【カンボジア】短期水泳隊員が企画したイベントに参加してきました!-Swimming event in Phnom Penh[Short time volunteer]

青年海外協力隊の話

こんにちは。YOSHI@です!

 

今回は、今年の3月にプノンペンで行われた”水泳のイベント”についてお話していきたいと思います。

 

1:行われた経緯

 短期ボランティアの存在

そもそもこの水泳のイベントはJICAの短期ボランティアの活動の一貫として行われることになった企画でした。

そもそも短期ボランティアとは?を少しだけ説明したいと思います。

通常JICAのボランティアと言えば、2年の任期があるというイメージを持っている方も多くいらっしゃると思いますが、実は、ボランティアの派遣の種類は色々あって、2年の任期があると共に、1年だったり半年、最短で1か月まであります。

そして今回、カンボジアに短期ボランティアとして派遣されてきた方たちは、1か月のボランティアで、大学を卒業する前の休みを利用しボランティア活動に来てくれました。(長期的には無理!と思っていても短期で活動できるプログラムとかありますので、興味がある方は是非JICAのホームぺージをご確認下さい)

短期の水泳隊員が2人赴任し、その活動の一貫として今回のテーマの”水泳のイベント”を開催することとなり、既存のカンボジア水泳隊員2名(僕を含む)+短期の2人の計4人でアイディアを出し合いました。

<当時、カンボジアに水泳関係者が4人もいる状態に>

 具体的な内容は?

具体的な内容は、プノンペンのチームを3チーム(赤・青・黄色)に分け、泳いだ順位やタイムによって点数があり、最終的にその点数が多かったチームが優勝!という日本の運動会をイメージしたイベントでした。

文章で紹介するよりも、画像を見て頂いた方がいいと思いますので、ここからは写真タイムです!

<赤チーム>

 

<青チーム>

 

<黄色チーム>

 

<会の前には円陣も全員でやりました!>

円陣というものはカンボジアには元々ありませんでした。しかし、OV(OB)の水泳隊員さんが過去に円陣の存在を選手達に教えていたという事と、今回何度か円陣の練習をしてから、イベントが始まる際にチャレンジしてみました。おそらくこんな大人数で円陣をすることは初めてだった彼らですが、どうにか(テイク3までやりました笑)円陣を皆でやることが出来ました。

 

2:行ってみての感想

これまで、チーム戦や点数が加点されるなどのシステムを選手達はおそらくしたことが無かったので、凄く白熱し、盛り上がったイベントとなりました!

そして、小学生から成人している大人の選手までが、一生懸命頑張っている姿や、キラキラした笑顔を僕たちに見せてくれたことが、凄く印象的でカンボジア人の心の温かさをまた一つ感じたイベントとなりました。(僕個人的に)

沢山の選手が自己記録を更新することもできたので、このイベントを企画してほんとよかったです。

また、プノンペンの水泳選手達が一つのチームとしても団結することが出来たのではないかな。と感じています。

<選手の笑顔が沢山見られました>

 

<自己記録更新を目指して頑張りました>

 

<最後の結果発表の様子>

<女子MBP賞>

<男子MBP賞>

 

<ちびっこMBP賞>

 

3:自分の任地でもやってみたい

今回は、時間や予算の都合上、僕の任地であるコンポンチャムから選手達を呼んで、という事は出来ず僕のみお手伝いに行ってきました。

しかし、コンポンチャムの選手にもこの感じを味わってほしいな。と凄く感じました。実際、行うとなるとコンポンチャムの選手のみでになってしまう可能性が高いのですが、是非僕の任期の間で一度は開催したいなと思っています。

<お疲れ様でした>

 

今回の企画は、短期ボランティアの2人の頑張りで、凄く選手達にとっても私たちにとっても刺激となりました。本当に企画してくれてありがとうございました。

そして、参加した選手のみんな。お手伝いをしてくれた現地人のコーチや関係者の方ありがとうございました。

このような企画をまた行って、違った角度からの水泳の楽しさもカンボジアの子供達に広められるよう頑張りたいと思います!!

 

今回は、「水泳のイベント」についてお話させて頂きました。

最後まで、読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

それでは。

YOSHI@

 

 


コメント