Ethiopia(エチオピア)

【エチオピア】エチオピア人と生活を1週間共にした体験をお話します。【衝撃事件】

スポンサーリンク

YOSHI@
こんにちは。YOSHI@です!
この記事は「エチオピアでの現地生活ってどんな感じ?」と思われている方の疑問を少し解消できるかもしれない記事となています。

 

 

本記事の内容

  • 【衝撃!?】エチオピア人と生活を共にした体験談

 

 

✔ この記事を書いている人

Twitterはコチラから⇒

大学(びわこ成蹊スポーツ大学)卒業後 ▷ 教員として勤務 ▷ 青年海外協力隊、アイルランドへワーキングホリデーなど計3年半の海外生活を経験した後、地元沖縄にて水泳のインストラクターとして働きながらブログを運営しています。

 

 

 

青年海外協力隊(JICAボランティア)として東アフリカに位置する国、エチオピアで生活していた中で・これまでエチオピアを含め海外3か国で生活してきた中で【1番衝撃だった】ともいえる体験談を今回はお話したいと思います。

エチオピアでは水泳の指導・普及活動を主に行い生活を行っていたのですが、その中でエチオピア水泳連盟が主催し行われることになった水泳指導者講習会に講師として地方都市へ出張した際のお話です。

 

 

 

YOSHI@
約1週間、多くのエチオピア人の中に日本人1人で生活を行った衝撃体験談をご紹介します♪

 

 

 

▽エチオピアに関する書籍も販売されています。気になる方はぜひチェック▲

▼ブログ本文に行く前に、是非☟のボタンをクリックお願いします(ランキングに参加中)△
ブログランキング・にほんブログ村へ

1:エチオピア人と生活を共にしてみた結果 ⇒ 人生で忘れられない記憶。

青年海外協力隊(JICAボランティア)の活動の1つとして、地方都市へ出張(水泳指導者講習会)での出来事。

講習会が開催されている期間(1週間)の間は朝から夕方までプラグラムが組まれていたという事・ホテルの場所もすべて講習会参加者と同じであることもあり、エチオピア人と四六時中一緒に居なくてはならない環境となっていました。

 

▲出張(水泳指導者講習会)の様子は以下の記事をご覧ください▽

 

 

エチオピアに旅行で来たわけではなく、青年海外協力隊としてすでにエチオピアに半年ほど暮らし、エチオピアでの生活には慣れた状態・エチオピア人の特性などもある程度は理解し、彼らと生活を共に過ごすことに対し覚悟を持っていた状況ではありましたが…一緒に生活を共にしてみた結果【超ストレス】でした。

 

 

その原因

文化・環境の違いを強く感じたため

 

 

原因その①:アムハラ語での会話

エチオピア人と共にする=「現地語のアムハラ語のみの会話」と言っても過言ではなく、基本的にはエチオピアの公用語であるアムハラ語のみで生活を送りました。

ネイティブの彼らと会話をスムーズにずっと行うことは不可能であり、わからないフレーズ・単語などがあるたびに頭の中を???が巡ったり、「何を話しているのだろうか?」回転させるため、通常の会話よりエネルギーを使います。
※アムハラ語だけではなく、多くの言語でこのような状況になるかと思います。

 

またおしゃべり好きなエチオピア人。会話中にアムハラ語が理解できなくて聞き手に専念しようとしても「何か喋ってよ!」と必ず何かを喋らさそうとしてくる。彼らの外国人を孤独にさせない親切心ではあるのですが、それも場合によってはストレスでした。

 

 

原因その②:宿泊先(ホテル)の環境

出張中の宿泊先は1人部屋ではあったものの、エチオピア人が宿泊する場所と同じ宿泊先であったためクオリティーは現地人レベルのホテルに宿泊(1泊600円の安宿)

1週間の宿泊期間中には停電・断水が何度も発生。シャワールームは部屋に備わっているもののお湯は出ず冷水のみ(エチオピアの気温はそこまで高くないため、シャワーに入るには気合が必要)

 

 

-僕が宿泊した部屋の様子-

 

荷物もほとんど置けないスペースのみの部屋+虫が大量に発生などに加え、外から部屋の様子が見えるような部屋の作りになっていて、「部屋にいても気が休まらない」というのが正直な感想でした。

 

 

原因その③:食生活【最大の原因】

エチオピアの主食はインジェラと呼ばれる穀物を発行させて作られるものなのですが、正直外国人にとってインジェラを毎食食べるという事は、相当好きではないと厳しいです。(もちろんエチオピア人はほぼ毎食食べます)

 

▽エチオピアの主食インジェラについては以下の記事をご覧ください▲

 

 

