3年日記を振り返る #5 福島県あぶくま洞に行ってきました -I visited to “Abukumadou” in Fukushima-

3 years diary-3年日記を振り返る-

こんにちは。YOSHI@です!

 

今回も”3年日記を振り返る”という事で、派遣前訓練を行っていた福島県の観光地の一つ「あぶくま洞」に遊びに行ってきたことをお話していこうと思います。

3年日記とは?と思われた方は上のリンクをご参考下さい。

 

※派遣前訓練とは?と思われた方、上のリンクをご参考下さい。

 

2016.08.13

“今日は講座が午前中のみだったので、終了後にあぶくま洞に行ってきた。沖縄のとは違った感じで凄く良かった。電車を凄く待ったり、岳温泉でご飯探しに必死になったり大変なこともあったけど、すごく良い時間でした。”

と日記に記載されていました。

 

1.”あぶくま洞”とは一体?

 ”あぶくま洞”を簡単に説明すると、福島県の田村市にある鍾乳洞の事です。

訓練中通常なら、終日(午前8時30分~午後5時ごろまで)語学の授業があったり、その他の講座と呼ばれている途上国で必要な事や、ボランティアについて学ぶ時間などがあったりすのですが、その日は、午前中のみのスケジュールしかなく、午後はフリーという事で日頃、勉強で必死になっているという事もあったので、気分転換を兼ね福島県の観光に行ってみよう!という事になり行ってきました。

アクセス方法は:郡山駅から磐越東線へ乗り換えて、「神俣駅」が最寄りの駅となるのですが、そこからタクシーで10分程度走った先にあります。

 

 

料金の方が:大人1200円 中学生800円 小学生600円 となっているようです(HP調べ)

<あぶくま洞入り口の様子>

 

2.実際行ってみての感想

実際、あぶくま洞に行ってみての感想ですが、

「凄く中(鍾乳洞)が大きくて、ライトアップとかもされていて綺麗でした」

<あぶくま洞の中の様子>

長い時間をかけて自然が作った鍾乳洞。そんなことを考えながら見てみるとほんと凄いの一言です。

しっかり観察などしながら中を歩いていると1時間ほどは時間を費やしていました。(全長は600mあるそうです)鍾乳洞によって名前やテーマの様なものもつけられていたりして、ゆったり自然を堪能できました。

<中には大きな鍾乳洞の間を通って進むところがあったり>

鍾乳洞以外にも…

大きな遊歩道があったり、小さいですが博物館の様なものがあったりと結構楽しむことが出来ました。

<写真を撮って遊んだりしました>

 

3.[番外編]実は沖縄にもある鍾乳洞

福島県にある”あぶくま洞”と呼ばれる鍾乳洞について、今回お話をさせて頂いているのですが・・・ 実は僕の出身地沖縄にも鍾乳洞がありますので、この機会に少しだけご紹介させて頂きます。

 

鍾乳洞があるのが、沖縄県の南部「南城市」と場所にある ”おきなわワールド玉泉洞”という施設です。

ここの鍾乳洞は「東洋で最も美しい鍾乳洞」などと呼ばれているらしく、あぶくま洞と同じく長い年月をかけてゆっくりと自然が作り上げた鍾乳洞をみる事が出来ます。

それ以外にも、昔の沖縄の町を再現したゾーン沖縄の伝統工芸体験などが出来たり、伝統舞踊のエイサーやハブのショーが見れたりなどアトラクションも豊富にありますので、沖縄にお越しの際には是非いかがでしょうか?

<こんな感じで大きな蛇との記念撮影なんかも出来ちゃいます>

 

以上沖縄観光紹介でした。

 

4.帰りは意外とバタバタな訓練生

あぶくま洞への観光を楽しんだ僕らでしたが… 意外と帰りがバタバタになってしまった事を日記に記載されていたので、そちらの方も紹介させて頂きたいと思います。

 

あぶくま洞の最寄りの駅となる「神俣駅」なのですが、そんなに電車の数がありませんでした(2016年当時) その為、なんとなくで殆ど計画も立てずに観光に来た僕らは駅で結構長い時間(1時間弱)待つことに…

<反対方向の電車は来たのに…行きたい方向の電車が来ず>

特に駅の周辺には時間を潰せる場所も無かったので、ひたすら話をして電車が来るのを待ちました。そして、無事電車にも乗り訓練所のある二本松に戻ってきた時には…

すっかり夜になっていました。因みに僕が派遣前訓練を受けていた時期が夏という事もあり、岳温泉外には夏祭り用の提灯が飾られていて綺麗でした。

岳温泉外に到着後、夕ご飯探しをしたのですが基本的に岳温泉は夜になると居酒屋ぐらいしかお店は開いていなく、その居酒屋の殆どがほかの訓練生で一杯という状況です。その為、夜ご飯になかなかありつけず、結局は二本松で訓練を受ける訓練生の”心のよりどころ”ファミリーマートさんで夜ご飯を済ませる事になりました。

 

突然なのですが、ここで訓練所のルールを1つ紹介したいと思います。

「門限が10時」

「門限が10時」をもし破ってしまうと、凄く怒られたりとか、外出が禁止されてしまう為、何としてでも10時までに訓練所に戻らなくてはならないのですが・・・

ファミリーマートでご飯を済ませた時刻が9時30分ごろでした。そこから訓練所まで徒歩だと30分程度かかると言った状況で、結構ギリギリ。その為とにかく「10時にまでに間に合うように」と急ぎながら訓練所に帰りました。(無事門限には間に合う事が出来ました)

 

今思えば凄くい思い出ですが、当時は結構必死でした(笑)

そういった思いも日記に書いていたので、簡単にですがご紹介させて頂きました。

 

 

帰りの際はバタバタと急ぐことにはなってしまいましたが、あぶくま洞に観光に行けたことは凄く良い思い出となっていて、日々の勉強のストレスをリセットできた様な気がしました。

もし二本松(福島県)で派遣前訓練を受けている訓練生の皆さんがこのブログを読まれていたら、是非行ってみてもいいかなと思います。

 

今回は、3年日記を振り返るという事で、「派遣前訓練中に観光した福島県にありますあぶくま洞という鍾乳洞」についてお話させて頂きました。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

それでは。

YOSHI@

 


コメント