Ireland [ワーホリ] 海外生活

【アイルランドワーキングホリデー】アイルランドワーホリ・留学の”住まい事情”についてお話します。

スポンサーリンク

YOSHI@
YOSHI@

こんにちは。YOSHI@です!
この記事は「アイルランド留学・ワーキングホリデー情報をお探しの方」「アイルランドでの住まい情報が気になる方」にぜひ読んで頂きたい記事となっています。

 
 
今回は”アイルランドワーホリの話”という事で、「アイルランドの住まい事情」についてお話します。
 
 
 
【僕の情報】
Twitter(@yoshiswim05
大学(びわこ成蹊スポーツ大学)卒業後 ▷ 教員として勤務 ▷ 青年海外協力隊、アイルランドへワーキングホリデーなど計3年半の海外生活を経験した後、地元沖縄にて水泳のインストラクターとして働きながらブログを運営しています。
 
 
 
ワーキングホリデー制度・留学などで海外に渡航される際に、日本でするべき準備・手配は多くありますが、その中でも「現地での住まい」もその1つであり、多くの方が心配されるポイントの1つでもあるかと思います。
 
実際、アイルランドで1年3か月程度生活していた経験などからアイルランドでの住まい事情をご紹介させて頂きます。アイルランドワーホリ・留学に興味のある方の参考になれば嬉しいです。
 
 
 
-関連記事-
 
 
▼ブログ本文に行く前に、是非☟のボタンをクリックお願いします(ランキングに参加中)△
ブログランキング・にほんブログ村へ  
 
 

アイルランドの住まい事情について

イルランドへワーホリ・留学をされる際によく利用される滞在(住まい)の種類として以下の

 

  • 学生寮
  • ホームステイ
  • アパート(フラットシェア)住まい

 

上記3種類が主な住まいの種類になります。

 

 

またアイルランドの場合だと「ホームステイ ⇒ アパート(フラットシェア)住まい」へ途中で移動をされる方が凄く多いです。(例:ホームステイ3か月+アパート住まい半年など)

 
 
そこで今回は上記3種類の情報を詳しくお話させて頂きたいと思います。
 
 

1:学生寮

生寮=レジデンスと呼ばれる施設

建物の中に各学生の部屋やアパートが集合している形態で、他の学生とキッチンやソーシャル施設を共同使用する施設。レジデンスは基本的に学校から徒歩圏内に位置していることが多く、語学学校・大学などの生活・勉強をしっかり行える環境が整っています。

 

 

【レジデンスのメリット】

レジデンスは「個室」「共同部屋」などを選択できるパターンがほとんど。キッチン・トイレなどは共有で利用することから、各国からやってきた学生さんと交流を楽しみながら生活を行える環境として凄く良い環境にあると言えます。また学校などと提携をしている施設がほとんどためサポート面が充実していることが多いです。

 

 

【レジデンスのデメリット】

部屋が相部屋であったり共有で利用するスペースが多いため、「相部屋の相手との相性」や「1人の時間が欲しい」「プライバシーをしっかり確保したい」という方にとってはストレスを抱える原因にもなりえます。多くの国の方と生活を共にするため文化の違いなどに戸惑う事もあるかもしれません。

 
 
 
費用面に関して:結構高い
レジデンス(学生寮)の施設の宿泊施設は比較的高額であることが多いです(週200ユーロ程度~)。また学生寮であるため学校(語学学校・大学など)に通学されている間だけ滞在が可能である場合がほとんどであるため、学校を卒業後も現地で滞在を予定されている方は別の施設への移動が必要になることがあります。
 
 
 

2:ホームステイ

ームステイ=現地人の家庭に滞在し現地の文化・生活に触れることが出来る
ホームステイ先は通常、市の中心から少し離れた場所位置している。宿泊形態は「シングル」「ルームシェア」などから選択が出来たり、食事なども3食・2食付きなど様々な選択肢から選ぶことが出来ます。
 
 
 
【ホームステイのメリット】
現地の方との生活を行えることが出来るという事が1番大きなメリットです。食事・生活様式など現地のリアルな生活を感じることが出来ます。またホストファミリーとの会話などでリアルな英語などの語学が学べたり、練習にもなります。
 
 
【ホームステイのデメリット】
ホームステイ先のルールに合わせて生活をする必要があるため、ルールや規則が厳しい家庭に滞在することになった場合はストレスに感じることもあります。
またホストファミリーとの相性が合わないという可能性も考えられますのでそういったことに関してはデメリットであると言えます。(アイルランドの家庭の場合:家庭内の問題を抱えている家庭も凄く多いため「実は家族どおしの仲が悪い」などの可能性も考えられます)
 
 
 
費用面に関して:そこまで高くない
1人部屋なのか相部屋なのかでも費用は異なりますが、費用はレジデンスなどに比べると安く済ませることが出来ます(週190ユーロ程度~:1人部屋)
またほとんどのホームステイ先で食事が提供されることから別途で食事代の費用が掛からない部分もある為、費用はそこまで高くないと言えます。(食事は選べない(提供されたものを食べなければならない)部分はもちろんあります)
 
 
 
YOSHI@
YOSHI@

実際、僕もアイルランドに到着し最初の2か月間はホームステイを利用しましたので、その様子をご紹介します!

