青年海外協力隊で持っていくとオススメ電子機器5選 -The 5 useful Electronics for JICA volunteer-

青年海外協力隊の話

こんにちは。YOSHI@です!

今回は、「青年海外協力隊で持っていくとオススメ電子機器を5つ」紹介したいと思います。

“この役立つな!”の基準はあくまで僕が2年間途上国で生活をしてみて、これ持ってきてよかったな」と思ったものを紹介しますので、全員に当てはまるものではないかも知れません。

ただ、これから協力隊に参加することになったけど・・・「何を持っていくべきなのか?」とか考えている方の参考になればいいかなと思います。また、これから海外で長期間生活される方などにも参考になるかもしれません。

それではさっそく紹介していきたいと思います。

 

1:ノートパソコン

一つ目はノートパソコン”です。(ベタですみません)ただ、持っていかないなんて絶対やめた方がいいアイテムです。

特に協力隊の方に関しては必須だと思います。(先進国に行かれる方は現地でも買える:値段等は分かりませんが・・・)

協力隊員が必須の理由は、定期的に提出しなければならない、”報告書” だったり、2年間で 1年目終了時と最後2年目にある”報告会” で必ずパソコンを使った作業があります。

また、基本的に協力隊が配属されるような場所はお金(予算)に困っているところが多いため、パソコンなんて無く(あってオフィスに1,2台とか)1人1台確保されているなんてめったにないと思います。そのため、普段の活動(データをまとめたり、資料を作ったり)は自分のパソコンで作業するしかなかったりします。つまり、パソコンが無いと相当不便です。。。

私生活面でも、娯楽(Youtube見たり、映画鑑賞したり等)スマートフォンでも可能ですが、やっぱり画面が小さいと物足りなかったり・・・ 休みの日のリラックスは協力隊を上手く続けて行くための大切な要素だと思うので、そういうところでストレスを感じたくないな。と感じる方はプライベートな面でもノートパソコンは重宝します。

また、僕の勝手な感想ですが、ノートパソコンなら何でもいいわけでは無く、出来るだけコンパクト軽量化されたものがオススメです。

理由としては、協力隊として途上国で生活していると正直、道を歩いているだけでもストレスがかかる時があります。長時間歩くことや、バスなどに乗ったり・・・なんかも。
そんな時、重くて大きいノートパソコンだと、相当持ち運びにストレスが掛かってしまいます。また、大きくてバックパックに入らず、別のパソコン用のカバンを持ち歩いていると、ひったくりや強盗等の犯罪のターゲットとなる確率も高いのではないのかな?と僕個人的には思っています。」

なので、もし、これから協力隊参加を控えていてパソコンの購入を考えている方は出来るだけ持ち運びにストレスが掛からない物を選ぶことをお勧めします。

因みに僕は、NEC製のLAVIE HZ550/C というノートパソコンを使っています。このパソコンの良いところはとにかく”薄くて軽い”という事、また持ち運びの際もバックパックにすっと入るし、パソコンのせいで他の物が入らなくなるという事もありません。なので、結構どこでも持っていく事が出来て凄く便利です。

<これと同じ物を使用しています>

※パソコンの購入は凄く費用が掛かってしまう買い物なので、最終的には自分の気に入ったものを購入するのが一番なのかも知れません。あと僕のパソコンに関しては2年間無事壊れることも無く頑張ってくれていますが、軽量化やコンパクトされた危機についてはその耐久性も気になったりします(特に途上国に待っていく場合)なので、購入の際は家電量販店のスタッフさんや海外生活経験者からお話を聞くのもいい方法だと思います。

 

2:カメラ

2つ目はカメラ”です! 理由はシンプル”協力隊の2年間の思い出を残す為”です。でも意外とこれ重要だなと感じていて…確かに携帯のカメラでも写真撮影は出来るのですが、例えば一眼レフと携帯のカメラではやっぱ綺麗さ・鮮明さが全然違うように感じます。

写真は自身の想い出としてはもちろん、報告会等のプレゼンの場で使ったり、配属先の人に見せたりと結構撮ったり、見せたりする機会が多いです。

僕の場合、あまりカメラに詳しくないのでどれがオススメとかは言えませんが、パソコンと同様コンパクトで、綺麗に撮影が出来そうなものを選びました。また、水泳隊員という事もあり、水中で撮影が出来るタイプも含め全部で2台持ってきました。

1台目がOLYMPAUSさんのPENというシリーズのカメラ


2台目がFUJIFILMさんのFinePixという防塵防水を謳っているカメラです。

1台目の方は、結構特別な時、旅行とか何かイベントがある時などによく使い
2台目の方は、普段の活動とか選手の泳いでいる姿を取る際に活用しています。

なので、2台ありますが、どちらもなんだかんだ使い方が違うので、2台持ってきて良かったな。と感じています。

 

3:コンパクトプロジェクター

3つ目は”コンパクトプロジェクター”です。僕もプロジェクターに関しては途中であるといいなと思い購入して、たまたま日本に一時帰国する隊員さんに任国まで持ってきて頂きました。

使い道としては、配属先で何か発表とかしたい時、配属先にプロジェクターがあれば何の問題も無いのですが、パソコンも無い、プロジェクターも無いとなると自分のノートパソコンでの発表になります。ただ、小さなノートパソコンの画面を大勢の人に見てもらうには限界がありますので、プロジェクターがあるとスムーズな発表が行う事が出来ます!!

