Cambodia(カンボジア) アジア旅行 旅行に関する記事

【カンボジア】絶対食べるべき”カンボジアのローカルフード”をご紹介【元青年海外協力隊員オススメ】

スポンサーリンク

YOSHI@
YOSHI@

こんにちは。YOSHI@です!
この記事は「カンボジア情報をお探しの方」「美味しいカンボジア料理を知りたい方」に読んでもらいたい記事となっています。

 


今回は”カンボジア情報”ということで、「元青年海外協力隊員の僕がオススメする絶対食べるべきカンボジア料理」についてお話します。

 

 

 本記事の内容

・カンボジア情報について
・カンボジアのオススメ料理について

 

 

 僕の情報

Twitter(@yoshiswim05

大学(びわこ成蹊スポーツ大学)卒業後 ▷ 教員として勤務 ▷ 青年海外協力隊、アイルランドへワーキングホリデーなど計3年半の海外生活を経験した後、地元沖縄にて水泳のインストラクターとして働きながらブログを運営しています。
 
 
青年海外協力隊として約1年間生活していた東南アジアの国「カンボジア」。独特のスパイスの風味や辛味などを持ち好き嫌いが分かれる事の多い東南アジア諸国の料理の中で、カンボジア料理は日本人の口に合う料理がすごく多く、僕自身カンボジアに生活している際にはほぼ毎日3食カンボジア料理を食べていました。
 
 
そんな約1年間のカンボジアの生活の中で、「これはカンボジアに来たなら食べてほしい」と感じたおすすめ料理を今回は7品ご紹介したいと思います。カンボジア旅行の際などにカンボジアをより知ってもらうための参考になれば嬉しいです。

 

 

-関連記事-

 

▼ブログ本文に行く前に、是非☟のボタンをクリックお願いします(ランキングに参加中)△
ブログランキング・にほんブログ村へ   
 

1:絶対食べるべき”カンボジアのローカルフード”をご紹介


ンボジアに行くなら絶対に食べてほしいオススメ料理⑦品を以下にご紹介させていただきます。

 

①: カンボジア風お好み焼「バンチャウ(បាញ់ឆែវ)

ンチャウ(បាញ់ឆែវ):
「カンボジア風お好み焼き」とも呼ばれ、小麦粉をベースとした生地の中にたっぷりの野菜や肉が挟み込まれた大きな料理を葉野菜などに包みアジアンな甘辛いソースにつけて食べる料理。

 

 

味がおいしいのはもちろん値段もすごく安く1枚(1一人分)1ドル程度で食べれることがほとんど。お腹いっぱい食べても4,5ドルしかカンボジア生活の際にはしていませんでしたので、コスパもすごくいい料理です。

 

 

YOSHI@
YOSHI@

ただこのバンチャウ。レストランなどに置いていることが少ない料理で、ローカルの屋台や超ローカルのお店でのみ基本的には食べることができます。

 

 

<僕がよくバンチャウを食べていたお店:コンポンチャム州>
お店の場所などを知りたい方はぜひコメント欄等でお問い合わせください

 

 

YOSHI@
YOSHI@

見つけるのが難しいのが難点ですが、味・値段はピカイチの料理であること間違いなしなので、ぜひカンボジアで食べていただきたい1品です!

 

 

②: カンボジアの焼うどん「ローチャー(លតឆា)」

ーチャー(លតឆា):

カンボジアを代表する麺料理の1つ。太くて短い麺を炒め野菜と合わせた料理。感覚としては「焼うどん」のような感覚で食べることができ、カンボジアでは朝ごはんなどにも食べられているローカルフード。

 

 

このローチャーはカンボジアではレストランなどではなく、屋台飯として移動式屋台などで手軽に購入ができる料理という事もあり、値段は1人前1ドル~2ドル程度で購入が可能です。
 
<僕がおいしいと感じたローチャー屋さん:コンポンチャム州>
場所等に関してはコメント等でお問い合わせください。

 

 

YOSHI@
YOSHI@

味がしっかりしているので、朝ごはんにはちょっとヘビーかな?という方もいらっしゃるかと思いますが、おやつ代わりになどにもすごくピッタリの料理ですので、カンボジアの観光の合間に試してみてはいかがでしょうか?

 

 

③: 朝ごはんの超定番「ボボー(បបរ)

ボー(បបរ):

「カンボジア風のお粥」的な存在の料理。日本でもおなじみの白米を煮立てただけのお粥から、野菜が入ったもの・鶏肉や魚が入ったものまでさまざまな種類のお粥がある。カンボジアの朝の超定番ごはん1つで、現地カンボジアの朝には多くの方がこのボボーを朝ごはんとして食べている姿を見ることができます。

 

 

ボボーは現地のローカル屋台などで購入が可能で、1人前1ドル~2ドル程度と値段もすごく安い料理です。

<いろいろな種類があり、頻繁に食べても飽きません>

 

 

現地でよく食べられているボボーは、基本的に具材が入っているものであることが多く食べ応えがあり、朝ごはんとしてすごく最適なやさしくもあり温かい料理です。

 

 

YOSHI@
YOSHI@

お酒を飲みすぎた日などの翌日の朝にボボーを食べると「最高においしい」です。またお酒関係なく鶏肉のだしなどがしっかりしみ込んだスープとご飯の相性抜群のおいしい朝ごはんは食べる価値ある料理です。

 

 

④:僕のオススメNo.1のカンボジア料理「チャークニャイ(ឆាខ្ញី)」

ャークニャイ(ឆាខ្ញី):

カンボジアの言語クメール語でឆា(チャー)=炒める。ខ្ញី(クニャイ)=ショウガという意味で、「ショウガの炒め物」という意味を持つカンボジアの家庭料理。千切りにされたショウガが大量に鶏肉や豚肉などと炒められた日本では珍しいショウガがメインとなっている料理。

 

 

YOSHI@
YOSHI@

このチャークニャイが僕のNO.1カンボジア料理で、毎日でも食べたいと思える料理です。

 

 

チャークニャイはカンボジアの家庭料理の定番ではありますが、現地のレストランはもちろんのこと、観光客向けのレストランでもおいていることがすごく多い料理で手軽に注文ができます。値段はお店にもよるのですが、1人前2ドル~4ドル前後では購入が可能であることが多いです。

 

 

YOSHI@
YOSHI@

ショウガがこれでもかというほど投入され、ショウガの辛みはもちろんのこと甘じょっぱく味付けされた全体的に濃いめの味は白米と一緒に食べれば絶品。体調の悪い時などにも食べれば体ポカポカ元気が回復すること間違いなしです。

 

 

⑤:ナス好きにはたまらない「チャートロアップ(ឆា​ត្រប់)」

ャートロアップ(ឆា​ត្រប់):

茄子とひき肉を炒めたカンボジアの家庭料理。下処理の段階で茄子を炭火でトロトロになるまで加熱することで、炭火の香ばしい風味と茄子のトロトロ感がたまらなくおいしい料理。ナスやひき肉の処理に時間がかかるため家庭料理の1つですが、頻繁には登場しない料理でもあります。

 

 

チャートロアップは現地のローカルレストランで購入が可能。しかし下処理のめんどくささなどから置いていないお店も結構あり、見つけるのは少し難しいです(タイミングにもよる)。価格としては1人前2ドル~4ドル程度あれば購入ができます。

 

 

 

YOSHI@
YOSHI@

カンボジアで生活中に、チャートロアップをカンボジア人と一から手作りしたのですが、完成までに4時間ほど掛かりました。それぐらい手間暇のかかる料理です。

 

 

料理自体の味付けは少ししょっぱい味付けで、トロトロの茄子の感じとひき肉の食感などがうまくマッチして白米がススムこと間違いないです。茄子好きはもちろんのこと多くの方にカンボジアのこの茄子料理を堪能してください。

 

 

⑥:あっさりスープが心と体を癒してくれる「クイティウ(គុយទាវ)

イティウ(គុយទាវ):

