Ireland [ワーホリ]

【アイルランドワーキングホリデー】僕がアイルランドを選んだ④つの理由をご紹介♪

YOSHI@
こんにちは。YOSHI@です! この記事は「アイルランドをワーキングホリデー先として選ぶ理由は何だろう?」と思われている方の疑問解消のお手伝いができる記事となっています。

 

 

本記事の内容

  • ワーキングホリデー先にアイルランドを選んだ理由

 

 

✔ この記事を書いている人

Twitterはコチラから⇒

大学(びわこ成蹊スポーツ大学)卒業後 ▷ 教員として勤務 ▷ 青年海外協力隊、アイルランドへワーキングホリデーなど計3年半の海外生活を経験した後、地元沖縄にて水泳のインストラクターとして働きながらブログを運営しています。

 

 

 

ヨーロッパに位置する国、アイルランド。青年海外協力隊として発展途上国で2年間生活を終えた後に、「先進国で生活をしてみたい」という思いから、ワーキングホリデー制度を利用しアイルランドでの生活を行いました。

 

ワーキングホリデー制度とは??

2国間の協定に基づいて、青年(18歳~25歳、26歳、29歳または30歳)が異なった文化(相手国)の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために一定の就労をすることを認める査証及び出入国管理上の特別な制度である。※原則として、各相手国ごとに一生に一度しか利用できない。(Wikipedia引用

 

 

 

【僕がワーホリを利用する1番の理由】:語学力(英語)を向上させるため

先進国での生活経験を得たいという事ももちろんですが、1番は語学力(英語)を向上させたいという思いが1番強かったため、渡航先は英語圏の国に必然的に絞られることになりました。

 

 

 

今回は数多くある英語圏の国の中で、「なぜ僕がアイルランドに渡航することをきめたのか?」について詳しくご紹介していきたいと思います。
YOSHI@

 

 

▽アイルランドに渡航の際には「地球の歩き方」がオススメ!▲

 

 

▼ブログ本文に行く前に、是非☟のボタンをクリックお願いします(ランキングに参加中)△
ブログランキング・にほんブログ村へ   


 

 

 

1:ワーキングホリデー先に”アイルランド”を選んだ④つの理由

アイルランドの基本情報

北西ヨーロッパに位置し、北大西洋のアイルランド島の大部分を領土とする共和制国家。代替的な記述でアイルランド共和国(アイルランドきょうわこく、愛: Poblacht na hÉireann、英: Republic of Ireland)としても知られる。首都はダブリン。(Wikipedia引用

 


-アイルランドの位置-

 

 

YOSHI@
ヨーロッパ諸国の1つのアイルランド。まだまだ日本では馴染みの薄い国ではありますが「なぜ僕がこの国をえらんだのか?」を以下にご紹介させて頂きます。

 

 

【理由①】:英語圏の国の中で日本人の比較的少ない国

「英語圏の国の中で比較的日本人の少ない国」とされるアイルランド。

 
 
実際、日本で人気にワーホリ渡航先としてあげられるのは、カナダ・オーストラリア・イギリス・ニュージーランドなどです。※因みに下記の記事ではアイルランドは16位/26か国中という結果でした。

 

 

YOSHI@
アイルランドの年間のワーキングホリデー制度を利用した日本人へのビザ発行数も800人が上限とされているため、認知度も受け入れ数もまだまだ少ない国と言えます。

 

 

 

ワーキングホリデー制度を利用する1番の理由は:語学力(英語)の向上が目的

「日本人が嫌い」などではなく、同じ日本人が多く外国で居てくれることは凄く安心感を感じますが、「英語を学ぶ上での日本人の存在」を考えた際、「日本人と一緒にいることで日本語で接する機会が増え、英語を使う機会が少なくなるのでは?」と考えれらると共に「自分の本来の目的を見失う可能性」も感じました。

 

 

そのため、国を選ぶ際に「日本人の滞在数が少ない国を選ぼう」と考えインターネット検索をかけた結果=アイルランドが1番僕の考えに当てはまった国でした。

 

 

実際のアイルランド

「日本人が少ない」と言われるアイルランドですが、実際現地で生活してみても「日本人少ないな」と感じました。1年3カ月ほど滞在しましたが、実際関わった日本人(友達になった方)の数は10人以下でした。また街で日本人を見かけることも結構珍しく、多くの滞在期間は日本人以外の国籍の方との交流に時間を費やすことが出来ました。

 

 

 

【理由②】:ヨーロッパ生活への憧れ

「ヨーロッパに位置している」という部分もアイルランドの魅力の一つ。

単純に「ヨーロッパという響きがかっこいい」事と、「いつか行ってみたい・暮らしてみたい」と元々考えていたこともあり、アイルランドはその思いも叶えてくれる国でした。
※アイルランドへ渡航前まで、エチオピア⇒カンボジアと途上国での生活でしたので次は「ヨーロッパだな」と心なしか感じていました。

