じゃないから。そして人は完璧じゃないから時々人をがっかりさせることもある。
けど神様は完璧の様な存在です
そして彼は決してがっかりなんかしません
だから、僕は彼から認めてもらう
そして、彼に認めて貰えるようになる

以上が日本語訳でした。

まだまだ英語勉強中の身なので、若干おかしな部分とかもあるかと思いますので、「この部分はこう訳せるんじゃない?」と思われた方はぜひメッセージ頂けるとありがたいです。

 

また今回ご紹介した「All in it」

からご視聴(Youtube)できますので、ぜひ聞いてみて下さい。

 

▼音楽を「好きな時に好きなだけ」聞けるAmazon Musicを使って楽しく洋楽の勉強をはじめてみませんか?△

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が『面白かったな』『役に立ったな』と思った方は是非SNSでのシェアお願いします。

 

それでは
YOSHI@

スポンサーリンク

-洋楽で英語学習

© 2021 EVERY DAY IS A NEW DAY Powered by AFFINGER5