Ireland [ワーホリ]

アイルランドワーホリ。渡航前に必要な費用とは?

スポンサーリンク

ヨーロッパの島国であるアイルランドで1年間ワーキングホリデー制度を利用し生活を行っていた僕の経験・体験談をご紹介します♬

今回は「アイルランドへ渡航の際に掛かった費用」についてお話します!

 

 

本記事の内容

  • アイルランドワーホリ。渡航前に必要な費用とは?
  • それぞれの目的に合わせて費用は異なる。

 

 

 

✔ この記事を書いている人

Twitterはコチラから⇒

大学(びわこ成蹊スポーツ大学)卒業後 ▷ 教員として勤務 ▷ 青年海外協力隊、アイルランドへワーキングホリデーなど計3年半の海外生活を経験した後、地元沖縄にて水泳のインストラクターとして働きながらブログを運営しています。

 

 

 

☑ ワーキングホリデー制度とは?

2国間の協定に基づいて、青年(18歳~25歳、26歳、29歳または30歳)が異なった文化(相手国)の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために一定の就労をすることを認める査証及び出入国管理上の特別な制度である。
※原則として、各相手国ごとに一生に一度しか利用できない。(Wikipedia引用

決められた国・年齢内なら、その国で滞在はもちろんの事・働くことも許可されるビザが取得できる制度です。※1つに国に対し1度だけ使用が可能。

 

 

 

実際にワーキングホリデー制度を利用し、アイルランドで生活を行っていた僕の経験から、「日本からアイルランドへ出発する時点で掛かった費用」について今回は記事にまとめてみました。

これからワーキングホリデー制度を使い海外へ渡航を考えている方の参考になれば嬉しいです。

 

 

 

 

▼ブログ本文に行く前に、是非☟のボタンをクリックお願いします(ランキングに参加中)△
ブログランキング・にほんブログ村へ   

1:アイルランドワーホリ。渡航前に必要な費用とは?

僕が実際にアイルランドへ渡航を行う際に掛かった費用の内訳を以下の表にまとめました。

 

航空券(国内) 9,210円
航空券(海外) 88,580円
ビザの申請代 7,900円
国内移動の際の宿泊(1泊) 1,696円
ビザ申請の際に使ったレターパック*2 1,020円
留学保険(10か月分) 131,760円
語学学校(3か月分) 155,984円
教材費 4,504円
入学金 8,365円
滞在先手数料 8,365円
ホームステイの費用(2か月分) 200,772円
ホームステイが始まるまでの滞在費(3泊) 11,560円

 

合計:629,716円

 

補足

①:ビザ申請費用は2020年より7,900円⇒13,800円に価格変更されました。

②:「国内移動」や「国内移動時の宿泊費」に関しては、僕が沖縄出身であり、渡航日の前日からの移動+前泊が必要であった為。

③:「ホームステイまでの滞在費」は現地に到着後、3日間ホームステイ先の受け入れが不可となりホステル滞在を行った為。

 

 

 

☑ 留学エージェントなどを利用すればさらに費用が掛かります。

留学される方など向けにサービスを行っている留学エージェント(仲介会社)を利用する際には、上記の費用に加え「仲介手数料」や「サービス料」などと言った費用が別途で必要になる可能性があります。
※僕の場合、可能な限り費用を抑えての渡航を考えていた為、留学エージェントさんの利用は行いませんでした。

 

アイルランドへのワーキングホリデーの場合、ご自身のみでビザ発行手続きを始めとする渡航手続きは可能でありますので、出来るだけ費用を抑えて渡航されたい方にはオススメですが、「初めての手続きで心配」「手続き関係がめんどくさい」と思われる方は、エージェントさんの利用もご検討ください。

 

 

▲ \参考/ アイルランドのワーキングホリデーVISAの申請方法についての記事▽

 

2:それぞれの目的に合わせて費用は異なる。

ワーキングホリデーと一括りにしても、その方の現地での目的や滞在方法・滞在環境によって費用は大きく異なります。

実際僕の場合だと、「可能な限り費用を抑えての渡航を行いたい。」と考え、航の際に必要となる手続きをすべて自力で行ったり、可能な限りで費用を抑えられる選択を行ったため、記事(上記)で紹介した金額となりました。

 

 

渡航費用を抑えた理由

現地で使用できるお金を可能な限り増やしたい。と考えた結果、渡航前に必要な経費を抑えるという判断に至りました。
実際、アイルランド現地で使うお金も予想していた額よりも高額であった為、ご自身の金銭状況の確認も大切です。

 

 

 

☑ 自分自身が「どこにお金をかけたいのか?」というのが重要

【例え】
・安心した留学生活を送りたい=保証が充実した留学保険選びやセキュリティーがしっかりした滞在先の選択

英語の勉強を1番に考えたい = 質の良い語学学校・コースの選択


ご自身が「お金をかけたい部分にしっかりお金を使う事」がワーホリ・留学生活を充実させる大切なポイントだと思います。そのため、自分自身がワーキングホリデーで「何をしたいのか?」という目的をあらかじめ明確にしておくことが大切となります。

 

 

 

経験者のアドバイス

時間に余裕を持っての行動が大切!

ワーキングホリデー・留学などを行う際には、「あらかじめの下調べ」や「手続き等などを十分に行える時間の確保」がすごく重要です。語学学校の手続きや滞在先(ホームステイやホテルなど)の予約などに関しては早い段階での行動が必要となり、渡航ギリギリでは予約が取れない可能性もあります。

そうなると、「希望通りの滞在」や「予定以上の費用が掛かる」などご自身の損にも大きく繋がりますので、時間に余裕を持っての行動を強くオススメします。

※ワーキングホリデーに関する手続き等に2か月ほどは最低必要です。そのため、「下調べ・計画」は1年や1年半前を目安に行動を開始させると十分な時間の確保ができるかと思います。

 

 

 

ワーキングホリデー・留学に関する相談(カウンセリング)などを無料で行っている留学エージェントさんも数多く存在していますので、興味のある方はまずは「留学のプロの方」や「経験者の声(ブログ等)」からしっかりと情報を集めて、ご自身に希望に合った留学・渡航プランを見つけていただけたらと思います♬

 

 

 

 

▽ワーキングホリデーに関する書籍が販売されています。ご参考にどうぞ!▲

 

▽アイルランドに関する情報は「地球の歩き方」からゲットしよう!▲

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が『面白かったな』『役に立ったな』と思った方は是非SNSでのシェアお願いします。

 

それでは
YOSHI@

スポンサーリンク

-Ireland [ワーホリ]

© 2021 EVERY DAY IS A NEW DAY Powered by AFFINGER5