【海外生活】今ヨーロッパを中心に大人気のインターネットバンク”Revolut”の口座を開設するまでの流れをご紹介!

Sponsor link
海外生活
YOSHI@
YOSHI@

んにちは。YOSHI@です!
この記事は「”Revolutというネットバンキングサービスって何?”と思っている方」や、「Revolut口座を開きたいとお考えの方」へピッタリの記事となっています。

 
 
今回は「Revolutというネットバンキングの口座を開設」というテーマでお話させて頂きます。
 
現在アイルランドで生活をしているのですが、日本からは元々持っていたクレジットカードと、500ユーロ分の現金しか持ち込んでいませんでした。そして、もし現金を全部使ってしまった場合はクレジットカードからキャッシングが出来るだろうと思っていたので、現地のATMで現金を引き出そうと試したところ…
 
現金が引き出せない…(笑)
 
基本的にどこに行っても”クレジット支払いが出来る”アイルランドなのですが、さすがに現金が引き出せない状況はマズイ。と思い色々方法を探すことに、その結果この今回紹介する「Revolut」というものに辿りつきました!
 
そして、「Revolut」の口座を開設した現在ですが…
 
現金が引き出せています!!
 
おそらく、海外で生活(特に初心者)する方で僕の様な状況になってしまう方もいるかと思うので、この「Renoult」とは何なのか?や口座の開設方法などをお話させて頂ければと思います。
 
Sponsor link

1: 今ヨーロッパを中心に大人気のインターネットバンク”Revolut”の口座を開設するまでの流れをご紹介!

はまず初めに”Revolut”とはどういったものなのか?という事をお話させて頂きたいと思います。

 

Revolutとは…

イギリスが発祥のネットバンキングの事なのですが、モバイル(携帯)アプリ専用の銀行で、全ての手続きを携帯のアプリのみで行うことが出来ます。
 
現在では、ヨーロッパ圏を始め多くの国での利用者(450万人)がいて、日本円を含む140の通貨に対応しているそうです。
また、Revolutの口座開設するために住所や残高などの証明を行う必要がありません。
 
その為、海外に来たばかりで住所などが証明できないという方でも口座が開設できます。
 
 
凄く画期的なサービスです!
 

2:”Revolut”の特徴

単に”Revolut”について説明させて頂いたので、次に特徴の方をお話させて頂きます。

 

”Revolut””の特徴としては…

携帯(モバイル)アプリで全て手続きが行える

Top Up(入金)して利用する
Revolutを利用する際には、現在お持ちの銀行口座・クレジットカード・デビットカードからRevolutへ一度入金する必要があります。※クレジットカードからの入金には1%の手数料がかかります。

通貨の両替が手数料無料で出来る
制限はあるようですが(月6000£)、世界中の通貨への両替が手数料無料でできます。

・送金も無料で行える
通常、海外への口座に送金を行うとなると手数料の方が掛かってしまうのですが
、Revolutなら手数料無料で出来、リアルタイムでの取引が可能です。

・デビット機能が付いている
あまり日本では利用している人を見かけない”デビットカード機能”なのですが(僕個人的に)海外(アイルランド)では結構利用者が多いです。また買い物時にわざわざPINコード(暗証番号)を打たなくてもいい、タッチ式のデビットカードがRevolutにも備わっています。


・管理がしやすい
Revolutを使用した際には、携帯アプリを確認すればリアルタイムでお金の動きが把握できるだけでは無く、どこのお店で使ったのか?なども記録されます。


以上の様な特徴が”Revolut”にはあり、また先ほども少し触れましたが特に証明書などの準備の必要がなく、モバイルアプリ内で口座開設がすぐ出来る凄く便利なサービスです。

3:”Revolut”を開設できる地域が決まっている。

こまで”Revolut”について色々お話させて頂きましたが、この口座を開設するのには条件がいくつかあるのでご紹介します。

 

基本的には…

18歳以上で以下の国での住居者であれば、
口座を開設することが出来ます。

Austria, Belgium, Bulgaria, Croatia, Republic of Cyprus, Czech Republic, Denmark, Estonia, Finland, France, Germany, Greece, Hungary, Iceland, Ireland, Italy, Latvia, Liechtenstein, Lithuania, Luxembourg, Malta, Netherlands, Norway, Poland, Portugal, Romania, Slovakia, Slovenia, Spain, Sweden, and the United Kingdom.
 