YOSHI@
出張(研修会)に参加するにあたり、「エチオピア人と行動を共にする=インジェラを毎食食べる」と覚悟を決めて参加をしましたがそれをはるかに超える現実が待っていました。

 

 

「なぜか生肉のインジェラばかりがならぶ」

 

 

豆知識

エチオピアでは世界的にも珍しい「生肉を食べる国」です。基本的には牛の生肉を食べるのですが、生肉はもちろん新鮮な状態でなければ食べれれないため、お祝い事などの特別な日などによく食べられています。

 

 

主張先であった場所(エチオピア南部ナザレット)は、牛肉が美味しいと有名な場所であること。講習会が行われた時期が、”ツォム”と呼ばれる宗教的な断食が始まる直前で、多くのエチオピア人がこのツォムが開始される前に肉を食いだめしていておきたかったという大きく2つの理由から、「生肉地獄」が発生したと僕は考えています。

 

 

YOSHI@
エチオピアの生肉は衛生面は別として「正直美味しいです!」そこで、出張で最初に生肉を食べた際には「美味しい」と正直に美味しいと感想を伝えたのですが、それからというもの朝・昼・晩と3食「生肉」ばかりが食事に登場する事態に…

 

 

 

もともと肉が大好物のエチオピア人、普段から野菜をあまり食べない食生活だとは思いますが、毎食「火が通っていない食事のみを食す」という事は聞いたこともないし、衛生面や栄養面からみても色々と不安にある要素がありすぎて「心の底から美味しく食事をすることはできませんでした。」

 

-エチオピアの肉の保存方法(ただ吊るしておくだけ)-

 

 

 

YOSHI@
しかし、出されたものを食べるしかない状況であったため、「覚悟を決め3食生肉生活を結局ツォム(断食)が始まるまで3日間、エチオピア人と共に食べました。」

 

 

朝昼晩と毎食「生肉しか食べられない」というストレスは僕の中ですごく大きくて(ふつうそんな事は起きない)、毎食の食事の時間が地獄のようでした。最終的にはインジェラどうこうより「火が通ったものを食べたい」という思いしかありませんでした。

【補足】:青年海外協力隊では基本的に「衛生的に危険であるものの飲食は控えるように」と言われていますが、現地人と共に生活をする際に、なかなか断るのも難しいです。そのため協力隊だけではありませんが、海外で非日常的なものを食べる際には自己判断で食べてください。

 

 

 

YOSHI@
幸いなことに決して衛生面が良いわけでは無いエチオピアで3日3食生肉を食べ続けたにも関わらず、体調を崩すことはありませんでした。(腹痛なども一切なし)
※健康(もはや最強)に生んでくれた両親に感謝です。

 

 

2:通常では体験できない経験は「人生のネタ」として輝く。

エチオピア人と1週間共に生活を行ってみての感想を一言で表すと【もうやりたくない。】というのが正直な感想です。しかし、それも僕自身がエチオピアの文化・生活様式にできる限り現地人に歩み寄ってみたから思えた感情だと思っています。

十数人のエチオピア人の中に日本人1人で、彼らと同じ基準の生活を行うことはやはりストレスを感じて当然です。【停電・断水、お湯の出ないホテルに1週間滞在】や【3日3食生肉しか食べない生活】など正直、日本では絶対に体験できない経験であり、僕の一生の思い出(ネタ)として輝き続けると思います。

 

 

YOSHI@
当時はすごくしんどくて「今すぐにでも日本に帰りたい」と考えていましたが、今思えばあの時体験出来てよかったな。と心から感じています(もう2度としたくないですが…)

 

 

旅行などの際には「楽しい思い出」はもちろんですが「最悪な思い出」も時々発生してしまいます。それもすべてひっくるめて【旅の思い出】と言えると思いますし、意外と「楽しい思い出より最悪な思い出の方が強く記憶に刻まれている」ことも少なくありません。

どんな思い出でも「人生の思い出」としていつまでも輝いてくれる思い出(ネタ)になりえると僕は考えているので、これからも海外生活などで起きた事件などを時々ご紹介していければな。と思っています。

 

 

YOSHI@
このエチオピアでの衝撃な出来事は今後なかなか出会えることではない体験だったので、逆に僕は幸運(ラッキー)だったのかもしれません…(笑)

 

 

 

▲エチオピアに関する書籍を読んで、エチオピアの面白さをもっと知ろう!▽

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が『面白かったな』『役に立ったな』と思った方は是非SNSでのシェアお願いします。

 

 

それでは
YOSHI@

スポンサーリンク

-Ethiopia(エチオピア)

© 2021 EVERY DAY IS A NEW DAY Powered by AFFINGER5