【海外生活】ヨーロッパを中心に大人気のオンラインバンキング”Revolut”を徹底解説(口座開設方法・基本的な使い方)【日本でのサービスも開始】

Sponsor link
海外生活
YOSHI@
YOSHI@

こんにちは。YOSHI@です!
この記事は「Revolutについて興味のある方」「Revolut口座開設方法ついて知りたい方ピッタリの記事となっています。

 
 
今回は“海外生活情報”という事で、「Revolutと呼ばれるオンラインバンキング」についてお話します。
 
 
【僕の情報】
Twitter(@yoshiswim05
大学(びわこ成蹊スポーツ大学)卒業後 ▷ 教員として勤務 ▷ 青年海外協力隊、アイルランドへワーキングホリデーなど計3年半の海外生活を経験した後、地元沖縄にて水泳のインストラクターとして働きながらブログを運営しています。
 
 
 
✔ Revolutとは?:2015年にイギリスで設立されたオンラインバンキング。
 


モバイル(携帯)アプリ専用の銀行で、アプリ内で送金・両替などのサービスを行う事が出来る。現在ヨーロッパを中心に35か国の対象国、1200万人以上の利用者、
日本円を含む140の通貨に対応している。また口座を開設するために住所や残高証明などの手続きの必要がなく、アプリ内で簡単に口座開設を行う事ができる点も人気の理由の1つ。
 
 
 
イギリスで設立・サービスを開始したことからヨーロッパ諸国を中心に利用者・サービスが展開されて伊いるRevolutについて「詳しい情報・口座開設方法・利用方法など」今回は僕の経験なども含め徹底解説していきたいと思います。
 
 
▼ブログ本文に行く前に、是非☟のボタンをクリックお願いします(ランキングに参加中)△
ブログランキング・にほんブログ村へ   
 
 
 
Sponsor link

〇 オンラインバンキング”Revolut”を徹底解説

Revolutについての詳しい情報など以下にご紹介させて頂きます。

 

1:Revolutを知った経緯

Revolutを知った経緯:

アイルランドで生活を行っていた際、現地には日本からクレジットカード+少し現金のみを持ち込み、現金が必要となった際にはクレジットカードのキャシング機能を利用を考えていました。しかし、実際現地のATMでキャシング機能を使って現金を入手することが出来ない問題が発生し、「現地で現金を手に入れる方法」を調べた結果Revolutにたどり着く。

 

補足:アイルランドでは基本的にはクレジットカードのみでの生活も可能ですが、時々現金が必要になることがある為、現地で現金が手元に確保できる状況は必須と言えます。

 
 
 
【Revolutの口座開設後】:
現金が手元に確保できることはもちろん、アイルランドでの生活も便利になりました。
 
 

2:Revolutの特徴

Revolut の特徴:以下に記載している6つの点が大きな特徴です。

 

  • 携帯(モバイル)アプリで全ての手続きが行える

     

  • Top Up(入金)して利用する
    Revolutを利用する際には、現在お持ちの銀行口座・クレジットカード・デビットカードからRevolutへ一度入金する必要があります。※クレジットカードからの入金には1%の手数料がかかります。

     

  • 通貨の両替が手数料無料で出来る
    制限はありますが(月6000£)、世界中の通貨への両替が手数料無料。

     

  • 送金も無料で行える
    通常、海外への口座に送金を行う際、手数料が必要ですがRevolutなら手数料無料+リアルタイムでの取引が可能。

     

  • デビット機能が付いている
    ご自身の銀行の口座から引き落としがされる”デビットカード機能”も含まれている。また、「非接触型決済のタッチ決済」機能も付いており、凄くスムーズに買い物の支払い等が可能。

     

  • 管理がしやすい
    携帯アプリからリアルタイムで口座の確認ができる+記録や管理も凄く簡単にできる。サービスの凍結や再会もアプリ内で行う事が可能。

 

 

以上がRevolutの大きな特徴です。

 

 