 

 

実際のアイルランド

アイルランドはヨーロッパ諸国に位置していることやヨーロッパ内でLCCの航空会社が発達していることから、旅行が凄くお手軽価格で行う事が出来ます。(1000円以下で飛行機に乗れることもあります)そのため、いろいろなヨーロッパの国も旅したいと考えている方にとって凄くおススメな国と言えます。

 

 

 

【理由③】:比較的治安のよい国

「治安が良い」という部分でもアイルランドを魅力的に感じた理由の1つ。

街並みが素敵さなど凄く魅力的な国が多くあるヨーロッパですが、治安面が悪い印象も少なからずあります。しかし、アイルランドは世界的にみても比較的治安のよい国の1つとして知られています。

 

 

Dliftと呼ばれるインターネットサイトが紹介している「世界の治安ランキング」を参考にお話させて頂くと... ※世界平和度指数は、イギリスのエコノミスト紙が各国や地域がどれくらい平和かを相対的に数値化したものらしいです。

 

 

アイルランドのランキング = 13位/163位中
※日本の順位は6位

 

 

YOSHI@
アイルランドは日本よりも重犯罪(殺人・強盗など)が少ないと書いてある記事もあるほど、そ治安が安定している国であるという事も魅力的でした。

※治安が良いといっても、外国ではありますので軽犯罪(スリ・ひったくり等)は頻繁に発生しているようです。旅行で来られる際にはお気をつけてください。(そういう面では日本は恵まれている)

 

 

 

実際のアイルランド

実際アイルランドで生活してみて「治安は良いな」と日々感じていました。夜でも1人で女性が街を歩くことが出来たり、基本的には日本の治安とほぼ変わらない印象を感じました。しかし全く犯罪は0という事ではなく軽犯罪・重犯罪共に発生をしていることは確かで、過去に日本人が殺害される事件等も発生はしていますので、犯罪・トラブルに巻き込まれない意識をして生活することは凄く重要です。

 

 

 

【理由④】:単純にフィーリング

「この国が良いかも」と単純に感じたことも理由の1つです。

多くのワーキングホリデーが可能な国をチェック・調べましたがアイルランドがフィーリング的に「行ってみたい」「アイルランドに何か面白いことがありそうだ」と強く感じた国でした。そう感じた理由は全くわかりませんが、「自分自身の感覚(フィーリング)に身を任せてみよう」と感じてみました。

 

 

 

実際のアイルランド

実際アイルランドでの生活が終わた現在でも「アイルランドを選んでよかった」と感じています。その理由は「沢山のかけがえのない出会いに恵まれた」という部分が1番大きいです。国籍関係なく多くの国の方と交友関係を深め、親友と呼べるような友達もできました。日本に帰国した後のこれからずっと繋がっていたい人達と出会えたことは僕にとって価値あることだと感じています。

 

 

-アイルランドで出会った友人達-

 

 

以上が僕がアイルランドを選んだ理由でした。

 

 

 

2:理由は人それぞれ”後悔しない選択”をすることが大切!

【語学の勉強がしたい】【海外での生活に憧れて】など、ワーキングホリデーや留学を考える方にはそれぞれの理由があると思います。

僕自身、「語学(英語)の勉強」「先進国での生活」がしたいという事がメインとなりワーキングホリデ制度を利用しアイルランドに渡航をしましたが、「アイルランドで生活が出来てよかった」と強く感じています。そして「アイルランドを選んで正解だった」とも感じています。

 

 

 

YOSHI@
ワーキングホリデーでも語学留学でもそうですが「人生に1度やるかやらないか」という人がほとんどなものです。そのため「どの国にいくのか?」「どんなことを外国でしたいのか?」を考えて国選びを行う事は凄く重要だと思います。

 

 

 

理由の内容や種類は人それぞれありますが、せっかく日本を離れての生活を行うからには【後悔のない選択】をいかにできるかが大切で、自分が夢見た生活や目標を叶えられるような国・場所に出会えることできるような事前の下調べも必要かもしれません。

現在の世の中はコロナウイルスの影響もあり、海外での生活・渡航が厳しくなっています。だからこそ【チャンスをしっかり掴む努力】がすごく必要で、【行ってよかった】と思える経験ができる旅ができるような選択が大事です。

 

 

YOSHI@
少しでも多くの方が、【自分の夢や目標が叶えられる】海外留学になることを願ってます♪

 

 

▽ワーキングホリデーに関する書籍の販売もされています。気になる方はチェック!▲

 

▲自宅で【簡単英会話】が可能なDMM英会話を利用して日本にいながら留学気分▽

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が『面白かったな』『役に立ったな』と思った方は是非SNSでのシェアお願いします。

 

それでは
YOSHI@

スポンサーリンク

-Ireland [ワーホリ]

© 2021 EVERY DAY IS A NEW DAY Powered by AFFINGER5