Ireland(アイルランド)

【ヨーロッパ】アイルランド:ダブリンから少し郊外へ...北側にある町”Malahide(マラハイド)”へ観光に行ってきました。

スポンサーリンク

YOSHI@
YOSHI@

んにちは。YOSHI@です!
この記事は「アイルランドの観光情報をお探しの方」「Malahaideについて知りたい方」への記事となっています。

 
今回は”アイルランド情報”という事で、首都ダブリンから少し郊外にある町「Malahide(マラハイド)」という場所にに観光に行ってきたお話をさせて頂きたいとおもいます。
 
YOSHI@
YOSHI@

このMalahaide(マラハイド)という町は凄く綺麗で、行ってよかったと思える町でしたので今回はこの町の魅力を出来る限りお話出来ればと思います。ぜひ最後までご覧ください。

 

▼ブログ本文に行く前に、是非☟のボタンをクリックお願いします(ランキングに参加中)△
ブログランキング・にほんブログ村へ

1:ダブリンから少し郊外へ...北側にある町Malahide(マラハイド)へ観光に行ってきました。

はさっそくですが今回ご紹介させて頂くMalahide(マラハイド)という町についてお話していきたいと思います。Malahaideはアイルランドの首都ダブリンの中心地からのアクセス方法としては、バスでも電車でも行く事が可能です(所要時間は1時間以内程度で行く事が出来ます。)

 

<アイルランドの地図は☝をご参考下さい>

 

YOSHI@
YOSHI@

少しだけ出かけたい(遠出したい)な。

 

とか思ったときに出かけると丁度良い距離にありました。そして僕が実際に行った際には、同じ語学学校に通っている日本人の方たちに誘われたので、せっかくなのでという事で行みんなで観光に行ってきました!

 

<Malahideの観光マップ>

 

YOSHI@
YOSHI@

また、アイルランドではこのような感じで、各場所によってオシャレな観光マップがある様で、これはMalahide(マラハイド)の観光マップですが凄く可愛らしいマップでした。(さすがヨーロッパって感じの地図)

 

2:Malahide(マラハイド)での目的とは?

単にではありますが、Malahide(マラハイド)についての基本情報をお話させて頂いたところで、「なぜ今回僕らがMalahideに行く事にしたのか?」という事をお話していきたいと思います。僕らのMalahideでの一番のやりたかったことは...

 

お城(Malahide Castle:マラハイド城)を見る事
 
 
因みにマラハイド城とは:
800年近くタルボット家という家系が所有していた城なのですが、城自体は12世紀に建てられました。また15世紀には大ホールなどが建設され、18世紀には家具、レセプションルーム、エントランスホール、コーナータワーなどが設置され、当時の様子を感じる事の出来る場所として人気です。
でしたが結果からお伝えすると…
 
お城の中に入ることが出来ませんでした。。。
 
理由としては、その日が祝日であったため電車やバスなどの公共交通機関の運行本数を減らしていたりなどがあり、思うようにマラハイドにたどり着けず(若干途上国っぽい(笑))
 
YOSHI@
YOSHI@

そして無事辿り着いてからも、ご飯を食べたりを済ませお城に向かったのですが... なんとお城に最終の入場の時間に10分間に合わず、中に入ることが出来ませんでした。

 
※因みに サマーシーズンは午後4:30最終 / ウインターシーズンは午後3:30最終の様です。
<これがマラハイド城:正面はちゃんと写真を撮ってきました>
 
なので、今回一番の目的が達成されず... という事に終わってしまいましたが… とりあえずマラハイドで出来る事をやってきましたので、次で紹介したいとおもいます。
 
YOSHI@
YOSHI@

一番目的にしていることを達成できないとは...爪が甘かった(笑)

☆Malahaide城の公式ホームページは ☞ コチラから

3:Malahide(マラハイド)でやった事

Malahideに行く一番の目的は達成されませんでしたが… それ以外で、Malahidenに行ってやったことをご紹介したいと思います。
 

〇 マラハイドの町を歩く

りあえず、マラハイドの町を歩いてみました。

 

YOSHI@
YOSHI@

これより街並みの画像をいくつか貼らせて頂きます。

 

<マラハイドの中心地:凄くのんびりした町でした>

<綺麗な花屋さんがあったり>

<インスタ映えしそうな家が立ち並んでいました>

<海もあり、ヨーロッパっぽいハーバーもありました>

 

このような感じで、ヨーロッパ感・ダブリン市内とはまた少し違った様子を感じる事が出来ました。この日凄く良い天気だったので、多くの方が外でピックニックや日向ぼっこをしていて凄く良い感じでした!

 

〇 カフェでLunch

シャレなcafeで、ランチもしてきました(ここでゆったりとし過ぎて、お城に入場できなかったのですが...笑)今回僕らが言ったカフェは、マラハイド城のインフォメーションオフィスに配列している、カフェでご飯を食べてきました。

 

AVOCAという名のカフェ・レストラン

 

YOSHI@
YOSHI@

凄く雰囲気も良く、沢山の観光客・現地の方で賑わっていました。また、同じ建物内に雑貨屋さんなどもあり、オシャレな雑貨なども買い物出来ますので、好きな方には最高の場所かも知れません。

 

 

僕はこの日、ラザニアを食べてきました(値段15€とお高い)けど、味は凄く美味しかったです!!すみませんお店の様子は撮るの忘れていました...)

 

〇 マラハイド場内の敷地で日向ぼっこ

は、マラハイド城がある敷地内には、凄く大きな公園?ガーデンがあり、城内へ入場できなかったので...

 

そのガーデンで日向ぼっこをしてきました。

 

城内に入場するには入場料が必要ですが(大人 €14 | 子供 €6.50)、ガーデンなどの敷地内には無料で入ることができ、現地の方などはその芝生でピクニックしたりとゆったりとした時間を過ごしていました。

 

<こんな広い敷地で、しかも綺麗な芝生>

<いたるところにベンチなども設置されていて、凄く良い敷地でした>

 

なんだかんだで、1時間ぐらいのんびりと時間を過ごしました。
こういう時間も悪くないな...なんて思ったり

 

海外行くなら!イモトのWiFi

4:行ってよかったMalahide(マラハイド)

Malahidedでやりたかった一番の目的は果たされませんでしたが…
 
なんだかんだで、行ってよかったなと感じています
 
はじめて、ダブリンのしないから外に出たのですが、こんなにも市内と様子が違うのか?と少し驚きもありつつ、凄くいいな。(のんびり感)と感じました。(是非今度、市内の様子もご紹介したいと思います)
 
YOSHI@
YOSHI@

お城の方には入場できていないので、是非再度リベンジをしたいと思います!(リベンジした際には、ブログで紹介します)

 
もし、アイルランドに旅行で来られる方で、時間に余裕がある方などは行かれてみてもいいかと思います。(日帰り・半日で帰る事も可能なので)
 
今回は”アイルランド情報”ということで、首都ダブリンのの中心部から北へ1時間ほどに行った先にある町「Malahide(マラハイド)」についてお話をさせていただきました。この記事が少しでも読んで頂いた方のお役に立てていれば幸いです。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が『面白かったな』『役に立ったな』と思った方は是非SNSでのシェアお願いします。

 
▼アイルランドへの旅行・滞在がより充実する本を片手に旅に出かけてみませんか?△

それでは
YOSHI@
 
 
世界には僕らが知らない世界が広がっています。
ちょっと日本から出てみて新しい景色や雰囲気を味わってみませんか?
海外格安航空券の最安値検索なら スカイチケット!』 ならあなたの行きたい場所・見たい景色へと繋げてくれます。さぁ旅に出かけてみよう!

 

スポンサーリンク

-Ireland(アイルランド)

© 2021 EVERY DAY IS A NEW DAY Powered by AFFINGER5