<使用している物とは違いますが、こんな感じの物を使っています>

 

またもう一つの使い道としては、家で小さな画面で映画等の動画を見るより、大きなプロジェクターを通して鑑賞したいと思いませんか?(笑)
活動で使う事ももちろん、やっぱり私生活に影響を与えてくれるプロジェクター僕は購入してよかったと思っている電子機器です。

コンパクトプロジェクターと伝えたのは、あくまで持ち運びが便利という面を考えてですが、普通のプロジェクターを日本から持ってくる隊員さんもいたりします(珍しいですが…)因みに僕が購入したプロジェクターは、凄く小さく持ち運び便利で画質や使い勝手も悪くなく値段も3万円程度で購入が出来たので、凄く満足しています。

 

4:SIMフリー対応のスマートフォン

4つ目は”スマートフォン”です。おそらく皆さん持っていかれると思いますが...

日本を出発の前にSIMロックを解除させていくか、SIMフリーのスマートフォンを購入されることをお勧めします。

アンドロイドなどは、基本的には設定を変えるなどは必要ないかと思いますが(あまり詳しくは無いですが)

iPhoneに関しては、日本で購入している場合、ほとんどがSIMロックがかけられています。iPhone6S 以降なら購入後半年程度経っていれば、SIMロックを解除できるはずなので、日本を出る前にSIMロックを解除させる事をお勧めします。解除の方法は、利用している携帯会社(docomo・auなど)でやってくれると思います。

僕の場合、カンボジアには新規に購入したiPhone8 と 購入する前に利用していたiPhone6を持って行ったのですが・・・なんと購入したばかりのiphone8が突然動かなくなるというアクシデント発生し現在も使えません。

またApple製品は Apple Storeへ修理をお願いしないといけないのですが、途上国にはほぼApple Storeなんて無いので、修理も出来ず結局予備で持ってきたiPhone6を使っています。
また、iPhone6はSIMフリー対応では無い機種なので、現地の人に聞き無理やりSIMフリーにできる方法を教えて貰い(意外とそういう事は詳しい途上国の人々)どうにか利用しています。

なので、凄くめんどくさいし、不便です。。。

僕みたいなパターンはそんなに多くは無いと思いますが、色々とアクシデントが起こる途上国生活(盗難・水没等)予備の携帯(古いものでOK)を持っていく事もおススメします。

 

5:Kindle(電子書籍)

最後、5つ目は電子書籍”です。僕の場合はAmazonが発売しているKindleを持って行きましたが、他のメーカーさんとかからも似たような商品が発売されていると思いますので、自分が使いやすいものを選ぶと良いかと思います。

そして何故、電子書籍をオススメするかと言うと2年間の協力隊生活忙しい時ももちろんありますが、暇な時はびっくりするぐらい暇だったりします。

<Amazonが発売しているKindle>

 

そんな時 本を読んだり、動画を見たりぐらいしかする事がない時だってあります。読書をする際、自分で好きな本を日本で持って来たりも出来るのですが、限界があります(飛行機の重さ制限とかスーツケースのキャパなど) が、電子書籍だと物一つで済むし、好きな本を外国にいながら買えたりできるので、時間がある時を利用して勉強をしたり、趣味を楽しんだりする事が簡単になると思います。

実際、僕にとってKindleは、暇な時間のいい潰れ方ができたし、いろんな種類の本にも触れる事が出来、持って行って本当に良かったなと感じるものでした。 値段もそこまで高くない物もありますので(僕は1万円しないぐらいで購入しました) 、結構おススメです。

 

最後に…

今回はが海外に持って行って良かったと思う電子機器5つ」を紹介させて頂きました。

仕事を上で絶対に必要なものから、別に無くても生きていけるが、あると便利なものまでありましたが、どうでしたでしょうか?

海外で生活するとなると(特に途上国) 日々色々ストレスがかかります。そのストレスを解消する方法としても電化製品の力が必要な時だってあります。(実際、僕はそうです)
実際、安い買い物ではない事がほとんどですが、生活が始まってからのストレスを少しでも解消できるという事を考えると、購入しても良いのかな。と僕個人的には思い協力隊に参加する前に、ほとんど買い揃えました。日本に帰国してからも使えますしね!

でも、自分の考えや財布と相談しながら、是非良い買い物をしていただければと思います。また今回の記事が、これから海外で生活される予定の皆さんの少しで参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

それでは
YOSHI@


コメント