3:Revolutを開設できる地域

Revolut口座の開設可能な条件・地域:18歳以上で以下の国での住居者であれば、口座を開設が可能

 

 

✔ 口座開設可能な国:現在、欧州経済地域(EEA)、オーストラリア、カナダ、シンガポール、スイス、日本、米国に合法的に居住している方が対象。

欧州経済地域(EEA):オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、キプロス共和国、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スイス、英国。

※2020年9月より、日本でもRevolutの口座開設が開始されました。
 
 
今後、さらにサービスの利用できる国の範囲を広げる予定が計画されているようです。

 

 

4:Revolutの登録方法

Revolutの登録・口座開設方法の流れは以下の通りです。

 

スマートフォンでRevolutのアプリをダウンロード



電話番号を登録



名前・メールアドレス等の個人情報を登録



身分証(パスポート・VISA)を撮影して送信



写真撮影

 

※上記の全ての手順を終了後「承認」が取れれば口座開設に関する必要な手続きは終了です。

 

 

▽▽▽Revolut公式サイトにて口座開設方法に関する動画が公開されています。ぜひご活用ください。▽▽▽

📲 How to sign up to Revolut

 

補足:口座開設に必要な手続きはすべて、携帯のアプリ内で10~15分程度でできます。
またRevolutの口座を開設した時点で、主に欧州・中東諸国で使われる銀行口座の所在国・支店・口座番号を特定するための統一規格のコードのIBANコード(Internationa Bank Account Number)が発行され、国際送金や給料などの振り込みも可能になります。

 

以上がRevolutの登録・口座開設の流れとなります。

 

 

コチラの招待コードから”Revolut”の口座を開設するとカード発行手数料(5.99€)が無料になりますので、口座開設の際にぜひご利用ください。▽▽▽

 

5:カードの発行方法

Revolutカード:

Revolutはアプリ内で全ての手続きを行う事が出来ます。しかし、物理的な取引(ATMでの現金の引き出し、買い物など)に関しては行う事が不可であるため、物理的な取引を行うため際にはRevolutカードの発行が必須ととなります。

 

 

以下にRevolutカードの発行方法をご紹介させて頂きます。

 

  • 開設した口座に10ユーロ以上のTop Up(入金)を行う
    開設した口座に10€以上の入金を行う事が必要なため、クレジットカードなどを経由して口座にお金を入金(Top Up)を行う。
補足:日本で発行したクレジットカードを経由して円以外のお金を入金(Top Up)をしようとするとまれにエラーが起こりますが、初めに日本円で入金(Top Up)後、必要な通貨へと両替を行うとスムーズに入金が可能です。 
 
 
  • 携帯のアプリ内でカードの発行を申し込む
    カードの自宅への発送の為の送料として6ユーロが必要です。


  • 約2週間ほど待つと、登録した住所宛てにカードが届く
    住所にもよるかと思いますが、僕が実際アイルランドでRevolutカードを発行した際には、手元にカードが渡独までに2週間ほどかかりました。

<実際に届いたカード>

 
 
 
▽▽▽Revolutカードの発行方法に関しても、公式動画にて紹介されていますので是非ご活用ください。▽▽▽

📲 How to change your price plan

 
 
コチラの招待コードから”Revolut”の口座を開設するとカード発行手数料(5.99€)が無料になりますので、口座開設の際にぜひご利用ください。▽▽▽
 

〇 Revolutの基本的な操作方法をご紹介

Revolutの基本的な操作方法(使い方)ということで以下の
 
 
  • 開設した口座へのTop-up(入金)の方法
  • 外貨両替の方法
  • お金の送金方法
 
 
以上についてここからご紹介させて頂きます。
 
 

1:開設した口座へのTop-up(入金)の方法

Revolut口座へのTop-up(入金)の方法:

基本的にRevolutはご自身のお持ちのクレジットカードの情報を登録をまず始めに行います。その後、登録されたクレジットカードを経由してRevolutの口座にお金をTop-up(入金)をして利用するシステムになっています。
そのため、Revolutを利用して買いものなどをされる場合にはTop-up(入金)の作業が必要になってきます。
 
