Ethiopia(エチオピア)

エチオピア独特の時計文化とは?

スポンサーリンク

東アフリカに位置する国、エチオピア
そんなエチオピアへ青年海外協力隊として約1年間滞在していた経験をご紹介♪

今回は「エチオピアの時計文化についてお話します!

 

 

本記事の内容

  • エチオピア独特の時計文化とは?

 

 

 

✔ この記事を書いている人

Twitterはコチラから⇒

大学(びわこ成蹊スポーツ大学)卒業後 ▷ 教員として勤務 ▷ 青年海外協力隊、アイルランドへワーキングホリデーなど計3年半の海外生活を経験した後、地元沖縄にて水泳のインストラクターとして働きながらブログを運営しています。

 

 

 

アフリカ大陸に位置しながら「アフリカではない」と言われるほど、独特な歴史・文化を持つ国としても有名なエチオピア。そんなエチオピア独特文化の中でも時計文化は面白くもあり、実際にエチオピアで生活する際にはぜひ知っておいた方が良い知識の1つと言えます。

そこで今回はエチオピアの時計文化(事情)について詳しくお話していきます♪

 

▼ブログ本文に行く前に、是非☟のボタンをクリックお願いします(ランキングに参加中)△
ブログランキング・にほんブログ村へ  

 

1:エチオピア独特の時計文化とは?

エチオピアの時計文化

私たちが普段使用している時計は夜の0時からスタートし、お昼の12時までの12時間で1サイクルとなっている。しかし、エチオピアでは夜明けから夕暮れまでの12時間で1サイクルとして考える「エチオピア時間」というものが存在し、現地エチオピアではこのエチオピア時間が一般的に利用されている。

 

 

エチオピア時間でいう「夜明け」とは午前6時の事を指し、一般的な時計の午前6時がエチオピア時間では0時。そして「夕暮れ」は午後6時の事を指しており、一般的な時計の午後6時がエチオピア時間の12時となります。

 

YOSHI@
少しややこしいですが、まとめるとこんな感じになります。

 

時間 一般的な時計 エチオピア時間
0時 深夜12時 午前6時
1時 深夜1時 午前7時
2時 深夜2時 午前8時
3時 深夜3時 午前9時
4時 深夜4時 午前10時
5時 午前5時 午前11時
6時 午前6時 午後12時
7時 午前7時 午後1時
8時 午前8時 午後2時
9時 午前9時 午後3時
10時 午前10時 午後4時
11時 午前11時 午後5時
12時 午後12時 午後6時

以上のように一般的に使われている時計とは全く違うのがエチオピア時間です。

 

ポイント

エチオピアと日本との時差は6時間(日本が6時間進んでいる)ため、現在の日本の時刻がエチオピア時間が表すエチオピアの現地時間と同時時刻になります。日本人の方なら覚えやすい方法の1つかと思います。

 

 

そんな独特な時計事情を持つエチオピアでは、約束(時間)の確認が私たち外国人にとってはすごく重要になってきます。よくあるエチオピアでの会話の1つに…

 

 

YOSHI@
明日の予定何時にしようか?

 

うーん。6時はどう?
エチオピア人


YOSHI@
6時って、ヨーロッパ時間?エチオピア時間?


エチオピア時間だよ!
エチオピア人


YOSHI@
オッケー!じゃあ明日6時に会いましょう!

 

 

以上のような感じで、エチオピア人と時間の約束をする際には「ヨーロッパ時間(一般的な時計)」なのか?「エチオピア時間」なのかを確認する必要があります。※もし時間を間違えていれば、6時間約束時間が違うことに…涙。

 

エチオピア人と約束するから「エチオピア時間」の一通りだとすごく楽なのですが、エチオピア人もエチオピア以外の国では、ヨーロッパ時間(一般的な時計)が使われていることを認識しており、僕ら外国人に対して時々親切心でヨーロッパ時間で伝えてきたりすることがあります。

また、エチオピア現地の公共交通機関(バス。電車など)での時刻表なども、ヨーロッパ時間で表記されているものもあれば、エチオピア時間で表記されているものがあったりと、統一性があまりありません。そのためエチオピア、エチオピア人と時間の約束をする際には「時間の確認(ヨーロッパ or エチオピア)が必要」です。

 

 

YOSHI@
エチオピア滞在当初は、この時間の感覚に何度も振り回されました。

 

 

すごく僕ら外国人にとってはややこしいエチオピア時間ですが、時間の文化までも他国と違うエチオピアの歴史・文化をはじめとする独特さはどこの国にもないエチオピアだけのものだと思いますので、僕自身エチオピアで滞在中に多くの文化に触れることができよい経験だったなと感じています。

 

エチオピアにこれから滞在される予定のある方、エチオピアに興味のある方を含め多くの方にこの面白い文化を持つエチオピアの良さが伝わってくれたら嬉しいです♪ これからも僕自身が体験したエチオピアの情報などを記事にしていけたらと思います!

 

 

 
▲エチオピアの事をもっと知ることのできる書籍も発売されています。ぜひご参考ください!▽

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が『面白かったな』『役に立ったな』と思った方は是非SNSでのシェアお願いします。

 

それでは
YOSHI@

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YOSHI@

沖縄出身、30歳|現在、水泳インストラクターとして活動中。活動拠点は沖縄県になります。|【旅行】【カフェ】【筋トレ】が趣味。

~ 経歴 ~
びわこ成蹊スポーツ大学 ⇒ 沖縄県で臨時教員 ⇒ 青年海外協力隊 ⇒ アイルランドワーキングホリデー ⇒ 現在

◇ 世界10か国、3か国生活経験あり。
◇ Instagramの運営も頑張ってます。

-Ethiopia(エチオピア)

© 2022 EVERY DAY IS A NEW DAY Powered by AFFINGER5