Ireland [ワーホリ]

【アイルランドワーキングホリデー】アイルランドで働くなら取得必須!”PPSナンバー”の取得までを3ステップでお話します。

スポンサーリンク

YOSHI@
YOSHI@

こんにちは。YOSHI@です!
この記事は「アイルランド生活情報をお探しの方」「アイルランドで働く際に必須なPPSナンバーの取得について気になる方」にぜひ読んでもらいたい記事となっています。

 
 
今回は”アイルランドワーホリの話”という事で、「アイルランドで働く際に取得が必須なPPSナンバー」についてお話をします。
 
 
 

【僕の情報】

Twitter(@yoshiswim05

大学(びわこ成蹊スポーツ大学)卒業後 ▷ 教員として勤務 ▷ 青年海外協力隊、アイルランドへワーキングホリデーなど計3年半の海外生活を経験した後、地元沖縄にて水泳のインストラクターとして働きながらブログを運営しています。

 

 
 
PPSナンバーとは:
Personal Public Service Number (PPSN)の各単語の頭文字を取ったもので、国が社会保障や税金の情報を管理しやすくするために発行しているもの。(日本でいうマイナンバー)また、外国人でもアイルランドで仕事をする場合、このPPSナンバーの取得が必須。
 
 
アイルランドで働く場合にはPPSナンバーの取得が必至であることから(僕のPPSナンバーの取得が必須でした。)僕自身の体験談も含めながら出来るだけわかりやすくPPSナンバーの取得までの流れをご紹介します。
 
 
 
-関連記事-
 
 
▼ブログ本文に行く前に、是非☟のボタンをクリックお願いします(ランキングに参加中)△
ブログランキング・にほんブログ村へ
 

アイルランドで働くなら取得必須!”PPSナンバー”の取得までを3ステップでお話します。

”PPSナンバー”取得までの流れを3ステップで以下にご紹介させて頂きます。

 

ステップ1:PPSナンバーを登録ための予約(アポイントメント)

”PPSナンバー”取得のためのスッテプ1はIntreoと呼ばれる機関での登録するための予約(アポイントメント)」です。

 

 

PPSナンバーを登録する前に、アイルランドに長期滞在する予定の登録が必須なGNIB(外国人登録)を終わらせておく方がスムーズに手続きが可能なので、まずはIRP(GNIB)の登録を終わらせましょう。
豆知識:アイルランドで登録等の手続きを行う際、基本的に予約制となっていることが多く、まずは予約を登録先の機関にする必要があります。(GNIBや銀行口座開設など)

 

 

 
 
 

PPSナンバー取得の為の予約(Interoへの予約)は  My Welfare から可能となっていますので、以下に予約方法をご説明させて頂きます。

 
 
  • 以下の画面より「Appintments」をクリック
 
 
 
  • 「PPS number appointment」をクリック
 
 
 
  • 「Create Appointment」をクリック
 

 

以下の画像のようにMyGovIDのログイン画面が表示された後

  • 既にMyGovIDをお持ちの方 ⇒ ログイン作業を行う

     

  • まだMyGovIDをお持ちでない方 ⇒ 画面下部「create Account」からMyGovIDの登録を行う
    補足:My WelfareでPPSナンバー取得の予約をする際には、MyGovIDと呼ばれるアカウント登録が必須
 
 
 
 
 

MyGovIDの登録方法

MyGovIDの登録方法を以下にご紹介させて頂きます。
 
 
  • 「Create Account」をクリック
 
 
 
  • 表示された画面に必要事項(名前・Eメールアドレス・パスワードなど)の入力し登録を完了させる
 
 
  • MyGovIDの登録が完了後、再度MyGovIDにログインしMy WelfareのページにてPPSナンバー取得の予約を行う

 

 

〇 PPSナンバー取得の予約方法

PPSナンバーの取得を行うための予約方法は以下にご紹介します。(PPSナンバー取得の為の予約には全部で5ページの入力事項があります。)

 

 

1ページ目:

  1. 「なんの予約が必要か?」と言う質問 ⇒ PPSナンバー取得を選択
  2. 「この予約は誰の為の予約か?」と言う質問 ⇒ 自分自身を選択

 

 

質問項目の選択の終了後 ⇒ NEXT

 

 

2ページ目:

  1. 名前・生年月日を入力

 

入力事項をすべて入力 ⇒ NEXTをクリック

 

 

3ページ目:

  1. 「手話など特別な対応が必要ですか?」という質問 ⇒ 必要でなければNOを選択

 

質問項目の選択の終了後 ⇒ NEXT

 

 

4ページ目:

  1. 登録を行う場所の選択(僕はDublinのIntero Centerと言う場所で登録しました。)

 

質問項目の選択の終了後 ⇒ NEXT

 

 

5ページ目:

  1. 予約可能な日を選択し、最後確認を行い予約を完了させる

補足:常に予約で埋まっていることが多く、予約困難な場合も頻発しています。)場合によっては1,2か月後の予約などもあります)

 

 

 

以上がPPSナンバーを取得のための予約方法です。

 

 

ステップ2:必要書類の準備

PPSナンバー取得に必要な書類を以下にご紹介します。

 

