青年海外協力隊の話

【二本松訓練所】派遣前訓練での日常生活をご紹介♪

スポンサーリンク

開発途上国と呼ばれる国で2年間生活を送りながら、その国の発展のためのサポートを行う青年海外協力隊

そんな青年海外協力隊として、エチオピアとカンボジアで水泳指導を行っていた僕の経験・体験をご紹介♪
今回は「青年海外協力隊、派遣前訓練での生活」についてお話します!

 

 

 

本記事の内容

  • 派遣前訓練の日常生活をご紹介♪
  • 二本松訓練所の様子。

 

 

 

✔ この記事を書いている人

Twitterはコチラから⇒

大学(びわこ成蹊スポーツ大学)卒業後 ▷ 教員として勤務 ▷ 青年海外協力隊、アイルランドへワーキングホリデーなど計3年半の海外生活を経験した後、地元沖縄にて水泳のインストラクターとして働きながらブログを運営しています。

 

 

 

☑ 派遣前訓練:青年海外協力隊(JICAボランティア)の選考試験に合格後に行われる研修

青年海外協力隊(JICAボランティア)の選考試験に合格後、実際に発展途上国に派遣される前に約2か月半程度行われる「派遣前訓練」。訓練では【ボランティアに関する知識】【現地で利用する言語】など多くのことを習得することを目的として行われている。

 

▲派遣前訓練の詳しい内容については以下の記事をご覧ください▽

 

 

 

協力隊経験者が運営しているブログ等などで、「派遣前訓練に関する記事」は多く見かけますが、訓練期間中の日常生活のに関する記事はあまり無い印象があるため、今回は「派遣前訓練中の日常生活」の部分にフォーカスをしてお話しします!訓練をより充実するための参考となれば嬉しいです。

 

 

 

 

 


▼ブログ本文に行く前に、是非☟のボタンをクリックお願いします(ランキングに参加中)△
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

1:派遣前訓練の日常生活をご紹介♪

派遣前訓練

発展途上国に派遣される前に、約2か月半ほど行われる研修の事を指す。
派遣前訓練は【福島県二本松】もしくは【長野県駒ケ根】の2か所の訓練所と呼ばれる施設で行われ、ボランティアに関する知識や派遣予定での国で使用する言語の習得を目的として行われている。

 

 

▽詳しい訓練の内容は以下の記事をご覧ください▲

 

 

 

YOSHI@
実際、僕は福島県の二本松訓練所にて訓練を受けましたので【二本松訓練所】について詳しくご紹介します。

 

 

 

①:福島県二本松訓練所の様子

参照:https://www.facebook.com/jicantc/photos/?ref=page_internal

福島県の二本松にある【二本松訓練所】
アクセス方法は:二本松駅から「JICANTC行」で約35分程度、タクシー利用で25分程度。

 


-二本松訓練所の地図- 

 

 

地図でもご確認いただけるかと思いますが、二本松訓練所は山奥に位置しており訓練所の周りは自然豊か。
訓練所の設備としては長野県の駒ケ根訓練所よりも新しい施設のようで、山奥に位置しておりますが、快適に訓練・生活が送ることのできる場所となっています。

 

 

 

-訓練所の周りの景色-

 

 

訓練所の施設

個室 / 談話室 / 食堂 / 大浴場 / 学習棟
図書室 / 体育館 / 運動場 / ジム / 洗濯室 など

 

 


-個室の様子-

参照:https://www.facebook.com/jicantc/photos/?ref=page_internal

個室は、ベッド・机・クローゼットが備えれており一人用の部屋としては十分の特に問題なく利用ができます。

 

 

 

参照:https://www.facebook.com/jicantc/photos/?ref=page_internal

-談話室の様子-

談話室は各個室のある部屋の外に備えられている畳場のような場所で、訓練期間中に共同生活を行う方たちとのコミュニケーションを図ったり、ともに勉強をしたりなどとして利用される場所です。

 

 

 

-学習棟の様子-

学習棟は研修中に行う語学訓練を受講する場として主に利用されています。自主学習での利用なども可能です。ただし学習棟では日本語禁止という訓練所ならではなルールが存在します。

 

 

 

-食堂-

 

-体育館-

 

 

画像はありませんが…

【浴槽】大きな浴槽付きの大浴場。
【トレーニングジム】簡単な設備の整ったトレーニングジム
【洗濯室】洗濯機、乾燥機の利用が可能(洗剤などは自分で用意)

注意ポイント

訓練所内にある施設に関しては基本的に自由に利用が可能です。(利用可能時間内)

 

 

 

YOSHI@
基本的な生活を送るための設備は整っています!

