カンボジアのお好み焼き?バンチャウ[グルメ情報]

青年海外協力隊の話

こんにちは。YOSHI@です!

 

これまで、エチオピア隊員時代・カンボジア隊員時代の事をお話してきましたが、活動の事はもちろんの事、旅行情報などは皆さんに共有したけど、ご飯(グルメ)情報に関しては共有してこなかったと思いますので、これからご飯(グルメ)情報も皆さんに共有していければと思います。

 

そして、記念すべき第1回目に紹介するご飯情報は・・・

カンボジアのお好み焼き?の バンチャウ” という食べ物です!

正直、このバンチャウはカンボジア料理の中でメジャーな食べ物では無いような気がします。ただ、めっちゃ美味しいんです!日本人の口に絶対合うと僕は思っています。そして、ちょうど昨日の夜食べてきたので紹介していきたいと思います。

 

1:”バンチャウ”とは一体何?

この”バンチャウ” と言われる食べ物ですが、カンボジアのお好み焼き(外国人にはパンケーキと呼ばれています)と呼ばれるだけあって、雰囲気も中身の具材もお好み焼きに近いです。

まず、外側はおそらく何か(着色料かな??)で色付けされた卵焼きの様な、小麦粉を使った生地の様な感じのものです。広島風お好み焼きに近い感じ。

中身は、もやしを始めとする野菜と細かく刻まれた肉(豚肉か鶏肉が多い)がたっぷり入っています。そしてそれを、注文するとついてくるレタスやキュウリ、謎の雑草の様な草で巻いて(生地を野菜で巻く)ほんのり甘いアジアン味のタレにつけて食べます。

1人前を注文すると・・・ 人の顔より全然大きい感じで出てきます。

<こんな感じの大きさ>

大きいんですが、生地が薄くて軽いし、野菜がメインなので意外とぺろりと食べれます。(もはや2枚ぐらいは簡単に食べれます)

単純に食事として食べるのも良し、小腹がすいた時のおやつで食べるのも良し、ビールのお供としても食べるのも良し!というなんにでも対応できるこのバンチャウ。僕は数あるカンボジア料理の中で上位3位以内にくるぐらい好きな食べ物です。

もう一つのセールスポイントとしては、値段が安いという事。

一枚、1ドル以内で食べれることがほとんどで、いつもこのバンチャウ2枚とビール2杯程度頂いても、会計が4ドルするかしないか程度(激安)

なので、協力隊生活には凄く有難い食べ物です。

 

2:”バンチャウ” どこで食べれるの?

このバンチャウですが、どこで食べれるかというと、どこでも食べれるわけでは無いみたいです。僕も、任地のコンポンチャムのレストランでしか食べたことがありません。ただ、時々移動式屋台(カンボジアではよく見かける)で販売しているところを見たことがあったり、観光地などの場所では結構販売されているのではないかな。と思います。今後コンポンチャム以外で見かけたら、場所の情報を更新していこうと思います。

観光でカンボジアで訪れた際には、レストランの人に「バンチャウはあるか?」と聞いてみるのもいいかも知れません。

 

今回は、カンボジアグルメ情報という事で、カンボジアのお好み焼き「バンチャウ」を共有させて頂きました。カンボジアに旅行の際には是非食べて頂きたい食べ物なので、是非探してみてください!

 

それでは。

YOSHI@

 

 

 

 


コメント