Ethiopia(エチオピア)

【アムハラ語の世界】アムハラ語で数字を数えよう!

スポンサーリンク

東アフリカに位置する国、エチオピア
そんなエチオピアへ青年海外協力隊として約1年間滞在していた経験から、エチオピアの公用語であるアムハラ語のフレーズを紹介します♬

 

 

今回のテーマ:数字の数え方

 

 

今回はアムハラ語での数字の数え方についてご紹介します。アムハラ語を言語としているエチオピアだけではなく、どこの国でもそうですが「数字」を覚えることで、現地でのやり取り(買い物・値段交渉など)がスムーズに出来るようになったりする大切な要素です。

 

 

YOSHI@
アムハラ語の数字をしっかり覚えていきましょう!

 

 

▽アムハラ語の前にエチオピアについて知りたい方は以下の記事をご覧ください▲

 

 

 

✔ この記事を書いている人

Twitterはコチラから⇒

大学(びわこ成蹊スポーツ大学)卒業後 ▷ 教員として勤務 ▷ 青年海外協力隊、アイルランドへワーキングホリデーなど計3年半の海外生活を経験した後、地元沖縄にて水泳のインストラクターとして働きながらブログを運営しています。

 

▼ブログ本文に行く前に、是非☟のボタンをクリックお願いします(ランキングに参加中)△
ブログランキング・にほんブログ村へ  

 

 

1:アムハラ語で数字を数えよう!

アムハラ語の数字について

  • 【絶対覚えておきたい】1~10までの数え方
  • 【覚えておくと便利】10~100までの数え方
  • 【知って得する】100以上の数え方

以上の流れでアムハラ語で数字を数えていきましょう!

 

 

 

☑【絶対覚えておきたい】1~10までの数え方

YOSHI@
1~10までの数字はエチオピアで暮らす予定の方だけではなく、旅行等で行かれる方にとっても覚えてけば何かと使えるかと思いますので、しっかり覚えましょう!

 

1:አንድ
(アンド)
2:ሁለት
(フレット)
3:ሶስት
(ソスト)
4:አራት
(アラット)
5:አምስት
(アムスト)
6:ስድስት
(シディスト)
7:ሰባት
(サバット)
8:ስምንት
(スムント)
9:ዘጠኝ
(ザティェン)
10:አስር
(アッスル)

※0はዜሮ(ゼロ)と英語などと同様です。

 

 

 

☑【覚えておくと便利】10~100までの数え方

YOSHI@
1~10までを覚えてしまえば、少し覚えやすくなる10~100までの数え方。100までの数字を理解できていると、現地での買い物などの値段交渉などで使いやすいのでぜひ覚えてみてください!

 

 

◎10~19までの数え方

10:አስር
(アッスル)
11:አስራ አንድ
(アスラ アンド)
12:አስራ ሁለት
(アスラ フレット)
13: አስራ ሶስት
(アスラ ソスト
14:አስራ አራት
(アスラ アラット)
15:አስራ አምስት
(アスラ アムスト)
16:አስራ ስድስት
(アスラ シディスト)
17:አስራ ሰባት
(アスラ サバット)
18:አስራ ስምንት
(アスラ スムント)
19:አስራ ዘጠኝ
(アスラ ザティェン)

 

補足

アムハラ語での数字は10以上になると、十の位の数字は呼び方が異なりますが一の位の数字の読み方に関しては、上記で紹介した1~9の数字を使います。

 

 

◎10~100まで(十の位)

10:አስር
(アッスル)
20:ሃያ
(ハヤ)
30:ሰላሳ
(サラサ)
40:አርባ
(アルバ)
50:ኃምሳ
(ハムサ)
60:ስልሳ
(シルサ)
70:ሰባ
(サバ)
80:ሰማንያ
(サマーニャ)
90:ዘጠና
(ザティナ)
100:መቶ
(マト)

※以上の【十の位を表す数字】+【一の位の数字】で使えば1~100までの数え方はOKです!

 

 

 

☑【知って得する】100以上の数え方

YOSHI@
100以上の数字の数え方に関しては【興味のある方】・【エチオピアで生活する予定の方】が覚えておけばいいかなという感じです。知って損はないと思いますので、ぜひ余裕のある方は覚えてみてください。

 

 

◎1000(千)~1000000(百万)

1000(千)
ሺህ
(シー)
10000(万)
አስር ሺህ
(アッスルシー)
100000(十万)
መቶ ሺህ
(マト シー)
1000000(百万)
ሚሊዮን 
(ミリヨン)

以上が1000(千)~1000000(百万)です。

 

 

YOSHI@
基本的に1~10と10~100+1000の数え方を覚えてしまえば、あとはそれらを組み合わせて数字を数えることが可能です。

 

35:ሰላሳ አምስ(サラサ アムスト)30+5

168:መቶ ስልሳ ስምንት(マト シルサ スムント)100+60+8

1955:አንድሺህ ዘጠኝ መቶ ኃምሳ አምስት(アンドシー ザティナマト ハムサアムスト)1000+900+55

 

 

▽アムハラ語の1~1000000までの数え方が紹介されている動画です。参考にどうぞ▲

 

 

以上がアムハラ語での数字の数え方です。
実際、僕が青年海外協力隊としてエチオピアで生活を行っていた際には「数字」は挨拶フレーズなどと同等レベルに覚えることを優先させました。

理由

エチオピアでは水泳指導が活動の目的であり、日常的にタイム測定や選手に瞬時にタイムを伝えたりする必要があったことが第一の理由。それ以外にも、日常の生活(買い物)などでも数字を覚えている方が便利(値段交渉など)であった為、他の言葉よりも優先して覚えるようにしました。

 

 

エチオピアを含めた外国で生活を行う際に【あいさつ】や【簡単な日常会話】の習得もすごく大切な要素でありますが、これらは現地で生活していけばある程度自然に身についていくものでもあります。
しかし、【数字】に関しては自分自身で覚えようと努力しないとなかなか取得できないと自身の経験から感じています。

 

 

慣れない文字・読み方(発音)など覚えるまでに時間はかかりますが、現地生活を行っていくうえで「数字はすごく大切」であり、知っているだけで生活がすごく便利・楽になること間違いなしですので、ぜひアムハラ語の数字を覚えてみてください♪

 

 

▽エチオピアの公用語アムハラ語の世界を楽しめるアイテムはコチラからゲット!▽


 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が『面白かったな』『役に立ったな』と思った方は是非SNSでのシェアお願いします。

 

それでは
YOSHI@

スポンサーリンク

-Ethiopia(エチオピア)

© 2022 EVERY DAY IS A NEW DAY Powered by AFFINGER5