 
 
詳しいTop-up(入金)の方法は以下の通りです。
 
 
  1. Revolutのアプリを開く

    アプリを開くとこのような画面が表示されます。その際に表示されているお金の通貨を確認し、「日本円でない場合は日本円に通貨を変更」を行います。(他の通貨でも大丈夫だと思いますが、おそらく日本円でTop-up(入金)した方がわかりやすいです。)





  2. 左上部の青丸の一番左「Add money」を選択




  3. 入金したい金額を入力
    Add moneyを選択後は以下の様な入力画面が表示されますので、ご希望の金額を入力します。(最低額は2000円から)


    補足:RevolutへTop-Up(入金)を行う際には手数料(約1%)が発生
    手数料について:金額を入力すると金額の下部に自動的に手数料が表示されます。(例:2000円だと37円の手数料が発生)

     

     

  4. ご希望の入金金額の入力後、下部に表示されている「Add money」を選択すると入金が完了
 
 
 
▽▽▽Top-upの方法は紹介されている公式動画です。ご参考下さい▽▽▽

📲 How to top up your Revolut account with a debit or credit card

 

以上がRevolutの口座へのTop-up(入金)の方法です。

 

2:外貨両替をする方法

Revolut内での外貨両替:

Revolutでは「外貨両替を無料(月6000£まで)で出来る」メリットがあります。そのため海外旅行などをはじめとする場面ではこの外貨両替が凄く役立ちます。Revolutを利用される方の多くは海外での使用が多いかと思いますので、一度口座内に日本円でTop-Up(入金)後、外貨両替を行います。

 

 

詳しい外貨両替の方法は以下の通りです。

 

  1. Revolutの専用アプリを開く
    以下の様な画面が表示されますので、上段中央にある「Exchange」ボタンを選択する。





  2. 両替したい通貨の選択
    「Exchange」ボタンの選択後、Top-up(入金)をする際と同様な入力画面が表示されますので、ご自身の両替したい通貨を選択(画像では:日本円⇒ユーロになっています)し、希望の両替金額を入力。





  3. 希望外貨・金額の入力後、「Exchange」ボタンを選択 ⇒ 外貨両替が完了
 
補足:1度両替した外貨を後日、上記と同様の手順(両替の通貨を逆にすればOk)を行うことで元の通貨に両替しなおすことも可能です。海外旅行の際などに凄く便利!
 
 
 
以上が外貨両替方法です。
 
 

3:お金の送金方法

Revolutでは:他の口座にお金を送金することが可能です。
Revolutから他の口座へお金を送金する場合の手数料は無料です。

 

 

Revolutを利用してお金を送金する方法をご紹介するにあたり以下の

 

  • Revolut口座 ⇒ Revolutの口座
  • Revolutの口座 ⇒ 他の銀行の口座
 
 
以上の2パターンのお金の送金方法についてお話させて頂きます。
 
 

・「Revolut口座 ⇒ Revolutの口座」へお金の送金方法

Revolut口座 ⇒ Revolutの口座へお金の送金する方法:
送金相手もRevolutの口座を持っていることが必須
 
 
 
操作手順は以下の通りです。
 
  1. Revolutアプリを開く
    以下の様な画面が表示されましたら、最下部中央「Payments」ボタンを選択する。




  2. 送金相手の選択
    「Payments」ボタンを選択後、以下の様な画面が表示される。送金したい相手の連絡先を知っている場合には送金相手の名前が画面に表示されますので、その名前を選択する。

    もし表示されない場合は画面右上「+New」というボタンを選択し、送金相手の「名前・電話番号・メールアドレス」を入力をし登録を完了させる。





  3. 送金相手選択後「Send」ボタンを選択
    送金相手の選択が完了後、以下の様な画面が表示されるので、画面上段左側にある「Send」ボタンを選択します。





  4. 送金金額の入力
    「Send」ボタンの選択後、金額を入力できる画面が表示される。そこの画面にご希望の送金金額を入力する。(少額の金額(2ユーロなどでも)送金可能)