 
 

【体験談】アイルランドでのホームステイの詳細

ームステイ先の様子・ホストファミリーの詳細:

アイルランド人の家族:お父さん・お母さん(共に5~60代)とその夫婦の娘さんと僕と同じようにアイルランドに留学をしているドイツ人・イタリア人の学生の子2人と共同生活を行っていました。

 

補足:アイルランドでホームステイをする場合、上記のような「アイルランド人家族+留学生数名」と共に生活をする可能性が凄く高いです。僕のホームステイ先では基本的に1人部屋の確保がされていましたが、ホームステイ先によってはルームシェアをしている方も結構いるみたいです。

 

 

 

僕のホームステイ先の様子を以下にご紹介させて頂きます。

 

<綺麗な住宅街の中にホームステイ先があります>

<リビングの様子>

<キッチンの様子>

<僕の部屋>

 

 

以上がホームステイ先の様子です。

 

 

YOSHI@
YOSHI@

家も比較的綺麗で快適に生活が出来たと感じます。

 

 

【体験談】ホームステイ先での食事

のホームステイ先の食事:

朝食+夕食をホストファミリーの方が用意してくれるシステム
※アイルランドのホームステイではこのパターンが多い。時々お昼ご飯(ランチBOX)も用意してくれる凄く親切な家庭もあるようです。

 

 
 
【朝食】
アイルランドでは朝食をガッツリ食べる文化はあまり内容で、「食パンもしくはシリアル+飲み物」といった軽い朝食が提供されました。
 
<朝食の様子>
 
 
 
【夕食】
夕食に関してはちゃんとした食事が提供されました。アイルランドでの主食はジャガイモかパスタの様で、マッシュポテトやパスタが夕食として多く提供されました。
 
各家庭によって料理の味付けなどが違うため、口にあうあわないなどの好みの問題がありますが、僕のホームステイ先の方は料理好きという事もあり、手の込んだ料理がたびたび登場しました。(デザート付き)
 
 
<ジャガイモが主食>
 
<クスクスと呼ばれる最小のパスタ>
 
 
補足:アイルランドの家庭では冷凍食品やレトルト食品をよく食べる傾向がある為、ホームステイ先によってはレトルト食品ばかりが提供される場所もあるようです。
 
 

【体験談】ホームステイ先でのルール

のホームステイ先のルール:厳しいルールは無かった。

 

  • ご飯の時間:朝食6時30分~9時30分と夕食が6時~8時まで
  • 洗濯:週に一度(ホームステイ先のお母さんがしてくれる)
  • シャワー:1日一回、朝6時30~夜11時までの間に入る事

 

 

以上がルールで門限などもありませんでした。
(比較的ルールの少ない家庭で生活していたかもしれません)

 

 

時々「門限が凄く早い家庭」や「お風呂などのルールが厳しい」家庭なども存在するようですが、概ねのホームステイ先が上記に記載したルール程度の家庭がほとんどであるようです。

 

【体験談】ホームステイ中に困ったことなど

の個人的な感想:こんなものかな?という印象
「これは人によってはストレスになるかもな」と感じたこともいくつかありましたので、ご紹介させて頂きます。

 

△留学生との関係性

ームステイ先に必ず1人程度いるであろう、他の留学生との関係性づくりは凄く重要なポイントであり「国・文化が違えば色々な人がいる」という事を理解する必要があります。

 
 
日本の文化・日本人の性格上「大人しい・我慢をする性格」の方が多い印象を持ちますが、多くの国からの留学生の方は基本的に自分の思うがままに生活をしていたり、自己主張をしっかりする方がほとんどです(もちろん人によります)。
 
場合によってはそれがストレスの原因になる可能性は容易に考えられました。
 
 
 
△自分の時間で動けない

ームステイは共同生活であるため、自分の時間で動けない事も多く発生します。

 
 
【例えば】:トイレやお風呂の利用も誰かが利用していたら待つ必要がある。
※アイルランドのお風呂はお湯が使える量が決まっている(湯沸かし式?)ため、1度お湯を使ってしまうとお湯を再度沸くまで温水シャワーが使えないため、前にシャワーを利用した方がお湯を全て使い切ってしまい、僕は冷水でシャワーを浴びることになったことが何度もありました。(アイルランドの平均気温15度程度)
 
