【協力隊生活】人生初の献血をカンボジアで

青年海外協力隊の話

んにちは YOSHI@です!

 

今回のテーマなのですが、だいぶ前の事(2月頃)・・・

人生初の献血に行ってきました!

まさか人生初の献血を途上国(カンボジア)で行く事になるとは思っていませんでした。日本にいる方のイメージとして途上国の医療事情などは凄く悪いイメージがあると思います。(僕もそうでした)実際に、カンボジア・前赴任国のエチオピアでも病院に行く機会が数回ありましたが、日本に比べると絶対に状況は悪いですが、大きな手術とかでない限り(軽い施術や診察など)僕が思っていたよりは大丈夫でした。

そこで、今回献血に行ってきたので医療事情に繋がるかは分かりませんが皆さんに紹介したいと思います。

 

1:そもそもなぜ献血に行く事になったの?

本でも献血に行った事なかった僕が、なぜわざわざカンボジアで献血に行く事になったのか?それは・・・

 

誘われたから(笑)

 

丁度僕が献血に行った日ですが、カンボジアの献血デーの様な日でした。そして、ちょうど僕と同任地で活動を行っている医療系の隊員さんから「献血行ってみない?」というお誘いもあり、人生初の献血にチャレンジしてみる事となりました。

<その日だけ看板なんかが経っていたりとイベント感満載>

献血に行った病院ですが、その医療系隊員さん曰くその方が配属されている州病院の献血センターならおそらく大丈夫である(結構ちゃんとしてるから)とのことで、その州病院の献血センターへ行ってきました。

 

2:実際行ってみての感想

際献血に行ってみての感想・・思ったより全然ちゃんとしていました。

まず施設自体が凄く綺麗で、清潔感がありました。(因みにこの病院日本(JICA)を始め、沢山の国や団体から支援を受けている病院でこの献血センターもおそらく結構最近建てられたものではないかと思います)

日本で献血にいったことが無いので日本との比較は勿論できませんが、ちゃんと問診が行われ、貧血でないかどうかチェックするなど、「行ったらすぐ献血ね!」という感じではなくちゃんとそのドナーさんの健康状態などを把握していたので安心しました(きっと当たり前の事なんだろうけど・・・)

<問診中>

<健康状態チェック:この針は痛い(指に刺すやつ)>

 

問診やチェックを受け、いざ献血。これまでエチオピアで予防接種等で体に針を刺されることが何度かありましたが、エチオピアではめちゃ痛くて(人生で一番かも)しかもちゃんと新しい針を使っているか?とか凄く心配で看護師さんの行動を逐一チェックしていましたが、カンボジアではもちろん新しい針を刺してくれたし、痛くありませんでした(普通)そして定量の血をさーと抜かれ(時間で言うと10分~15分ぐらい)日本だと献血って結構時間かかるイメージだったのですが、思ってよりも全然速くて驚きました。カンボジアだったからかな。。。(笑)

<献血中・・・>

というわけで、無事カンボジアで人生初の献血を終える事が出来ました。

 

3:献血の後は・・・

事献血が終了した後は、日本と同じようにジュースやお菓子をお貰えました。ただ、バナナチップスとか、パンという何ともカンボジアらしいお菓子達でしたが、美味しく頂きました!!あと、この日が献血デーという事もあり記念T-シャツまでGETしました。(めっちゃ献血感凄いですが(笑))

<カンボジアっぽい:バナナチップス(おそらく手作り)>

 

今回献血を行ってみて、思ったよりも悪くない。と感じました。

そして、きっと”日本でも献血をされる方が少なくて町で献血しませんか?”と募集をしている姿をみる事があるので、カンボジアなど途上国と呼ばれる国ではもっと少ないのかな。と感じます。この献血で少しでもカンボジアに貢献できたかな。とか思ってみたり・・・

日本に帰国後も機会があれば献血行ってみたいな。と思います。そうすれば、カンボジアとの比較も出来ますしね!実際行ってみたら、その比較等も紹介したいと思います。

 

今回は「人生で初の献血をカンボジア」で行ってきたことを紹介させて頂きました。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

それでは

YOSHI@

 

 

 

 


コメント