     



  5. 「Send」ボタンを選択し送金を完了させる
    ご希望の送金金額を入力後、画面下部にある「Send」ボタンをクリック。
    注意:Sendのボタンを選択すると即時でお金の送金が完了するため、ボタンの選択前に必ず金額の確認を行う

     

補足:Revolut同士のお金の送金に関しては即時完了します(数秒)ので、「外食の割り勘を行う」「小額のお金のやり取り」を行う場合などにも凄く重宝します。

 
 
 
以上がRevolut口座同士でのお金の送金方法です。
 
 

・「Revolutの口座 ⇒ 他の銀行の口座」へお金の送金方法

Revolutの口座 ⇒ 他の銀行の口座へお金の送金方法:
送金相手の銀行口座等の情報を登録後お金の送金が可能

 

 

以下に口座の登録方法についてご紹介します。

 

 

  1. Revolutアプリを開く
    アプリ画面の表示後、画面最下部中央にある「Payment」ボタンを選択。







  2. 送金相手の銀行口座の登録を行う
    「Payment」ボタンを選択後、以下の様な画面が表示されますので右上の「+New」ボタンを選択






  3. 以下の画面の表示後「Bank Account」を選択






  4. 送金相手の口座の種類に応じての口座選択
    以下の画面が表示後、送金相手の口座にあわせてボタンを選択します。

     
    ・To myself = 自分の持つ他の口座に送金
    ・To another person = 自分以外の口座へ送金
    ・To a business = 会社などの口座に送金



    以上の3つの選択肢の中からご自身の希望・状況にあわせてボタンの選択を行う。







  5. 「国」と「通貨」を選択






  6. 送金に必要な情報の入力
    以下の画面が表示後、「送金に必要な情報」を入力を行います。

    ・First name = 名前(下)
    ・Last name = 名前(苗字)
    ・IBAN = IBANコードと呼ばれる国際口座番号
    ・BIC/SWIFT = 送金に必要な番号
    ・Mobile Phone = 電話番号
    ・E-mail = メールアドレス






  7. 全ての項目を入力後「Continue」というボタンを選択し口座登録を完了させる。


 

以上が送金相手の銀行口座情報の登録方法です。
そのまま送金方法について以下にご紹介します。

 
 
 
 
  1. 送金相手の口座の登録後、登録された口座ページに進み上段左「Send」ボタンを選択








  2. 送金金額を入力し送金を完了させる。
    「Send」ボタンを選択後、金額を入力する画面が表示されますので希望の送金金額を入力し画面下部「Send」ボタンを選択すると送金が開始されます。
    注意:「Send」ボタンを選択後、送金作業が開始されます。ボタンを選択する前に金額の確認を行う事をおすすめします。






 
口座の登録が多少面倒な部分もありますが、一度口座の登録を完了させれば次回からは送金作業だけでお金の送金が可能です。
 
 
以上がRevolutの口座 ⇒ 他の銀行の口座へお金の送金方法でした。
 

〇 2020年9月より日本でのサービスが開始されました

2015年でイギリスで設立以来、ヨーロッパを中心に人気を集めていたRevolutですが、2020年9月より1万人のユーザーによるテストを経てアカウント・口座開設の一般開放が開始されました。

 

 

【日本国内でのRevolutで可能なサービス】:

現時点では通常の機能「アプリへの入金」「外貨両替」「送金」に加え、valut(貯金箱)と呼ばれる利用金額の端数の貯金を行う機能や定期支払機能・グループでの割り勘機能・カード発行に対応している。

ヨーロッパですでに行われているサービス(仮想通貨・株の取引きなど)に関しては現在は日本国内でのサービスは行われておりません。

 

 

-関連記事-

 

 

Revolutの日本国内のサービスには

  • スタンダード会員(無料)
    ✔ 最安値の為替レートを利用
    ✔ 75万円/月までなら27種類の不換通貨への外貨両替が手数料無料
    ✔ 海外のATMで月々 2万5000円 相当まで無料引き出し
    ✔ 無料Revolutカード(送料別)