2019年現在は、日本に住んでいる方でも登録のみは出来るようなので(まだ実際には使えない?)、その内日本国内でもRevolutが使える日がやってくるかもしれません。

4:気になる登録方法とは?

コからは”Revolut”の登録方法についてお話させて頂きます。

簡単な流れとしては…

 

スマートフォンでRevolutのアプリをダウンロード

電話番号を登録

名前・メールアドレス等の個人情報を登録

身分証(パスポート・VISA)を撮影して送信

写真撮影

 

上の手順の全て行い、承認が取れれば完了です

 


コチラ☝☝☝の招待コードから”Revolut”の口座を開設するとお得なサービスがゲットできるようです。ぜひ気になる方はご利用ください。

 

※手間取る作業などは一切なく、10~15分程度で口座が開設できます。またこの時点で、主に欧州・中東諸国で使われる銀行口座の所在国・支店・口座番号を特定するための統一規格のコードのIBANコード(Internationa Bank Account Number)というものが発行されるので、国際送金などが可能だったり、アイルランドだと給料などの振り込みも出来るようです(僕はまだ試していません)

5:カードの発行方法

Revolut口座の開設方法をお話させて頂いたのですが、実はここまでだとネット上でのやり取りは可能なのですが、物理的なやり取り(お金の引き出し、買い物など)はまだできません。

 

なので必要な方は物理的なカードを発行しましょう
 
 
カードの発行方法ですが…
 
まず開設した口座に10ユーロ以上のTop Up(入金)を行います。
※Top Up はすでにお持ちのクレジットカード・デビットカードなどから出来ます(クレジットカードからだと少し手数料がかかります)
 
日本のクレジットカードなどから直接10ユーロTop Upをしようとするとエラーが起こりますが、日本円でのTop Up を追加してから利用するとすんなりTop Up が可能です。
 
その後は、カード発行を申し込むだけです。(カードを発送するために6ユーロ程かかります)
 
 
その後2週間弱程で、
申し込みをした際に登録した住所にカードが届きます。
<こんな感じでカードが届きました>

 


☝こちらのリンクからRevolutを登録されると、お得な特典(5€がもらえたり:時期にもよりますが…)が受けられるそうなので、ぜひRevolutの口座開設をお考えの方はご利用ください。

6:持っておくだけで凄く便利な”Revolut”

回は、「Revolut」と呼ばれる、ネットバンキングについてお話をさせて頂きましたが、Revolutで口座を開きカードが利用できるようになってから、「現金が引き下ろせない」などの不安もなくなり、より一層快適なアイルランド生活が送れている様な気がします。(ATMで現金をひき下ろす場合、上限を超えると手数料がかかります)

 

またアイルランドで支払い方法の主流になっている、”contactless”と呼ばれるタッチ式の支払いも出来るので、凄く買い物が楽に出来るようになりました。

このような感じで、海外で生活していると沢山の問題が起こったりしますが、一つ一つ解決方法は必ずあると思うので、時間が掛かったとしても諦めず解決の道を見つけていければなと思います!
 
 
今回は今ヨーロッパを中心に大流行中のインターネットバンキングの「Revolutの口座の開設方法」についてお話をさせて頂きました。すこしでもこの記事がお役に立てていましたら幸いです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
この記事が『面白かったな』『役に立ったな』と思った方は是非SNSでのシェアお願いします。

それでは
YOSHI@

 

 

世界には僕らが知らない世界が広がっています。
ちょっと日本から出てみて新しい景色や雰囲気を味わってみませんか?
海外格安航空券の最安値検索なら スカイチケット! 』 ならあなたの行きたい場所・見たい景色へと繋げてくれます。さぁ旅に出かけてみよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました