エチオピアについてお話します-Ethiopia Information-

エチオピア活動日記

こんにちは。YOSHI@です。

今回は、僕が青年海外協力隊として1年間活動していた、東アフリカに位置する”ETHIOPIA”という国についてご紹介できればと思います。

 

1.エチオピアの基本情報

まず初めにエチオピアの基本情報についてご紹介したいと思います。

 

正式な名前は:エチオピア連邦民主共和国

<エチオピアの国旗>

<エチオピアの位置(アフリカ大陸の地図から)>

 

積は:約日本の3倍ほどの大きさです

口は:約1億500万人(ほんとはもっといそうな気がします)でも、アフリカではナイジェリアの次に人口が多い国だと言われています。

語は:公用語は一応、英語らしいのですが、住んでてまともに通じた事が無い(笑) エチオピアにはアムハラ語と呼ばれる言語があり、それを主に使って生活します。そして、このアムハラ語には独自の文字があり…

የኢትዮጵያ←こういうやつ:ちなみにエチオピアと書いてあります)

 

アフリカでは、独自の文字を持っているのはエチオピアのみだと言われていて、その他の国では、アルファベットを使って自分たちの言葉を表しているそうです。

※エチオピアから独立したエリトリアとお隣のソマリアもアムハラ文字を使ってるみたいです。

また、「アフリカ最古の独立国および現存する世界最古の独立国の一つ」らしく、過去にイタリアからの侵略はありましたが、アフリカでは唯一植民地化されなかった国となっています。

 

2.文化が独特過ぎるエチオピア

独自の文字を持っていたり、外国からの植民地化が過去になかったエチオピアですが、そのこともあってか、

文化が他の国と比べて独特過ぎるほど、独特です。。。

 

1:食事が違う

アフリカ圏に行かれたことある方、またはご存知の方は分かると思いますが、アフリカ圏の主食と呼ばれるものは普通、トウモロコシやイモだったり、シマやウガリと呼ばれる食べ物が主流です。 が・・・エチオピアは違います!!

 

エチオピアでの主食は”インジェラ”

エチオピアでは、インジェラと呼ばれるテフと呼ばれる穀物を粉末にし、さらに数日発酵させてクレープ状に焼いたものが主食で、そのインジェラにワットと呼ばれる、カレーのようなソースをつけて食べます。(画像の下に敷いてある茶色いものがインジェラ)

 

インジェラ自体の味は正直「美味しくない」

 

人によると思いますが、僕はインジェラのみの味は「美味しくない」と思います。どんな味かというと、”酸っぱい”です。主食とは思えないほど主張してくる酸味・・・発酵させてることからきていると想定できるあの酸味は日本人は苦手な人が多いかもしれないです。

現にインターネットで検索すると・・・「見た目雑巾、味ゲロ」などとひどい言われよう。

 

ワット(ソース)一緒に食べると「美味しくなる」

インジェラ単体で食べると美味しくないのですが、ワットと呼ばれるソースをつけて食べると美味しくなります。基本的にこのワットは辛い味付けがされていることが多く、この辛みが良い感じにインジェラの酸味を和らげてくれます。

また、ワットには鶏肉・牛肉・野菜と肉・野菜だけ・豆のものなど、結構種類もあるので、エチオピア人的には飽きないそうです。(でも基本的な味付けは一緒なので、僕は飽きます笑)


<いろんな種類のワット(ソース)があります>

 

また、”インジェラ・フルフル”と呼ばれる、インジェラinインジェラ(ワットにインジェラを混ぜたものにされにインジェラで包んで食べる凄い料理)もあったりします。ちなみにエチオピア人は大好き!

<インジェラ・フルフル:凄い見た目ですよね>

 

★特別な時に食べる事が多い:生肉系のものまであったりします!

<THE 生肉の塊:でも美味しいですよ>

 

2:日付・時間が違う

エチオピアに住んでする必ず時間・日付に混乱させられます。どういうことかというと・・・

 

「13月が存在する」

 

エチオピアでは独自の歴が使われていて、僕らが馴染みのある12か月(グレゴリオ暦)のカレンダーでは無いため、13月が存在しています。でも、13月はなんとたった、5日か6日だけ(1年365日は同じで1か月を30日計算している為、余った5日か6日が13月となります)

 

「時間もややこしい」

 

カレンダーだけでも結構ややこしいエチオピア文化。実は時間もややこしいんです。どういうことかというと、通常1日は深夜0時スタートで一日が始まるのですが、エチオピアでは朝6時から1日がスタートする様な時間になっていて、朝6時が0時となります。つまり・・・

朝6時:0時

朝7時:1時

朝8時:2時 の様に通常の時間と6時間の差があります。(ややこしくないですか??)

カレンダーも時間も違うエチオピアでは、待ち合わせなどをする時、必ずどっち(エチオピア基準 or  世界基準)なのか質問する必要があります。

確認しないと、結構大変なことになります(笑)

 

3:宗教も独特

エチオピア基本的にはキリスト教信者の方が多いです。(もちろんイスラムの方もいます)が・・・このキリスト教も独特で、エチオピアにしかないエチオピア正教なるものが存在します。

理由は諸説あるようですが、聖書の中にエチオピアが出てくるようで、しかも重要な場所となっているとかいないとか?(ごめんなさい勉強不足で)そんなこともあり、エチオピアには独自の宗派があるようです。

因みにほかのキリスト教の宗派と違うなと僕が思ったのは、「肉(動物性のもの)を食べてはいけない日があるという事」しかも、結構長い間食べてはいけない時があったりします(2か月とか)なので、その時期になるとエチオピアから肉が消えたり、乳製品が手に入れにくかったりします。関係のない人からすれば迷惑な話。。。笑

 

4:人の感じも違う

他の国とは違う独特な文化を持つエチオピア、人の感じも他のアフリカ圏人たちと比べると違います。

 

「見た目」

 

まず、見た目が結構違います。エチオピア人の肌は黒いのですが、ブラックアフリカンの様な黒さはなく、茶色の様な肌をしています。また、私たちがイメージするアフリカ人の様な筋肉隆々の身長の高いマッチョ的な人もあまりいなく、男性も女子もスラッとしてほんとスタイルのいい人が多いです。

また、顔も凄くきれいな方が多く、アフリカの美男美女の多い国に挙げられるほど、スタイルも良く、顔もいいという方が結構います。

<こんな感じ:この2人はエチオピアエアーのCAさんらしいです>

 

 「シャイな人が多い」

アフリカと言えば、”ヘイ!ブラザー!”な感じで、誰にでも明るく声を掛けてくるイメージがありますが、エチオピア人の殆どが、そんな感じではなく声を掛ける事はなく、ただじーっと見るだけな方が多いです。

なので、エチオピアに初めていったときに、やたら周りの人に見られてるなーとか感じると思います。ただ、友達や同僚など仲のいい関係性になると、土足で心に入り込んでくるようになったりします。(どっちがいいんだろうか?)

 

 「やたらプライドが高い」

エチオピア人はプライドが高い事でも有名です。理由は、過去に植民地化されていないとか、独自の文化を守り続けているとかが大きく関わっていると思うのですが・・・まぁプライドが高い。エチオピアが世界の中心だと言わんばかりの出来事が良くあります。 なので、なかなかアドバイスを聞いてくれなかったり、など彼らの考えなどを変える事に一苦労なんて事もしばしば。。。

 

独自の文化などを守り続けていることは、凄く素敵なのですが、プライドの高さを少し低くしてくれたら・・・と何度も思ったことです。

 

今回は、東アフリカにありますエチオピアについて紹介させて頂きました。

正直、今回の投稿ではエチオピアの全てをお伝えすることはできていません。(良い部分も悪い部分も含め)なので、また少しづつエチオピアの魅力をお伝えできればと思っています。あと、僕が実際エチオピアで起こった数々の面白エピソードなどもお伝えできればと思います。

 

最後までお付きあい頂き、ありがとうございました。

 

ではまた。

YOSHI@

 

 

 

 


コメント

  1. […] […]

  2. […] […]