 
 
YOSHI@
YOSHI@

青年海外協力隊の経験がある僕にとって、冷水シャワー程度ではストレスに感じることはありませんでしたが人によっては凄いストレスを感じるものだと思います。

 

 

【体験談】ホームステイをしての感想

ームステイの感想:色々国籍の人と生活するっていい経験

アイルランド人の家族との共同生活がホームステイでは行えるため、アイルランドの生活で「困ったこと」や「良い観光地やお勧めのレストランなど」も僕は教えてもらう事が出来ました。そういった部分はホームステイならではの特典だと僕個人は感じています。

 
 
短期(3カ月以内)で留学される方が現地でアパート(シェアハウス)等を見つけるのは結構大変だと思いますし、生活を整える(物など)ことを考えれば、短期留学の方はホームステイの方が僕はオススメ(アイルランドの場合)だと思います。
 
 
以上がホームステイに関する情報でした。
 
 

3:アパート(フラットシェア)

パート(フラットシェア)= アパートや一軒家を借りて複数人で住む滞在方法

アイルランドで生活するおおよその留学生の方はこのアパート(フラットシェア)で生活を行っている方がほとんどです。ただ通う学校などを通さず家を見つける必要がある場合がほとんどなため、家探しをしなければならなかったりと自分で手間暇をかける必要がある。

 

 

【アパート(フラットシェアのメリット】

色々な国籍の方と共に生活を行うため、新しい発見や価値観が広がることは間違いないと思います。またハウスメイトと共にホームパーティーなどを行ったりする機会も多いため交友関係が広げることも簡単です。

 

 

【アパート(フラットシェア)のデメリット】

  • アイルランドの場合、デポジットと呼ばれる保証金の様なもの(家を退去する際に返却される)を支払う必要がありまとまったお金(家賃1か月分など)が初期費用として家賃と別途で必要になることがある。
    ※デポジットを返却に関して退去の際に大家さん(管理人)とトラブルになるケースも少なく無いようです。

  • 光熱費や共益費的なものが別途で発生したり、何かトラブルが発生した際(水道・ガスなど)の修理をしてもらう業者への連絡・費用面などに関しても大家さん(管理人)などと連絡を取る必要がある為、ある程度のコミュニケーション能力も必要になってきます。

  • アイルランドの場合家探しに苦戦する可能性がものすごく高い。(家の数が少ないため理想通りの家に住める確率は凄く低いです。)

 

 

 

費用面に関して:1番費用を抑えることが出来る

生活する場所・家の状況にもよりますがアイルランドで長期で滞在する場合、1番費用面を抑えて生活をすることが可能である方法です。(月400ユーロ程度~(ダブリンの場合))

※シェアルームに滞在するのか?シングルルームに滞在するのか?などでも費用面は大きく異なるのはもちろん、自身で食事の用意などを行うため食費なども人によって大きく異なってきます。

 

 


<ハウスメイトたちとの交流>

 

 

「全てはご縁」ではありますが、沢山の国籍の方とワイワイしながら生活する日々は日本ではなかなか味わえない経験であり、ワーホリ・留学しているからこそ経験できたことだと僕は感じています。(僕は幸運なことに家族の様に感じることが出来るハウスメイトに恵まれ毎日楽しく生活ができました)

 

 

自分に合った滞在先・方法を選ぶことが現地生活を充実させるカギ

回は「アイルランドの住まい事情」についてお話しさせて頂きました。

 

 

YOSHI@
YOSHI@

いかがだったでしょうか?

 

 

アイルランドでの生活だけではありませんが、衣食住と呼ばれるほど滞在先というものは重要な要素であり、「自分のスタイルに合った場所・形態をしっかり選択することが現地での生活を充実させる大きなカギ」であるとも言えます。

 

費用面を始め多くの要素が住まい選びには重要になってきますので、多くの情報を得ながら・また比較を行いながら留学の手配・計画を立てて、充実した現地生活が行えることを願っています。

 

 

 

英語圏の8カ国を中心に一人ひとりにあった留学先を見つけることの出来るSchool Withでは
 
✔ 日本最大級の口コミ数
✔ お申込みまですべてオンラインで完結
✔ 診断機能で自分にあった留学先の発見
✔ 代理店手数料が無料

での留学サポートを行っています。
 
【無料で留学相談】が可能ですので、ご希望に合った留学先を見つけるためぜひご活用ください。

 

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
この記事が『面白かったな』『役に立ったな』と思った方は是非SNSでのシェアお願いします。

 

それでは
YOSHI@

スポンサーリンク

-Ireland [ワーホリ], 海外生活

© 2021 EVERY DAY IS A NEW DAY Powered by AFFINGER5