 

 

 

②:訓練中の買い物について

二本松訓練所は山奥に位置しているため、訓練所の周りには買い物などができる場所がありません。そのため山を徒歩で30分ほど下った先の【岳温泉】にあるコンビニ(ファミリーマート)などで買い物をすることが二本松訓練所での定番。

 

訓練所内で購入できるモノ

☑ 自動販売機(飲み物・カップラーメン・お菓子など)
☑ 外部からの販売
週に1~2回購買ができる日が設けられており、筆記用具・日用品などの購入が可能
☑ オンライン注文(Amazonなどの利用も可です)

 

 

YOSHI@
ネットなどの利用もできますので、物を揃えるという面では特に問題はないかと思います。(商品が届くまでに時間がかかることもありますが…)

 

 

▲派遣前訓練での持ち物については以下の記事をご参考ください▽

 

 

 

③:訓練所生活中の休日は?

派遣前訓練でのスケジュール

派遣前訓練では原則【月曜日~土曜日(土曜のみ午前中)】で訓練が行われています。
そのため訓練の休みは【土曜日(午後)・日曜日】となります。
※場合によってはスケジュール変更の場合もあります。

 

訓練期間中は早朝から夜まで、ぎっしりスケジュールが組まれていていることから、日常的に忙しい日々を過ごします。

そのため、休みの日は【休息】や【リフレッシュ】を行う時間を確保していただきたいですが、派遣前訓練の目的のメインは研修(特に語学の試験をパスすること)なので【語学の課題や自主学習】で休日が終了してしまうこともあります。

 

 

 

YOSHI@
勉強などに余裕がなく一杯一杯になることもありますが、時間をうまく活用して【リフレッシュ時間】を作るかも訓練中にはすごく大事です。うまく時間を利用しながら楽しい時間を過ごしてください!

 

 

-みんなで運動したり-

 

-土曜の夜のワイワイ飲み会も訓練中の楽しみです-

 

-福島県の観光も忘れずに-

 

 

 

2:訓練期間中のプライベートな時間も充実させよう!

青年海外協力隊の選考試験に合格し、これから発展途上国へと旅立つ予定の方が参加する派遣前訓練。二本松市の山奥の中に訓練所のある二本松訓練所、ときどき周りに何もないことが不便に感じることもあるかと思いますが、施設自体はすごく綺麗で快適に利用ができます。

 

 

YOSHI@
また少し外に出れば、派手では決してありませんが美味しいご飯が食べられるお店や、カフェなども充実しているので、訓練生活中の約2か月半の間であれば全然、苦を感じることなく生活ができると僕は思います。

 

 

 

派遣前訓練でのメインは【語学訓練】や【ボランティアとしてのスキルの習得】ではありますが、休みの日の息抜き(リフレッシュ)は訓練を思いっきり頑張るための大切な要素であることは確かですので、ぜひこの記事などを参考にしながら派遣前訓練を『思いっきり頑張る+楽しんで』いただけたらと思います。

 

 

▲派遣前訓練の内容についてまだ読んでいない方は、ぜひ読んでください▽

 

 

 

▲青年海外協力隊に関する書籍の販売もされています。気になる方はチェックを▽

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が『面白かったな』『役に立ったな』と思った方は是非SNSでのシェアお願いします

 

それでは
YOSHI@

スポンサーリンク

-青年海外協力隊の話

© 2021 EVERY DAY IS A NEW DAY Powered by AFFINGER5