  • プレミアム会員(月額980円)
    ✔ 最安値の為替レートを利用
    ✔ 毎月の限度額なしで27種類の不換通貨を両替
    ✔ 海外のATMで月々 50000 JPY 相当まで無料引き出し
    ✔カードのグローバルエクスプレス配送
    ✔ 優先カスタマーサポート
    ✔ 限定デザインのプレミアムカード
    ✔ ワンタイムバーチャルカード
    ✔ LoungeKeyパスへのアクセス
    ✔ お客様のフライトが1時間以上遅延した場合、お客様とそのご友人1名様に無料空港ラウンジパスをお渡ししています



  • メタル会員(月額1800円)
    ✔ 最安値の為替レートを利用
    ✔ 毎月の限度額なしで27種類の不換通貨を両替
    ✔ 海外のATMで月々 100000 JPY 相当まで無料引き出し
    ✔ カードのグローバルエクスプレス配送
    ✔ 優先カスタマーサポート
    ✔ 特別なデザインのRevolutメタルカード
    ✔ ワンタイムバーチャルカード
    ✔ LoungeKeyパスへのアクセス
    ✔ お客様のフライトが1時間以上遅延した場合、お客様とそのご友人3名様まで無料で空港ラウンジをご利用いただけるパスを発行します

 

上記3種類のプランが選択可能です。

 

 

現在の日本国内のサービスでは「為替手数料」「カードのデザインが選べる」「空港ラウンジのチケットを購入・無料配布」以外スタンダートとプレミアム会員との違いありません。
 
Revolut公式ページでの料金プランの紹介です。ご参考下さい。

〇 時代の流れに乗った「新サービスRevolut」を活用した生活を送ろう!

回は「ヨーロッパ諸国を中心に流行しているオンラインバンキングRevolut」についてお話をさせていただきました。

 

 

YOSHI@
YOSHI@

いかがだったでしょうか?

 

 

2020年9月から日本国内でも本格的スタートを切ったRevolutですが、すでにヨーロッパをはじめとする多くの国で利用が行われているサービスであり、今後さらに利用できる国の拡大や利用者の増加を予想することが出来ます。

 

 

まだまだ日本ではサービスが開始されたばかりの新しいサービスであり、馴染みもあまりありませんが、実際アイルランドで生活を行っていた際Revolutをずっと利用していた僕として「凄く便利でオススメなサービス」と言えます。

 

 

理由:

記事内でもご紹介させて頂いた従来なら手数料が必要であった「外貨両替」や「海外送金」などが手数料無料(外貨両替に関しては上限あり)で出来ることが1番の理由であり、海外旅行などの際の面倒なお金の両替・お金のやり取りを携帯アプリ内で簡単に行えるため。

 

 

YOSHI@
YOSHI@

Revolutを使いこなせば、これまでよりもお得に海外旅行や海外での買い物・やり取りが出来ると思います。

 

 

日本よりもクレジットカード文化である海外(ヨーロッパ諸国など)では、Revolutのカード1つあれば基本的にはどこでも不自由なく行動することが可能です。(ATMでの現地通貨の引き下ろしにも対応している)

 

 

 

海外への渡航の機会が多い方はもちろん、日本国内でも今後サービスの充実が予測されているRevolutの口座(無料)をとりあえず開設しておくだけでも「旅行の際」「イザという時」に役立つツールになりえるかと思えますので、興味のある方はぜひ世界で人気を集めている新サービスの活用をされてみてはいかがでしょうか?

 

「Revolutの口座をお持ちでない方」はこの機会にRevolutの口座を開設してみませんか?以下のリンクから口座を開設して頂くとカード発行無料手数料金(5.99€)が無料になります。ぜひご活用ください。
 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が『面白かったな』『役に立ったな』と思った方は是非SNSでのシェアお願いします。

 

それでは
YOSHI@

コメント

タイトルとURLをコピーしました