  1. 住所証明
    GNIBカードが送付された際のレター及び、家の公共料金のレシートなどの公的機関からのレター等で証明が可能

     

  2. ID(パスポート・GNIBカード)
    パスポートとGNIBカードなので特に問題なし

     

  3. PPSナンバーが必要な理由

    ✔ 勤務先(バイト先)などから在籍等が記載したレターを作成してもらい提出が可能

    アイルランドの場合、PPSナンバーの取得している方を優先に採用する流れがある為、PPSナンバーが無い状態での企業からの在籍証明レターを獲得するのは凄く難しい。(国 ⇒ 仕事が見つかったらPPSナンバーの登録 / 雇用側 ⇒ PPSナンバー登録済みの方を優先に採用 という矛盾が生まれている)


    ✔ Driver license(運転免許)を取得するという名目で書類を提出

    アイルランドで運転免許を取得するという理由もPPSナンバー取得の理由に値するため、まだ就職先が見つかっていない方はその方法を使うことが多いです(僕もその1人)
    Driver license(運転免許)を取得するという名目でPPSナンバー取得を考えている方は ⇒ National Driver Licence Serviceのページより、「Driving Licence Application form D401」という用紙をすべて記入し、予約当日に提出を行う事で大丈夫です。

    ※「銀行口座を開設する為」などの理由はPPSナンバーを取得する理由に該当されないらしいです。(担当の方による)



  4. メールで送られてくる予約確認を印刷した用紙

    PPSナンバーの予約を行った際に登録したメールアドレス宛に送られてくる予約確認メールを念の為に印刷をし、当日持ち込むようにしてください。

 

 

以上の4点の書類の準備・提出が必須です。

 

 

ステップ3:予約当日の流れ

PPSナンバー取得の登録予約当日は、必要書類を全て持参の上、予約時刻よりも15分は早く到着する事をオススメ」します。

 

理由:
PPSナンバー登録機関であるIntero Centerは凄く時間に厳しいと有名で、予約時間に1分でも遅れると手続きをしてもらえないことがあるようです ⇒ 早めの行動必須!

 

 

YOSHI@
YOSHI@

多くの方がPPSナンバーの登録を行っている Pernell Street(パーネル・ストリート)のオフィスの地図を以下に添付させて頂きますのでご参考下さい。

 

 

 

【当日の流れ】

  1. 予約時間に余裕を持ち指定したオフィスにて受付を行う
    受付終了後1枚の用紙が渡されるので、自分の時間になるまでに用紙の記入を終わらせる

     

  2. 指定されたデスクへにて、担当者の方とPPSナンバー取得の手続きを行う
    予約時間になると、受付にて指定されたデスクに移動し手続きを行いますが、担当者の容赦のない英語での質問や、凄くスピーディーに物事が進んでいきます。以下に流れを記載。

    ✔ なぜPPSナンバーが必要であるのか?
    ✔ 持参した書類の提出
    ✔ 顔写真を撮影
    ✔ 謎の質問に答える(好きなスポーツは / 最初の職業は?など)

 

 

以上のが当日の流れです。(早い場合10~15分程度で終了)

 

 

 

YOSHI@
YOSHI@

手続きに不具合等が無ければ、10日前後で指定した住所にPPSナンバーが記載されたカードが届きます。

<PPSナンバーカード>

 

取得少し面倒なPPSナンバー、アイルランドで働くなら必須。

回は「アイルランドで仕事をする際に必須となるPPSナンバーの取得方法」についてお話をさせて頂きました。

 

 

YOSHI@
YOSHI@

いかがだったでしょうか?

 

 

PPSナンバーの取得までには...

  • 予約を行う
  • 書類の準備
  • 当日の手続きなど

 

 

YOSHI@
YOSHI@

以上の様な行動が必要なため、少し面倒も感じるのですがPPSナンバーを取得しなければ、アイルランドで働くことが凄く困難ですので「少しでも早くアイルランドで働きたいと考えている方」は、ぜひPPSナンバーの取得に関する準備を入国後すぐに始めることをおススメします。

 

 

アイルランドでのワーキングホリデーなどでの滞在の際には、いくつかの公的手続きがあったりと「めんどくさい」や「不安になる」こともあるかと思いますが、1つつ手続きを行って行けば誰でも大丈夫ですので、しっかりと情報を得ながら楽しくて思い出に残るアイルランド生活になりますこと願っています。

 

 

 

英語圏の8カ国を中心に一人ひとりにあった留学先を見つけることの出来るSchool Withでは
✔ 日本最大級の口コミ数
✔ お申込みまですべてオンラインで完結
✔ 診断機能で自分にあった留学先の発見
✔ 代理店手数料が無料
 
で留学のサポートを行っています。
 
 
【無料で留学相談】が可能ですので、ご希望に合った留学先を見つけるためぜひご活用ください。
 
 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が『面白かったな』『役に立ったな』と思った方は是非SNSでのシェアお願いします。

 

それでは
YOSHI@

スポンサーリンク

-Ireland [ワーホリ]

© 2021 EVERY DAY IS A NEW DAY Powered by AFFINGER5