Ireland(アイルランド)

【アイルランド】首都ダブリンのホステル”The Times"に宿泊♪【評価・レビュー】

スポンサーリンク

YOSHI@
こんにちは。YOSHI@です!
この記事は「アイルランドの首都ダブリンにあるホステルについて情報が知りたい」という方にとって有益な情報をお話します。

 

 

本記事の内容

  • アイルランドの宿泊施設事情について
  • ダブリンのホステル”The Times”について

 

 

 

✔ この記事を書いている人

Twitterはコチラから⇒

大学(びわこ成蹊スポーツ大学)卒業後 ▷ 教員として勤務 ▷ 青年海外協力隊、アイルランドへワーキングホリデーなど計3年半の海外生活を経験した後、地元沖縄にて水泳のインストラクターとして働きながらブログを運営しています。

 

 

ヨーロッパに位置する国、アイルランド。雄大な自然をはじめ多くの魅力的な歴史、文化を持つ国としても有名な国。そんなアイルランドなのですが、ヨーロッパという土地柄などもあり「比較的物価の高い国」となっています。

多くの国からアイルランドを訪れる方が多い一方で、通常のホテルなどは宿泊料が高価であることが通常で、1-2泊以上の滞在となるとホテルよりもホステル等の割安な宿泊施設を利用される方がすごく多いです。

 

 

そこで今回は「首都ダブリンのホステル事情」や「僕が実際宿泊した”The Times Hostel”について」ご紹介していきたいと思います。
YOSHI@

 

 

 

▽アイルランドの情報を得るにオススメな「地球の歩き方」。気になる方はぜひ購入を!▲

 

▼ブログ本文に行く前に、是非☟のボタンをクリックお願いします(ランキングに参加中)△
ブログランキング・にほんブログ村へ


 

 

 

1:アイルランドの”宿泊施設事情”について

アイルランドでよく利用される宿泊施設

☑ ホテル(宿泊価格:¥10,000程度~)

☑ ホステル(宿泊価格:¥3,000程度~)

☑ B&B (宿泊価格:¥6,000程度~)

☑ ゲストハウス(宿泊価格:¥5,000程度~)

 

以上のような宿泊施設の価格帯から、アイルランドに訪れる多くの方が【ホステル】もしくは【ゲストハウス】を利用されています。

※B&B(ベッドアンドブレックファースト)も利用される方も結構いるようですが、基本的にB&Bは市街地から離れた場所にあることが多く、観光地を多く回る旅行などを計画されている方にとっては少し不便な立地かもしれません。

 

 

YOSHI@
僕も実際、アイルランドで宿泊施設を利用する際には【ホステル】を利用していました。

 

 

ホステルとは??

・低予算で宿泊ができるように営業が行われている施設

・基本的に相部屋(ドミトリールーム)の提供

・シャワー・トイレ等の施設を含む、基本的にすべての施設が共同

 

-一般的なホステルの部屋の様子-

 

 

低価格で宿泊ができるという事もあり「寝るだけの施設」と考える方がよく、部屋で「のんびり自分の時間を過ごしたい」という方にとっては少し居心地が悪いかもしれません。また一緒に相部屋になる方によっても全く快適度が変わるため一概に、ホステルの良さ・悪さを表現することはできません。

しかし、海外でホステルを利用をする際には世界中からその国に訪れた方との相部屋となりますので、面白い出会いやコミュニケーションを図る機会になることは確かなため、そういった非日常的な経験をされたい方にとってすごくオススメな宿泊施設です。

 

 

アイルランドのホステル事情

比較的治安のよい国とされるアイルランドのホステルも特に問題なく利用ができると思いますが、Pub文化があるため泥酔した方と相部屋となったりする確率はすごく高いです。また男女混合の部屋になることも少なくないので、日本人の我々の感覚的には少し変な感覚を覚えることもあります。

どこの国でも同様ですが、ホステルに宿泊する際に貴重品の管理の徹底はアイルランドでも同等にする必要があります。

 

 

2:ダブリンのホステル”The Times”について【評価・レビュー】

The Times Hostel- College Street-

外観はホステルというよりPubに近い感じです。またダブリンの有名観光地の一つでもあるテンプルバーエリアなどから徒歩10分ほどの好立地にあるため、観光などの際にもすごく便利な場所です。
※2021年3月現在、コロナウイルスによる影響のため臨時休業中。

 

 


-The Times Hostelの地図-

Times Hostels - College Street
TEL:(01) 675 3652
Address:8 College St, Dublin 2, D02 PX75
Website:https://www.timeshostels.com/


 

 

外観があまり新しい雰囲気ではないため、宿泊する部屋も同じように古びた感じなのかな?と不安になりましたが、実際建物自体は古いものが多いアイルランド。しかし、多くの場所では内装はしっかりとリフォームがされている場合がほとんどで、このThe Times Hostelも内装はしっかりとリフォームがされ綺麗でした。

 

 

-ドミトリールームの様子-

今回僕が宿泊したお部屋は、8人部屋のドミトリールームでした。部屋の様子としては、2段ベッドが4つ設置されており、ベッドごとにカーテンなどの仕切りは一切ないため、プライバシーの部分で言えばすごくオープンな部屋でした。また貴重品BOXなどの設置はなく、ベッド下にかごを利用して貴重品の管理を行うような感じでした。(鍵は自分での用意が必要)※貴重品の管理にはお気をつけて下さい。

 

 

 

 

 

YOSHI@
部屋内に設置されているシャワールーム(1つ)やトイレ(2つ)も清掃がしっかりと行き届いており、特に問題なく使用することが出来ました。

 

 

宿泊するお部屋以外にも、共有スペース(リビング・キッチン)なども利用が可能で、長期で宿泊をしているお客さんの姿も結構確認ができました。また、朝食も簡単なもの(パン、シリアルなど)が無料で提供されていました。

ダブリンの中心地にあるという立地はもちろん、価格帯も30ユーロ~40ユーロ前後(日本円4000円程度/1泊)で基本的には宿泊できるという面から、多くの方が利用する人気のホステルとなっているようで【予約の確保が難しい】こともあるようです。
※実際僕も、数日間の予約を行うつもりでしたが、1泊のみしか予約を行うことが出来ず別の場所へ移動することとなりました。

 

 

The Times Hostelの評価

☑ ホステル自体の立地、価格や施設の全体的な清潔感などは【オススメできる】

☑ セキュリティー面・プライバシーの確保に関しては【自己管理が必須】

ホステル自体の立地、価格帯や施設全体の清潔感が行き届いている点はオススメできるかなという感じです。しかし、宿泊部屋でのセキュリティー面やプライバシーの確保の面に関していえば、ほぼ0に近い状況であるため自己管理がすごく大切で、慣れていない方にとってはストレスに感じてしまう方も結構いるかもしれません。

 

 

YOSHI@
長期の宿泊は難しくても【1泊~3泊程度の利用なら問題ない】と言えると思います。※個人差があります。

 

 

ホステルでの宿泊での醍醐味は【どんな人と相部屋になるか?】が大きなポイントとなり、相部屋にある方次第で快適度が大きく変わってきますので、一概に評価をすることはできません。しかし外国ならではな新しい出会いや思い出・経験を得られるチャンスも多くありますので、ぜひ機会があればホステルを利用しての宿泊もチャレンジしてみてはいかがでしょうか??

 

 

 

▽アイルランドに関する書籍も販売されています。気になる方はぜひチェック!▲

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が『面白かったな』『役に立ったな』と思った方は是非SNSでのシェアお願いします。

 

それでは
YOSHI@ 

スポンサーリンク

-Ireland(アイルランド)

© 2021 EVERY DAY IS A NEW DAY Powered by AFFINGER5