カンボジアの定番面料理の1つ。米から作られた麺を利用した料理で、あっさりとしたスープでカンボジアの定番朝ごはんとしても知られている。濃いめの味付けの多いカンボジア料理の中でもこのクイティウは比較的、薄め(あっさり)とした味付けで一口飲めば心も体も癒されるような優しい味が特徴。

 

 

クイティウはカンボジアの国民食で多くのカンボジア人が食する料理ではありますが、基本的には家庭で作られることはなく、レストランや屋台などで購入し食べられることの多い料理です。価格帯は1人前2ドル~3ドル程度あれば購入ができます(ローカルの場合)。

<僕が頻繁にクイティウを食べていたお店>
お店の場所などに関してはコメントなどでお問い合わせください。

 

 

YOSHI@
YOSHI@

米から作られた米麺のスルスル感と、あっさりした優しい味のスープは日本人の口に合うこと間違いなしで、温暖な気候のカンボジアでの滞在中の疲れを癒してくれると思いますので、ぜひカンボジアでお試しください。

 

 

⑦:男性人気NO.1ガッツリ朝ごはん「バイサイチュルーク(បាយសាច់ជ្រូក)」

イサイチュルーク(បាយសាច់ជ្រូក):

カンボジア朝ごはんの定番料理。豚肉を甘辛いタレに漬け込んだ後、炭火でしっかりと焼き白米の上のドンとのっけたボリューム満点の料理。肉・白米+卵や甘辛い漬物と一緒に食べるため味も濃いめではありますが、なぜか朝からでも食べれるこの料理。多くのカンボジア人が早朝からガッツリとこのバイサイチュルークを食べている姿を見かけることができます。

 

 

バイサイチュルークはカンボジアの国民的朝ごはんの1つであり、朝の時間帯のレストランや屋台などで購入が簡単にできます。価格は1人前2ドル前後であることがほとんど(ローカルの場合)。

 

 

YOSHI@
YOSHI@

お店によって味付けが全く違い。自分好みのバイサイチュルークを探すのも楽しいです。朝からボリューム満点のガッツリ飯を食べれば、カンボジアの暑い日中を元気に過ごせること間違いなしです。

 

 

以上の7品が「僕がオススメするカンボジア料理」です。

 

2:日本人の口にも絶対に合う絶品料理がカンボジアにはたくさん!


今回は”カンボジア情報”ということで、「元青年海外協力隊員の僕がオススメする絶対食べるべきカンボジア料理」についてお話しさせていただきました。

 

 

YOSHI@
YOSHI@

いかがだったでしょうか?

 

 

実際に約1年間カンボジアで生活を行ってきておくのカンボジア料理を食べてきましたが、「日本人の口にも合う料理」がカンボジアにはたくさんあります。東南アジア独特の調味料などが使われた癖のある料理ももちろんありますが、「日本でも食べたい」と思える料理もたくさんありました。

 

料理の種類もすごく豊富でおいしいカンボジア料理。カンボジアに生活する方だけではなく、旅行で行かれる際にもカンボジアの食文化などに触れるという意味でも、今回ご紹介した7品を含む多くのカンボジア料理を試していただけたらなと感じます。

 

 

YOSHI@
YOSHI@

「好きなカンボジア料理を探す」などもカンボジア旅行を充実させる旅の仕方の1つかもしれませんので、ぜひこの記事を参考にカンボジア旅行などを充実させていただければ幸いです。

 

 

 

 

KKdayは、海外オプショナルツアー専門のオンライン予約サイトです。

☑ 世界各地80カ国、2万種類を超える豊富な体験プランの中から、簡単に検索&購入が可能

☑ 海外現地オプショナルツアーも、日本語対応&クレジットカードで楽々決済!
海外旅行初心者の方でもスムーズに、安心に旅行プランをカスタマイズできるサービスです。


▽あなたの新しい冒険をKKdayと共に充実させましょう:公式サイトはコチラから▽
 
 
 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が『面白かったな』『役に立ったな』と思った方は是非SNSでのシェアお願いします。

 

 

それでは
YOSHI@

スポンサーリンク

-Cambodia(カンボジア), アジア旅行, 旅行に関する記事

© 2021 EVERY DAY IS A NEW DAY Powered by AFFINGER5