Ethiopia(エチオピア)

【エチオピア】:この記事でバッチリ!エチオピアの通貨”ブル”について

スポンサーリンク

YOSHI@
こんにちは。YOSHI@です! この記事は「エチオピアの通貨とは?」と思われている方の疑問が解消できる記事となっています。

 

 

本記事の内容

  • エチオピアの通貨について
  • エチオピアの通貨”ブル”について

 

 

✔ この記事を書いている人

Twitterはコチラから⇒

大学(びわこ成蹊スポーツ大学)卒業後 ▷ 教員として勤務 ▷ 青年海外協力隊、アイルランドへワーキングホリデーなど計3年半の海外生活を経験した後、地元沖縄にて水泳のインストラクターとして働きながらブログを運営しています。

 

 

海外へ渡航する際(出張・旅行など)に必ず必要となるお金。国によって通貨はもちろんシステムが異なっていたりする場合もあります。そのため、海外へ渡航される際には下調べとしてお金(通貨)の情報を得ることも大切な準備の1つと言えます。

 

 

今回は、青年海外協力隊として1年間生活していた東アフリカに位置する国「エチオピアの通貨」について詳しくご紹介していきたいと思います。
YOSHI@

 

▽エチオピアの基本情報については以下の記事をご覧ください▲

 

 

 

▽エチオピアに渡航の際には【地球の歩き方】を片手に出かけよう!▲

 

▼ブログ本文に行く前に、是非☟のボタンをクリックお願いします(ランキングに参加中)△
ブログランキング・にほんブログ村へ


1:エチオピアの通貨とは?

エチオピアの通貨

”ブル(Birr)”と呼ばれています。
エチオピアブル(ETB)と表示されることも

 

エチオピアの通貨ブルを日本円に換算すると・・・

1ブル=約2.66円(2021年2月現在)とされています。

 

 

 

YOSHI@
僕がエチオピアで生活していたころ(2016-2017)は1ブル=約5円とされていたことからここ4,5年の間にエチオピアブルの価格が約半分ほどになっています。


 

2:エチオピアのお金(ブル)の種類について

エチオピアの通貨(ブル)には5種類の紙幣(お札)と6種類の硬貨(コイン)があります。

 

 

YOSHI@
それぞれの紙幣についてご紹介していきます♪

 

 

〇 1番大きな紙幣100ブル

100ブルがエチオピア内で一番大きい単位の紙幣です。

一番大きな紙幣と言えども日本円換算300円程度の価格しかありません。そのため現地で大きな金額の買い物を行う際には、お金(ブル)を何枚・何十、百枚と持ち運ぶ必要があります。日本では持ち歩かないような枚数のお札を持つため気分は大金持ち気分ではありますが、正直不便です。

 

 

 

YOSHI@
また、札束は持ち歩く際にかさばる事と安全面的によくないので、基本的には本当に必要な時以外は持ち歩かないようにしていました。

 

 

 

〇 2番目の紙幣50ブル

50ブル日本円換算だと約150円程度の価値

この50ブルは100ブルに比べるとあまり見かけない紙幣のような気がします。ただ、エチオピアではお釣りが無いといわれることも日常茶飯事。そのため100ブルよりも50ブルの方が日常歴な買い物をする際には便利な紙幣だと僕個人的には感じています。

 

 

 

〇 3番目の紙幣10ブル

10ブル日本円換算だと約30円程度の価値

50ブル以下の紙幣は日常的な生活で頻繁に利用するお金で、基本的にはこの10ブル以下のお金が何枚も僕の財布の中には入っていました。一般的なエチオピア人も100ブルや50ブルよりも10ブル以下のお金を持ち歩く方が多い印象です。

 

 

 

〇 4番目の紙幣5ブル

5ブル日本円換算すると約15円程度の価値

5ブルも10ブル同様、日常での使用頻度の高いお金となっていて、公共交通機関(バス等)を利用する際に在ると便利(おつりのやり取りなどで)なお金です。

 

 

 

〇 なかなか出会えない紙幣1ブル札

1ブル札日本円換算だと約3円程度の価値

1ブル札の製造はすでに中止されており、現在では1ブル硬貨(コイン)の利用が主流となっています。そのため、1ブル札はなかなか出会うことのできない紙幣となっています。

 

 

YOSHI@
1ブル札は古い物しか基本的には出回っておらず、運よく出会えたとしても凄くボロボロな紙幣であることが多いのも特徴。

 

 

補足

エチオピアの紙幣は「ボロボロ」になっている場合がすごくが多いです。特に年期の入った紙幣は本当に紙切れの様な見た目です。(でもちゃんとお金です)

【ボロボロな理由】:お札に落書きとか・メモなどを一般的にエチオピア人が行う事や、財布を持つ文化が浸透していないため、ポケットにぐしゃぐやとお金を入れる人が多いため。

 

 

〇 エチオピアで使われている硬貨(コイン)の種類

<表面>
<裏面>

エチオピアの硬貨

左から 1ブル・50セント・25セント・10セント・5セント・1セント(画像なし)
※エチオピアでは基本、硬貨は1ブル・50セントのみの利用が主流

 

 

50セント以下の硬貨(25・10・5・1セント)は世の中に出回っているものの、価値がほとんどないため実質無いのと同等の扱いがされています。

【その例】:
エチオピア現地のスーパーで買い物をする際に、50セント以下金額の会計の場合、小数点以下を切り捨てされることが良くあります。

 

 

豆知識

エチオピアの硬貨のデザインにはライオンが施されていいます。また【エチオピア人はライオンが大好き】

エチオピア人がライオンが好きな理由は、強さの象徴であったり、エチオピアにはブラックライオンと呼ばれるエチオピアの固有種がいる事などからかなと僕個人的には思っていて、現在のエチオピアの国旗になる以前の国旗には、ライオンが描かれた国旗でもあったそうです

 

<昔の国旗>

 

 

以上がエチオピアの通貨の紹介です。

 

 

3:【おまけ】エチオピアの通貨”ブル”は世界一臭いお金??

エチオピアの通貨”ブル”は【驚くほど臭いがキツイ】という特徴があります。

 

 

【その理由】:エチオピアの主食である「インジェラ」が原因

エチオピアで食べられているご飯である「インジェラ」には多くのスパイスが利用されていて、刺激強めな食事の1つです。またエチオピアでは素手で食事をすることが主流であり、食事をした後にしっかり手も洗わずお札を触ったり、レストランでの会計を済ませたりすることが日常的に行われているためお金に強烈な臭いにおいがすると予想されます。

 

▽エチオピアの主食インジェラについては以下の記事をご覧ください▲

 

 

 

YOSHI@
僕自身、沢山ではありませんがアフリカ・アジア圏そして日本などいくつかの国のお金を見てきましたが、一番エチオピアのお金が汚くて・臭いと感じます。

 

 

 

東アフリカの個性・魅力あふれる国、エチオピア。そんなエチオピアの通貨【ブル】を知ることで、よりエチオピアのことをより一層魅力を感じることが出来ると思います。【エチオピアに興味がある方・渡航予定のある方】は現地での生活で使えるかと思いますので、ぜひこの記事に参考にしていただけたら幸いです。

 

 

 

▽エチオピアに関する書籍の販売をしています。興味のある方はチェック!▲

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が『面白かったな』『役に立ったな』と思った方は是非SNSでのシェアお願いします。

 

 

それでは
YOSHI@

スポンサーリンク

-Ethiopia(エチオピア)

© 2021 EVERY DAY IS A NEW DAY Powered by AFFINGER5