アジア旅行 旅行に関する記事

【カンボジア情報】カンボジアでカフェの購入方法(クメール語)紹介します!

スポンサーリンク

YOSHI@
YOSHI@

んにちは。YOSHI@です!
この記事は「カンボジア情報をお探しの方」「カンボジアでカフェ(コーヒー)の買い方をクメール語で挑戦してみたい方」にピッタリな記事となっています。

 

今回は「カンボジアでカフェの購入をクメール語で挑戦してみよう」というテーマでお話をしてみたいと思います。

YOSHI@
YOSHI@

マニアックな内容ですみません。

ただ東南アジアの国カンボジアで、カフェと呼ばれるコーヒーを飲まない日は無いと言っても良いほど、カンボジア人はカフェが大好きで、お店はもちろん、路上販売のカフェ屋さんも町の至る所にあるほど、カンボジア人には無くてはならない存在です。

なので今回、カンボジアのカフェ事情もお話しつつカンボジアでカフェの買い方についてご紹介することで、カンボジアの事が少し知る事が出来るかもしれません。なので最後までお付き合いください。

1:カンボジアでカフェの購入方法(クメール語)紹介します!

はさっそく、カンボジアでカフェを購入する方法をご紹介していこうと思うのですが、今回は日本人の方が経営している「UEDA COFFEE」というお店がカンボジア(プノンペン)の路上販売コーヒー屋さんとしては凄く有名であり味も凄く美味しいので、UEDA COFFEEをご紹介しつつ、カフェの買い方についてもお話していきたいと思います。

 

まずカンボジア内の基本どこでも、町を歩いていると…

この☝様な感じの、路上販売コーヒー屋さんがいますので、そこでカフェ(コーヒー)を買います。

 

UEDA COFFEEの凄いところは、お店の販売のおねぇさん達の愛想の良いところ...

YOSHI@
YOSHI@

僕もカンボジアに来たばかりの頃はクメール語を沢山教えてくれたり、なぜかコーヒーでは無くサトウキビジュースをご馳走になった事もありました(笑)

またメニューも日本語で表記されていたりしているので、観光でカンボジアに来た方にも凄く買いやすい路上販売コーヒー屋さんだと思います。

話は少しそれましたが、UEDA COFFEEでもそうでなくても、路上販売コーヒを見つけたら…

 

YOSHI@
YOSHI@

សួស្តី(スオスダイ)
こんにちは

សួស្តី(スオスダイ)
こんにちは

 

YOSHI@
YOSHI@

សូមកាហ្វេមួយ(ソームカフェームォーイ)
カフェを1つください

 

ここでポイント💡
カンボジアの路上でコーヒーを買う際は大体3通りのメニュがあります。(UEDA COFFEEは4通り)

・កាហ្វេខ្មៅ(カフェクマウ):ブラックコーヒー
・កាហ្វេទឹកដោះគោ(カフェタックダッコー):練乳入りコーヒー
・តែក្រូចឆ្មា(タエクロチュマー):レモンティー

の3種類が主なメニューなのですが、カンボジア人は凄く甘党な方が多いので、កាហ្វេខ្មៅ(カフェクマウ):ブラックコーヒーを頼んでも砂糖が入っているし(砂糖を抜きにしたいなら言わないといけません)、កាហ្វេទឹកដោះគោ(カフェタックダッコー):練乳入りコーヒーを注文すると、大量の練乳が入ったコーヒーが登場します(笑)

でも常に気温が高く暑いカンボジアにこの激甘コーヒーが凄く合うんです(笑)でも、飲み過ぎると絶対病気になりますので、飲み過ぎにはご注意を。

 

កាហ្វេទឹកដោះគោ(カフェタックダッコー):練乳入りコーヒーを注文すると、おねぇさん達が...

 

☝の動画の様にカチャカチャとコーヒーに砂糖や練乳を投入し混ぜてくれます。日本ではなかなか見れない光景ですが、手際よくコーヒーを作ってくれますよ!

また砂糖の量を自分のお好みで調節することも可能なので…

 

全く砂糖がいらない場合:

YOSHI@
YOSHI@

オッヨークスコーテー
砂糖はいらないです

少し砂糖が欲しい場合:

YOSHI@
YOSHI@

ソームスコーテッテッ
砂糖少な目でお願いします

の様に店員さんに伝えると、砂糖の量を調節してくれます!

 

あとは飲み物を受け取り、お金を支払えば路上のコーヒー屋さんでのコーヒー無事ゲットです!

因みに路上コーヒー屋さんの場合だと、基本的に4000~5000リエル(日本円:100円~150円程度)で購入が可能です。

 

コーヒーの購入後は日陰に入り、店員さんのおねぇさん達とお話をしながら過ごすのも良し、美味しいコーヒーを飲みながら町をぶらぶらするのもありと、のんびりとカンボジアでの楽しいひと時をお過ごしください(笑)

 

せっかくカンボジアに旅行でお越しの際には、ぜひ少し現地の方も利用するローカルなコーヒーを味わっていただきたいなと思いましたので、今回このような記事を書いてみました。ぜひ一緒にクメール語でのカフェ購入にも挑戦して頂ければと思います。

 

YOSHI@
YOSHI@
 

この記事を書いていたら、カンボジアに帰りたくなった(笑)

というわけで「カンボジアでカフェの購入をクメール語で挑戦してみよう」というテーマでお話をさせて頂きました。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が『面白かったな』『役に立ったな』と思った方は是非SNSでのシェアお願いします。

 

▼カンボジア旅行を充実させる本を片手に旅に出かけよう△

それでは
YOSHI@

 

世界には僕らが知らない世界が広がっています。
ちょっと日本から出てみて新しい景色や雰囲気を味わってみませんか?
海外格安航空券の最安値検索なら スカイチケット!』 ならあなたの行きたい場所・見たい景色へと繋げてくれます。さぁ旅に出かけてみよう!

スポンサーリンク

-アジア旅行, 旅行に関する記事

© 2021 EVERY DAY IS A NEW DAY Powered by AFFINGER5